アシガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アシガール
ジャンル ラブコメディ
漫画
作者 森本梢子
出版社 集英社
掲載誌 Cocohana
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2012年1月号 - 連載中
発表期間 2011年11月28日 - 連載中
巻数 既刊11巻(2018年8月24日現在)
小説:小説 アシガール
著者 せひらあやみ
出版社 集英社
レーベル オレンジ文庫
発売日 2017年9月20日
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

アシガール』は、森本梢子による日本少女漫画戦国時代を舞台にしたラブコメディ。『Cocohana』(集英社)にて2012年1月号より連載。単行本は既刊11巻(2018年8月24日現在)。

NHK総合テレビの「土曜時代ドラマ」枠でテレビドラマ化され、2017年9月23日から12月16日まで放送された[1]。その続編となるスペシャルドラマが、2018年12月24日に放送予定。

あらすじ[編集]

1巻
足は速いが授業にも部活にもやる気を出せない女子高生「速川唯」が、天才的発明才能を持つ弟・の実験室でうっかり懐剣(タイムマシン起動スイッチ)を抜いたところ、敗走中の足軽隊に紛れ込んでしまう。時は永禄2年「戦国時代」であった。そこで偶然名乗った孫兵衛のせがれ「唯之助」として、孫兵衛の女房の吉乃(おふくろ様)の世話になり百姓の手伝いをしながら過ごすが、途中で出会い一目ぼれした若君様・羽木九八郎忠清にもう一度会おうと黒羽城へ赴く。しかし門前払いを受け、帰り道で満月を見たとき、満月の日に元の世界に戻れることを思い出し、若君とニアミスをしつつ、現代に無事帰還。戦国では1か月過ごすがたった3分しか経ってはいなかった。木村先生から、唯が行った永禄2年に、黒羽城城主羽木家は宿敵・高山との戦に敗れ滅亡、若君も死亡することを聞き、唯は次の満月で「若君を助けるために」戦国に戻る。そこでは、高山から小垣城を奪還するための戦いが始まろうとしていた。
2巻
唯は天野信茂に頼み込み小荷駄隊として従軍したが戦の過酷な様を見て気絶し、羽木軍大勝利で沸き返る中無力さをかみしめる。その夜、鐘ヶ江ふきが若君の閨の相手に差し出されることをあやめから聞き、ふきと入れ替わりふくと名乗り若君と会うことに成功する。戦で命を落とした者や落ちゆく相手方の兵を思い気持ちが沈んでいた若君にとって「人はあんな風に殺しあっちゃイカンですよ」と言い切るふくは気になる存在であったが、同衾を怖がっているふく(唯)には手を出さず「腹が決まったら参れ」と言い残す。唯は戦の際に若君の傍近くで守るために、天野で雇ってもらえるよう再度信茂に頼み、悪丸との駆け比べに勝ち天野小平太の元で召し抱えられることになる。一方、人違いとは知らず黒羽城にふきが到着する。そして高山は野上衆と手を組み、小垣城を再び奪わんと3千対1千の、圧倒的に羽木が不利な戦が始まろうとしており、唯は尊に助けを求めるべく現代に戻っていった。
3巻
