アザミ嬢のララバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アザミ嬢のララバイ
中島みゆきシングル
初出アルバム『私の声が聞こえますか
B面 さよならさよなら
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル キャニオン・レコード
AARD-VARK
作詞・作曲 中島みゆき
プロデュース YAMAHA Music Foundation
チャート最高順位
中島みゆき シングル 年表
アザミ嬢の
ララバイ

(1975年)
時代
1975年
収録アルバム私の声が聞こえますか
海よ
(5)
アザミ嬢のララバイ
(アルバム・バージョン)
(6)
踊り明かそう
(7)
テンプレートを表示

アザミ嬢のララバイ」(アザミじょうのララバイ)は、中島みゆきデビューシングル1975年9月25日キャニオン・レコードよりリリースレーベルAARD-VARK)。規格品番:AV-69。

解説[編集]

34拍子のワルツである[注釈 1]

本作発表・発売前の1972年に「フォーク音楽祭全国大会」に出場、「あたし時々おもうの」で入賞しており、この時の音源は大会実況版としてLP化、発売されている[注釈 2]。そのような経緯もありレコード・デビューとプロ・デビューは年月が異なるが、本格的なデビューとしては本作から起算されている。

オリジナル7インチシングル盤の歌詞カードには中島のプロフィールと、本作を制作した時の心境(「ララバイ」について一言)、及び「アザミ」についての一言が記載されている。

発売前に父親が病に倒れてしまったために中島みゆき本人は宣伝活動ができなかった[要出典]

1stアルバム『私の声が聞こえますか』にはアレンジ違いのアルバムバージョンが収録された。

1978年に「わかれうた」がヒットした際、『夜のヒットスタジオ』に出演。本作と「わかれうた」を披露した。

編曲家として活動している、船山基紀のデビュー作である[2]

今作のリリースから31年後の2006年に発表されたアルバム『ララバイSINGER』収録曲の「ララバイSINGER」は、この曲のサビを使っている。

2010年に毎日放送で放映された深夜テレビドラマ『アザミ嬢のララバイ』のテーマ曲に採用された[3]

収録曲[編集]

  1. アザミ嬢のララバイ(3分40秒)
  2. さよならさよなら(2分40秒)
    • 作詞・作曲:中島みゆき 編曲:船山基紀

カバー[編集]

その他[編集]

  • テレビドラマ『探偵物語』第6話「失踪者の影」で、挿入歌として使用されている。
  • テレビドラマ『あぶない刑事』第9話「迎撃」で、脱走犯に追い詰められた松村優子(木の実ナナ)がこの曲を口ずさんでいる。
  • テレビドラマ『やすらぎの郷』第76話と第78話で、榊原アザミに関するシーンでシングル版が使用されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 68拍子である可能性も高いが、2016年現在市販されている中島の楽譜集では34拍子での記載が殆どである。
  2. ^ このLP音源はCD化されておらず、当時売れなかったこともあり非常に貴重で、オークションでは高価な価格で取引されている。

出典[編集]

関連項目[編集]