アサデンコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
アサデンコウ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1964年2月29日
死没 1988年
シーフユリユー
ニユーベツシー
母の父 トシシロ
生国 日本の旗 日本千葉県成田市
生産 千葉新田牧場
馬主 手塚栄一
調教師 藤本冨良東京
競走成績
生涯成績 9戦6勝
獲得賞金 2426万8600円
テンプレートを表示

アサデンコウとは日本競走馬である。第34回東京優駿(日本ダービー)優勝馬。同期にはリュウズキ皐月賞有馬記念)・ニットエイト菊花賞天皇賞(秋))がいる(ちなみに、両者ともに矢倉玉男厩舎所属)。

目次

戦績

馬齢は旧表記とする。

1966年12月11日にデビューしたアサデンコウであったが、3歳時は2戦未勝利に終わった。 だが年が明けて4歳になると本格化し、5連勝で1967年4月30日開催の皐月賞[1]に挑んだ。 連勝中に弥生賞等を勝っており1番人気に推されたが、スタートの出遅れ[2]と厩務員ストが原因の体調不良[3]で7着に敗退した。

前走着外の影響もあり5番人気となったものの、人馬共に無事出走[4]となった中1週での東京優駿は、スタート2ハロン目がハロンタイム10秒フラット[5]となる乱ペースの中、直線で同厩舎のヤマニンカップと共に抜け出し、骨折しながらも後続を振り切り1着でゴールした[6]。 レース前まで好天であったが、直前に大粒の雨が降り始めが鳴り響いた為、『電光(デンコウ)』を味方につけた勝利と言われた。 また、後に鉄人と呼ばれる程の名騎手となる増沢末夫にとっては、騎手生活10年目で初めての重賞制覇でもあった。

しかし、アサデンコウは骨折のため表彰式に参加出来ず[7]、関係者のみが参加した肝心の馬がいない記念写真が今に残っている。

その後アサデンコウは長期の休養に入ったが、結局この骨折が元で再起できずに引退した。

引退後

引退後は一旦JRAが買い上げたが、手塚が買い戻し、1975年馬種改良のためマレーシア[8]に寄贈された。 その後1988年に死亡するまで国立ペナン牧場で種牡馬として供用されていた[9]

年度別競走成績

  • 1966年(2戦0勝)
  • 1967年(7戦6勝)
    • 1着 - 東京優駿、弥生賞

血統表

アサデンコウ血統 プリンスローズ系Swynford5×5=6.25%)

*シーフュリュー
Si Furieux
1957 青毛
Sicambre
1948 黒鹿毛
Prince Bio Prince Rose
Biologie
Sif Rialto
Suavita
Hell's Fury
1949
Dante Nearco
Rosy Legend
Sister Sarah Abbots Trace
Sarita

ニユーベツシー
1949 栗毛
トシシロ
1940 栗毛
*ダイオライト
Diolite
Diophon
Needle Rock
月城 Campfire
*星旗
プリユー
1944 栗毛
*プリメロ
Primero
Blandford
Athasi
ユーターピーノ一 *レイモンド
ユーターピー F-No.4-m

脚注

  1. ^ この年は厩務員スト長期化の為に、NHK杯桜花賞と同日開催となった。
  2. ^ このレースが乗り替わり初戦であった増沢末夫は、後に自身の著書『鉄人ジョッキーと呼ばれて』で、「出遅れは私のミスで、次走の乗り替えも意識した。」と語っている。
  3. ^ 尤も、アサデンコウだけで無く大半の出走馬は体重大幅減での出走だった。
  4. ^ 皐月賞敗退の責任は取らされず、鞍上は増沢末夫のまま出走となった。
  5. ^ 新潟競馬場に直線コースが出来るまで抜かれなかった程の早いタイムである。
  6. ^ この激走劇を称え、『名馬アサデンコウの歌』(作詞 中山正男 / 作曲 遠藤実)が作られた。
  7. ^ 馬運車で退場した日本ダービー優勝馬はアサデンコウだけである。
  8. ^ タイ王国に寄贈されたとの説もあるが、どちらにしても政情不安定な東南アジア国家故に、詳細が不明な所が多々ある。
  9. ^ 『鉄人ジョッキーと呼ばれて』・『日本の名馬・名勝負物語』による。


今日は何の日(7月21日

もっと見る