現代で1か月過ごす間に木村先生から戦略の指南を受け、尊の不眠不休で製作された秘密兵器を携えて、唯は消えた3分後の永禄2年に戻る。若君は単騎で敵陣中央を突こうとし、唯は若君の騎馬の轡(くつわ)を取り、「でんでん丸」を手に共に敵陣を駆け抜け、「まぼ兵くん」の兵を本物と勘違いした高山軍は敗走する。その功で唯は若君の御馬番となるが、馬を扱うことができず実質は馬糞運搬係であった。若君はふくによく似た唯之助を怪しんでいたが、遠乗りの際胸があることに気づき、紅梅餅を食べさせようと呼んだ時の振る舞いで、唯之助がふくであることを確信。「まだ腹は決まらぬか」と優しく微笑む。恥ずかしさから藁の中に隠れた唯は、如古坊と坂口信広の会話を漏れ聞き、和議の行われる吉田城で何か起こると察知する。和議に向かった若君は羽木成之の手の者により心臓付近を射抜かれ瀕死状態となり、唯の機転で若君は現代へと消える。(雑誌掲載時より一部加筆あり)
4巻
尊は、唯の代わりに現れた若君のために救急車を呼び、両親に唯が1か月戻らないことを告げる。若君は病院や車等に心底驚きつつも騒がずそれを受け入れるが、黒羽城跡を訪れ初めて450年後であることを実感し羽木が滅ぶことを知る。その時助けになったのは唯の変顔写真と、尊の言葉だった。若君は再手術のため次の満月の時に永禄2年(3分後)へ帰ることができず、永禄では成之の謀により、若君かどわかしの嫌疑が掛けられた唯は、逃亡生活を送っていた。その後天野家に匿われるも、吉乃が捕まったことにより城に出頭する。一方若君は順調に回復し、タイムマシンの燃料切れで若君が使った後は1回しか使えないことを聞き、「唯を必ず返す」と父母に約束し戦国に戻る。若君は牢で体調を壊した唯を抱きしめ、天野家で養生させ、タイムマシンはあと2度使えると唯に嘘を告げる。(雑誌掲載時と一部変更あり)
5巻
若君の警固番役に取り立てられた唯は、小平太の厳しい稽古を逃げ出し若君の元へ行くが、若君がその夜ふきのところに渡ることを知り落ち込む。次の日の夜、遠乗りの約束を反故にされた若君は心配して天野家に忍んでいき、唯が嫉妬していることを知る。永禄2年11月、高山が戦準備をしていることがわかり、羽木の先陣は成之が務めることになる。成之が高山と内通していることを知る唯はそれを若君に伝えようとするが、如古坊に連れ去られ媚薬を飲まされる。そして成之と見つめあっている所を探しにきた若君が目撃し、若君もまた嫉妬することを自覚する。満月の夜、唯は若君の頼みで女姿となり、若君は唯を手許に置いておきたい心と葛藤しながら、「お前のことは生涯忘れぬ」と送り出す。戦国に戻れぬことを知った唯は嘆き悲しむが、木村先生から羽木家が永禄2年に滅んでなかったことを示す、若君と松丸阿湖との縁組を進める文書が発見されたと聞く。(雑誌掲載時と一部変更あり)
6巻
姉が悲しむ姿に心痛めた尊は無茶をして燃料を作り、戦国との行き来が一往復のみ可能となる。5か月振りに戦国に戻った唯は、黒羽城へ向かう阿湖姫の一行をそうとは知らず助ける。吉乃から、若君の活躍で高山との戦いに勝ったことを知らされ、「若君が羽木家領民のために承知した婚礼を邪魔してはならぬ」と諭された唯は、梅谷村に引き籠ろうするが、途中偶然にも若君と会い二人は抱きしめ合う。若君に出会ったら2度と戻らないと決めていた唯は懐剣を投げ捨て、若君もまた「お前がこれほどの覚悟で戻ったからには他の者を娶ろうとは思わぬ」と告げる。婚礼が日延べになり気落ちしている阿湖姫は気の合う唯之助と城下に忍んでいくが、そこで高山の手の者に襲われ、阿湖姫と着物を取り換えた唯が身代わりにさらわれる。そして、高山宗熊と阿湖姫との縁組の承諾を求める手紙が松丸家に届いたことを知った若君は、高山の城に松丸義次を名乗って潜入することを決意する。
7巻
