アゲシポリス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アゲシポリス2世(希:Ἀγησίπολις Β'、ラテン文字転記:Agesipolis II、? - 紀元前369年、在位:紀元前371年 - 紀元前369年)はアギス朝のスパルタ王である。

アゲシポリス2世は先代の王クレオンブロトス1世の子であり、父王のレウクトラの戦いでの死により即位した。アゲシポリスの治世は大変短いものであり、取り立てて何か功業を挙げたわけでもなかった[1]。対し、王位を継いだ弟のクレオメネス2世の治世は兄とは対照的に非常に長いもの(60年間)であった[2]

[編集]

  1. ^ パウサニアス, III, 6, 2
  2. ^ ディオドロス, XV. 60

参考文献[編集]


先代:
クレオンブロトス1世
スパルタ王(アギス朝)
紀元前371年 - 紀元前369年
次代:
クレオメネス2世