アサヒドーカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社アサヒドーカメラ
AsahidoCamera Co., Ltd.
Asahido Camera (2017-09-30).jpg
アサヒドーカメラ(2017年9月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-0008
愛知県名古屋市中区三丁目28番36号
北緯35度9分51.2秒 東経136度54分21.7秒 / 北緯35.164222度 東経136.906028度 / 35.164222; 136.906028座標: 北緯35度9分51.2秒 東経136度54分21.7秒 / 北緯35.164222度 東経136.906028度 / 35.164222; 136.906028
設立 1987年1月
業種 小売業
法人番号 5180001039065
事業内容 カメラ販売
音楽スタジオの運営 等
代表者 代表取締役社長 後藤寿美
資本金 1,000万円
従業員数 12名
外部リンク http://www.asahidocamera.com/ (日本語)
特記事項:2018年7月20日に閉店
テンプレートを表示
2004年12月当時のアサヒドーカメラ名古屋本店

株式会社アサヒドーカメラは、愛知県名古屋市中区にあったカメラ量販店。

かつてはカメラの他、ビデオカメラパソコン携帯電話オーディオ機器時計なども取り扱っていたが、リニューアル(後述)により店舗規模を縮小し、クラシックカメラ主体の店舗となった。

沿革[編集]

1954年名古屋駅前(名古屋市中村区)で創業。学校・企業・役所を販売先としていた。

1968年中区矢場町へ移転すると同時に現金仕入れと現金販売の低価格路線に転換するが、現金販売は従来の顧客である学校や企業から敬遠されて売り上げは減少していった。営業マンも営業車両もなくした守りの経営の中、1985年プラザ合意による円高時代を迎え、この円高を活かして逆輸入した高級一眼レフカメラを格安で販売する商法が大当たりして売り上げは急増。さらに新聞広告と連動したユニークな内容のテレビCMの放送を行う事で知名度を上げていった[1]

1987年1月に法人改組。カメラに加えて、ビデオカメラやワープロも取り扱うようになり、13坪という狭い店舗ながら、店員1人あたり・単位面積あたりの売上高日本一の店舗となる[1]

1999年11月11日に中区三丁目へ移転。オープンは11に因んで「平成11年11月11日11時」となった。壁面がすべて黄色に塗られた現在の店舗は周囲に異彩を放っていた。

通常、メーカー品の保証期間は1年が大半であるが、自社独自で「3年保険」→「5年保険」といったサービスも提供していた。

ライバルのウォッチマントップカメラ(特にウォッチマンは全国展開、トップカメラも京都市静岡市に1店舗ずつ有していた)が県外に進出していた時期があったが、アサヒドーカメラは県外への進出は行わなかった。名古屋本店の他にナディア南店(中区栄3-28-15)と岡崎店(岡崎市本町通2-10)の3店舗を展開した時期もあったが、ナディア南店は「名古屋本店カラープリント館」にリニューアルしたのち本店本館に吸収、岡崎店も2007年7月31日に閉店した。

2010年4月3日に店舗を縮小しクラシックカメラを主体に扱う業態へリニューアルオープン。同28日には同じビル内に音楽スタジオ「スタジオアサヒドー」をオープン、壁面も色とりどりのスタイルに変わった。その後、旧売場であった1階が「G-STAR RAW」というブランドショップとなり、2階のみ売場が設けられていた。

2018年7月20日をもってアサヒドーカメラとスタジオアサヒドーが閉店。

2018年11月30日に登記上の所在地が「愛知県名古屋市中区栄1丁目6番15号御園座タワー705号」に変更され、12月5日に「三重県四日市市久保田1丁目6番8号」に変更される[2]

CM[編集]

店員は無愛想だがカメラは安い」などの強烈なキャッチコピーで知られる自社のテレビCMは、美宝堂のCMと共に中京圏を代表するローカルCMとして広く知られた。逆輸入路線で利益を急増させた際、どうせ税金を支払うならとテレビCMを始めた[1]。「矢場町・パルコ西(移転前は「矢場町・パルコ前」) アサヒドーカメラ」と大々的に宣伝されている。

CMの放送エリアは東海三県に限られているが、当時は無名だった柴田理恵久本雅美の2人を起用したバージョンや、政治家の浜田幸一を起用したバージョンは、全国ネットのワイドショーや雑誌などで取り上げられた事もある。

若い女性がマンションかホテルの一室と思しき場所で「パパ」にアサヒドーカメラの販売品を買ってとねだる一連のシリーズ作CM「ミカとパパの物語」は、愛知県下のある8人からなるフェミニスト団体から、男性にこびて買ってもらうのが女性という女性差別で不快だと抗議を受け、会社の幹部が彼女たちから直々に即時放送中止の抗議文を手渡されたという逸話もある[3]

2000年代までは名古屋を席捲する勢いの販売店だった事もあって新作CMが続々と作られていたものの、2010年代に入ってからは特に目立った新作は作られていない。放送頻度も極端に減少しており、特定の番組の放送時間中に見られるのみである。

キャッチコピーの一例[編集]

カメラはどえりゃ〜安いでよ
柴田理恵と久本雅美が出演。柴田と久本が出演するバージョンは、このコピーを用いたバージョンも含めて3種類が存在する。
ニシニヨイパパ、パパパヤ〜
アサヒドーカメラ本店の電話番号を視聴者に覚え込ませるために考案されたコピー。
イ〜カナイ〜カン、イカナイカン、イカナイカナイカン
中京地方方言の「行かないかん」に掛けたフレーズで、2匹のイカがこれを連呼する。
今金中夕(こんきんちゅうゆう)
曜日の日新聞刊に広告を出すという旨の告知。
今土中朝(こんどちゅうちょう)
曜日の日新聞刊に広告を出すという旨の告知。
アンポンターン、安本丹
さに気の心こめるの意。

CD[編集]

テレビCMで使われた歌をCD化したもの。歌っているSABA'S(サバッツ)はAYAとKAYOKOの2人組で、これがデビュー曲となっている。発売元はアサヒドーカメラで777円(品番:VXD-95548)。つボイノリオが曲中にセリフを入れている。

  • 収録曲
  1. イカなIKAN!'96(歌入り)
    歌 - SABA’S(AYA,KAYOKO puls OHISA)/作詞 - KAYOKO.H/作曲・編曲 - 小野文栄/ギター - YASUI.Y
  2. イカなIKAN'96(メロオケ+コメント)
  3. イカなIKAN'96(オケのみ)

その他[編集]

社長の後藤寿美は@FMの番組『大人の栄ミナミde猫まねき』(2010年10月~2013年9月放送)でパーソナリティもつとめていた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 岩田憲明 1995, pp. 162-163.
  2. ^ 法人番号公表サイト”. 2019年6月1日閲覧。
  3. ^ “アサヒドーCM パパ買ってに抗議”. 中日新聞: p. 30. (1993年3月15日) 
  4. ^ FM AICHI公式ブログ Archived 2013年10月26日, at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

  • 岩田憲明『名古屋の元気な会社101社 名古屋の先進中小企業に学ぶ経営ノウハウ』明日香出版、1995年。ISBN 4870308061。