若君は、尊の発明した道具を持った悪丸だけを伴い長沢城に入るが、阿湖姫(唯)と宗熊との婚儀がすぐ行われることを知り「けむり玉」で唯の奪還を急ぎ、牛背山に入り道に迷う。一方黒羽城では若君が高山領へ行ったことで騒ぎになり、羽木忠高の命を受けた小平太と成之とが国境の小垣城に向かい、長沢城に来たのが忠清だと知った高山宗鶴も激怒して山狩りを命ずる。山奥の荒れ寺で一息ついた唯は、星空の下、「こちらへ参れ」と誘う若君に腹を決めたことを告げ、初めてのキスを交わす。しかし追っ手が迫ることを察知した和尚と奇念を伴い、一行は急遽出立する。高台から、両軍が川で睨みあい羽木軍形勢不利と見た若君は、自身が高山に投降することで戦を回避しようとするが、唯は反対し「でんでん丸」で若君を失神させ、羽木軍目指して駆けだし撃たれながらも高山に伏兵がいることを伝え倒れる。そして唯之介は忠清の大事な女子(おなご)であることが成之から一部の家臣に伝えられる。
8巻
無事羽木軍に合流した若君は、自分の浅慮で始まった戦の陣頭指揮を執り、川を挟んで対峙する高山軍の攻撃を次々と防ぎ、数百の舟で高山軍が川を渡ろうとしたときも「まぼ兵くん」を使い窮地を脱する。一方唯は熱が下がらぬまま小垣城から黒羽城奥御殿へと運ばれ、若君の寵姫として似つかわしくない風貌、立ち居振る舞いに困惑する藤尾や侍女たちからいじめを受けることになる。戦は双方とも援軍を繰り出し膠着状態となっていたが、強硬派の宗鶴が倒れたことから、宗熊と忠清(若君)の間で和議が交わされた。その後若君はすぐ黒羽城へ唯に会いに戻り、若君と共に乱世で生きることに微塵の迷いもないことを聞くと「唯、この忠清の妻になれ」と告げ、今度は長いキスを交わす。忠高は驚き反対するが、お方様の説得もあり承諾する。若君の許嫁となった唯は若君の命を守りぬくことが一番の目的だったことを思い出し、戦のときは共に行くとの決意を若君に述べる。
9巻
松丸に帰ろうとする阿湖姫に成之が求婚、野上衆も忠清(若君)と和睦、無事四家の同盟が成立し、後に天下を平定する織田家に対する備えも盤石かに思われ、また唯の結婚準備も着々と進み婚儀まであと5日となった。しかしその夜、「織田家家臣・相賀一成と父宗鶴の間で密約が交わされ和議を破ることになった」との詫び状が宗熊より届き、若君は策を講ずべく小垣に向かう。それを知った唯も追いかけるが「人は家名や城のために死んではならぬ。皆の命を守ることができれば負けたと思わぬ」との存命を明かして皆を止めてほしいと頼まれ、黒羽に残る。高山・織田合わせて4万・鉄砲3千500丁の大軍が小垣城を抜けて、羽木領内を着々と進む中、軍議が開かれ、各々が戦を主張し、さらには高山から「すみやかに開城し忠清を引き渡せば家臣領民に危害を加えない」と到底のめない書状も届く。そんな中、唯の元に捨てたはずの懐剣(起動スイッチ)が若君から届けられた。
10巻
忠高は、千原元次の死を悲しむ唯と助力を申し出た野上元継の意見に従い、羽木家総勢即刻退去と野上の里へ逃れることを決める。唯は野上衆の道案内で小垣城にいる若君の元に急ぐが、途中、小垣城が落ち満月より1日早い明朝に明け渡しされることを知る。小垣攻めの名目上の大将・宗熊に出会った唯は、開城期限を1日延期して欲しいと頼み、小垣城内に入り若君と再会する。苦しいほど抱きしめられた後、1日だけでもお嫁さんにしてほしいと頼み、木村政秀夫妻の立会いの元で婚礼を上げる。満月の夜に目が覚めた唯は若君を現代に逃がそうとするが、「お前をここで死なせるようなことあらばこの忠清が生涯悔いのみが残るものとわからぬか!」との言葉を聞き、尊に一縷の望みを託し現代に帰ることを決める。
  • 番外編其の一 - 若君13歳の初陣の話。
  • 番外編其の二 - 治療で現代に来た時の洋服姿の若君と小姓「尊」の話。

尊の発明道具[編集]

あらすじを理解するために必要な道具の解説

タイムマシン起動スイッチ
懐剣の形をしている。初代起動スイッチにはニコちゃんマークで、満月の夜に片道のみ・1回に1人のみ移動可能。新起動スイッチはキリリ眉毛マークで、満月の夜に往復可能・1回で2人の移動可能。
秘剣でんでん丸
日本刀の形をしたスタンガン。触れたものの他、方向キーで操作して離れた敵にも電流を飛ばすことができる。途中で飛距離が伸びる改良が加えられた。
幻の軍隊製造機「まぼ兵くん」
空中に国立競技場のサッカーサポーターの姿が映し出され、声援が轟く。
金のけむり玉
3センチ位の玉をカチッと音がするまで押して投げると、1センチ先も見えないほどのけむりで、100メートル四方を1時間真っ白にする。その中は専用ゴーグルをつけた人しか見えない。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

速川 唯(はやかわ ゆい) / 唯之助 / ふく / 林勝馬
本作の主人公で当初は16歳。遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で、恋愛やオシャレにもまったく関心がなく、現場のおっさん弁当を食べる女子高生。足はすこぶる速い(高校総体100M走大会新)。あまりの速さに戦国時代では「妖怪」とも言われる。弟の尊が作ったタイムマシンで戦国時代にタイムスリップし、そこで出会った羽木九八郎忠清(若君)様に一目ぼれしてしまい、現代日本とはかけ離れた過酷な状況をものともせず、戦国時代へ忠清を守るために向かう。
羽木九八郎 忠清(はぎ くはちろう ただきよ) / 若君
黒羽城城主の羽木忠高の嫡男で当初は18歳直前。容姿端麗・眉目秀麗(現代語では超イケメン)で「あまりの麗しさに神仏も愛でられ現し身のまま天に…」と家臣に言わしめるほど。常に冷静さを保ちまた周囲を励まそうと笑顔を忘れず、好きな女子(おなご)であっても腹が決まるまで優しく待つという、性格は顔よりも、もっと男前。武芸にも戦術にも秀でた武将でもある。「ふく」と名乗った唯と会話をして以来、唯一筋。物語的にはお姫様ポジションともなり、マンガ上のモノローグは極端に少ない。

羽木領内[編集]

羽木家(戦国大名・黒羽城城主)[編集]

羽木 成之(はぎ なりゆき)
忠清の異母兄だが、母親の身分が低いため跡取りとされず寺で育てられる。心の歪みを抱えており、忠清暗殺を試みたこともある。唯之助が女性であることも、忠清が唯を好いていることも即座に見破った。
羽木 忠高(はぎ ただたか)
戦国大名、羽木家の大殿で黒羽城城主。忠清、成之の父。お方様一筋。母は御月(みつき)家出身。
お方様(おかたさま)/二条の方様
忠高の正室で忠清の母。大殿をメロメロにする美貌の持ち主。公家(二条家)出身。
お久(おひさ)
回想で登場するのみ。忠高が正室を迎える前にいた側室で成之の母。忠清が生まれる数日前に成之を生み、成之が幼いころに亡くなった。
先代
物語には登場しない。延べ23人の側室を抱えていた。

吉乃一家[編集]

吉乃(よしの)
梅谷村の百姓孫兵衛(戦死)の女房。唯之助の戦国時代での「おふくろ様」であり良き相談相手。先代の殿様の時代の足軽大将の娘でもあり、唯之助を厳しくしつける女丈夫。のち、天野信近に見初められて後妻となる。
三之助(さんのすけ)
初出は7歳。吉乃の息子。物覚えが良い。
孫四郎(まごしろう)
吉乃の一番下の息子でまだ幼い。

天野家(羽木家家老)[編集]

天野 小平太(あまの こへいた)
忠清の近習であり御馬前を守る優れた武将。家老天野信近の長男。7つの時より忠清にお仕えし、忠清より3歳年長。唯が女性であることも忠清の想い人であることも気が付かなかった。
天野 信近(あまの のぶちか)
羽木家家老で忠高の側近。代々武芸をもって羽木家につかえる天野家現当主で堅物。天野の兵は赤揃えで有名。吉乃と再婚し、唯の戦国時代の養父ともなる。
天野 信茂(あまの のぶしげ)
羽木家先代当主、信近の父であり、忠清を養育した「じい」(守役)。先代の時代の四天王の一人。忠清の奥方は海道一の手弱女(たおやめ)と決めており、世継ぎを心待ちにする。

その他の羽木家家臣等[編集]

赤井 源三郎(あかい げんざぶろう)
忠清のもう一人の近習。小平太と同じく忠清より3歳年長。千原家の縁者らしい。
木村 政秀(きむら まさひで)
小垣城城代。羽木家家老の一人。唯が最初に紛れ込んだのはこの木村政秀の率いる足軽隊であった。
千原 元次(ちはら もとつぐ)
千原家は天野家と並ぶ羽木家家老の家柄。天野信茂となにかと競い合うかつての四天王の一人。悪丸を召し抱えていた。織田家と組んだ高山との戦により死亡。
千原 直家(ちはら なおいえ)
吉田城城代。
藤尾(ふじお)
お方様の乳母であり、奥御殿を取り仕切る女房。
悪丸(あくまる)
唯が来る前は羽木兵の中で一番足の速い足軽。唯より1歳年下。駆け比べで唯に負けてからは唯の家来となる。
乃木(のぎ)
馬番組頭。唯之助に若君かどわかしの嫌疑がかかった時、いち早く知らせ逃亡を手助けした。
如古坊(にょこぼう)
成之の育った寺からくっついて来た宇宙人顔の生臭坊主。忠清に悪事がばれた後、逐電。

羽木領内の領民等[編集]

あやめ
猿楽一座「一笠座」(いちりゅうざ)の娘であり、要所要所で唯の女装の手伝いを行い、相賀からの忠清奪還を助ける。唯の恋の指南役でもある。
鐘ヶ江 ふき(かねがえ ふき)
忠清の閨に上がるところを唯に邪魔され、ふくを名乗った唯と間違えられて側室となるも、忠清の渡りがなく忘れ去られている。忠清を文攻めにする。
鐘ヶ江 久政(かねがえ ひさまさ)
元領主の家柄で、ふきの父。お家再興のため、忠清が13歳の時からふきを側室にと狙う。

その他周辺諸国の姫・武将他[編集]

松丸 阿湖(まつまる あこ) / 阿湖姫
松丸家の姫君。容姿、性格とも優れており、海道一の手弱女(たおやめ)と評判。忠清の婚約者として黒羽城に来るが、ライバルである唯とは馬が合う。その後、成之と恋仲となる。
松丸 義次(まつまる よしつぐ)
阿湖姫の兄で、松丸家次男。
高山 宗鶴(こうやま むねつる)
黒羽と敵対する大名。羽木忠高を目の敵にし小垣を度々攻め、羽木憎しから相賀を引き入れる。高山の本城は、長沢城。
高山 宗熊(こうやま むねくま)
宗鶴の息子。高山家の若君。阿湖姫に化けた唯を気に入り、足軽姿の唯もすぐ気が付くほど。羽木家との和睦に応じる。
坂口 信広(さかぐち のぶひろ)
高山家家臣。羽木成之、如古坊と組んで、吉田城で忠清を暗殺しようとした。成之のことは「羽木を束ねる器量も人望もない」と評している。
野上 元丞(のがみ げんじょう)
北嶺山一帯を拠点とする国衆。羽木に追いやられた元領主の家柄。酒好き。
野上 元継(のがみ もとつぐ)
野上元丞の息子。忠清との約定に従い、窮地に陥った羽木家を助ける。
平念和尚(へいねんおしょう)
背山から大手山にかけての高山領内の山奥の寺の和尚。忠清、唯らを助け、その功により羽木領内で寺を建ててもらえるはずだった。
奇念(きねん)
平念和尚の山奥の寺の小僧。のち諸国を回り上人とも呼ばれ故郷に帰ってから平生寺を開く。また忠清の供養塔も建立する。
相賀 一成(あいが かずなり)
織田家の武将。高山宗鶴を調略し、黒羽・高山・松丸一帯を手に入れる。忠清を気に入り婿に迎えようとするも目の前で消えられ失敗。

現代(21世紀)[編集]

速川 尊(はやかわ たける)
唯の弟。名門青玉でもトップの成績を誇り、自宅の研究室(物置)でタイムマシンを発明する。その他、でんでん丸、まぼ兵君等、唯や羽木家を救う道具を開発し、忠清にとっては「現代の小姓」でもある。運動は苦手。
唯の母
専業主婦。唯を気遣うが楽観視する。現代に来た忠清に、高校の制服を着せるなどお茶目な性格。
唯の父
読みの甘さは唯に似ているらしい。
木村先生
唯の高校の歴史の先生であり、有名な郷土史家。現代に戻った唯の歴史での相談相手。
向坂先生(こうさかせんせい)
速川家の隣に住むT大文学部名誉教授。専門は日本古典文学。忠清から唯に宛てた読めない手紙を現代語訳してくれた。現代における忠清の「じい」。

書誌情報[編集]

  • 森本梢子 『アシガール』 集英社〈マーガレットコミックス〉、既刊11巻(2018年8月24日現在)
    1. 2012年7月25日発売[2]、ISBN 978-4-08-846807-5
    2. 2013年2月25日発売[3]、ISBN 978-4-08-845003-2
    3. 2013年10月25日発売[4]、ISBN 978-4-08-845117-6
    4. 2014年5月23日発売[5]、ISBN 978-4-08-845218-0
    5. 2015年1月23日発売[6]、ISBN 978-4-08-845338-5
    6. 2015年8月25日発売[7]、ISBN 978-4-08-845436-8
    7. 2016年4月25日発売[8]、ISBN 978-4-08-845558-7
    8. 2016年12月22日発売[9]、ISBN 978-4-08-845689-8
    9. 2017年9月25日発売[10]、ISBN 978-4-08-845814-4
    10. 2018年4月25日発売[11]、ISBN 978-4-08-844029-3
    11. 2018年8月24日発売[12]、ISBN 978-4-08-844089-7

小説[編集]

小説 アシガール』(しょうせつ アシガール)と題してせひらあやみ著により小説化され、2017年9月20日集英社オレンジ文庫から刊行された(ISBN 978-4-08-680150-8)。

テレビドラマ[編集]

アシガール
ジャンル 時代劇
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 内田ゆき(NHKエンタープライズ
土屋勝裕(NHK)
演出 中島由貴
伊勢田雅也
鹿島悠(NHKエンタープライズ)
原作 森本梢子
脚本 宮村優子
出演者 黒島結菜
健太郎[注 1]
松下優也
ともさかりえ
川栄李奈
石黒賢
イッセー尾形
ナレーター 秋鹿真人
時代設定 1559年永禄2年)/2017年
外部リンク 公式サイト
アシガール
放送時間 土曜18:05 - 18:43(38分)
放送期間 2017年9月23日 - 12月16日(12回)
アシガールSP 〜超時空ラブコメ再び〜
放送時間 月曜
放送期間 2018年12月24日(1回)
出演者 西村まさ彦

特記事項:
11月11日は『NHK杯国際フィギュアスケート競技大会女子シングルフリー』放送のため休止。
テンプレートを表示

NHK総合テレビの「土曜時代ドラマ」枠で2017年9月23日から12月16日まで放送された。全12回[1][13]

2018年2月15日(14日深夜)から18日(17日深夜)に連続12回を4夜にわたり再放送[14]

続編となるスペシャルドラマが、特集ドラマ『アシガールSP 〜超時空ラブコメ再び〜』としてNHK総合で2018年12月24日に放送予定[15][16][17][18][19]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 09月23日 見参!戦国女子高生 中島由貴 7.4%[要出典]
第2回 09月30日 若君めざして一直線! 5.1%
第3回 10月07日 若君といざ出陣! 7.2%
第4回 10月14日 ドキドキの夜!
第5回 10月21日 走れ!初デート 伊勢田雅也
第6回 10月28日 平成に若君キター!
第7回 11月04日 待ってます戦国で!
第8回 11月18日 満月よ!もう少しだけ
第9回 11月25日 せつないラストチャンス! 鹿島悠
第10回 12月02日 その結婚ちょっと待った! 中島由貴
第11回 12月09日 走りぬけ!愛のために
最終回 12月16日 若君といつまでも!

関連商品[編集]

サウンドトラック
  • 冬野ユミ 土曜時代ドラマ「アシガール」オリジナル・サウンドトラック(2017年12月8日配信、NHK出版[20]
DVD/Blu-ray
  • アシガール DVD BOX(2018年6月2日発売、ハピネット、HPBR-240)
  • アシガール Blu-ray BOX(2018年6月2日発売、ハピネット、HPXR-240)
NHK総合 土曜時代ドラマ
前番組 番組名 次番組
アシガール
(2017.9.23 - 12.16)
そろばん侍 風の市兵衛
(2018.5.19 - 7.21)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b SPは「伊藤健太郎」名義。

出典[編集]

  1. ^ a b 黒島結菜×健太郎『アシガール』制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2017年5月17日). 2017年5月17日閲覧。
  2. ^ アシガール/1|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  3. ^ アシガール/2|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  4. ^ アシガール/3|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  5. ^ アシガール/4|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  6. ^ アシガール/5|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  7. ^ アシガール/6|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  8. ^ アシガール/7|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  9. ^ アシガール/8|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月22日閲覧。
  10. ^ アシガール/9|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2017年9月25日閲覧。
  11. ^ アシガール/10|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2018年4月25日閲覧。
  12. ^ アシガール/11|森本梢子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2018年8月24日閲覧。
  13. ^ “アシガール:「ごくせん」作者のマンガがNHKでドラマ化 黒島結菜主演で“戦国ラブストーリー””. MANTANWEB (MANTAN). (2017年5月17日). https://mantan-web.jp/2017/05/17/20170517dog00m200003000c.html 2017年5月17日閲覧。 
  14. ^ 再放送情報「アシガール」”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年1月19日). 2018年1月20日閲覧。
  15. ^ 黒島結菜×健太郎『アシガール』続編決定!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年2月19日). 2018年2月19日閲覧。
  16. ^ 黒島結菜×伊藤健太郎『アシガールSP 〜超時空ラブコメ再び〜』制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年8月23日). 2018年8月27日閲覧。
  17. ^ “黒島結菜&健太郎出演、ドラマ「アシガール」の続編制作が決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月18日). https://natalie.mu/comic/news/270031 2018年2月18日閲覧。 
  18. ^ “ドラマ「アシガール」続編は12月24日放送、森本梢子も「シャッ!!!」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年8月21日). https://natalie.mu/comic/news/296315 2018年8月22日閲覧。 
  19. ^ “黒島結菜&伊藤健太郎の“超時空ラブコメ”がクリスマス・イブに放送決定!原作者はファンを代表して「シャッ!!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年8月21日). https://thetv.jp/news/detail/159213/ 2018年8月21日閲覧。 
  20. ^ 土曜時代ドラマ「アシガール」オリジナル・サウンドトラックが配信中!”. 番組楽曲情報. NHK出版. 2018年1月20日閲覧。