アシタヘカエル/Us

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アシタヘカエル/Us
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『One×One(#1, #2)
ALL THE BEST(#1, #2)』
A面 アシタヘカエル
Us
B面 Bright Lights
アシタヘカエル (feat. HAB I SCREAM/キボウノヒカリ Version)(通常盤のみ)
Us (PE'Z BLOODY MIX)(通常盤のみ)
アシタヘカエル (Instrumental)(通常盤のみ)
Us (Instrumental)(通常盤のみ)
リリース
ジャンル J-POP
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 麻生哲朗、ハマモトヒロユキ(#1)
関陽子、松浦晃久(#2)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2003年度年間46位(オリコン)
  • 登場回数13回(オリコン)
  • CHEMISTRY シングル 年表
    My Gift to You
    2002年
    アシタヘカエル/Us
    2003年
    YOUR NAME NEVER GONE/Now or Never/You Got Me
    (2003年)
    テンプレートを表示

    アシタヘカエル / Us」( - / アス)は、2003年8月6日に発売されたCHEMISTRYの通算8枚目のシングル。発売元はデフスターレコーズ

    解説[編集]

    • 初回生産限定盤 (CD+DVD) と通常盤 (CD) の2タイプでのリリース。収録曲違い。初回生産限定盤には、2種のライブ映像とc/w曲「Bright Lights」のメイキング映像を収録。
    • 今作から松尾潔の下を離れてセルフプロデュースで作品をリリースするため、"CHEMISTRY第三章スタート。"というフレーズを掲げている。
    • 両曲ともに、後発のアルバム『One × One』に収録された。

    収録曲[編集]

    初回生産限定盤[編集]

    CD[編集]

    1. アシタヘカエル
      作詞:麻生哲朗/作曲:ハマモトヒロユキ/編曲:河野伸
      日本コカ・コーラ爽健美茶』CMソング
    2. Us
      作詞:関陽子/作曲:松浦晃久/編曲:河野伸
      ダイハツムーヴカスタム』CMソング
      原曲では終わりの部分がフェードアウトされているが(Instrumental)の終わりでは最後まで流れている。
    3. Bright Lights
      作詞:川畑要、堂珍嘉邦/作曲:荒木真樹彦/編曲:白井良明
      CHEMISTRYの二人が初めて作詞した曲。
      現在[いつ?]でもアルバム未収録でライブでも歌ったことのない[要出典]曲。

    DVD[編集]

    1. PREMIUM LIVEダイジェスト 〜2003.04.19日本武道館〜
    2. Running Away 〜2003 Tour "Second to None"〜
    3. Making Films of "Bright Lights"

    通常盤[編集]

    CD[編集]

    1. アシタヘカエル
    2. Us
    3. Bright Lights
    4. アシタヘカエル (feat. HAB I SCREAM/キボウノヒカリ Version)
    5. Us (PE'Z BLOODY MIX)
    6. アシタヘカエル (Instrumental)
    7. Us (Instrumental)
      原曲では終わりの部分がフェードアウトされているが (Instrumental) の終わりでは最後まで流れている。

    演奏[編集]

    アシタヘカエル[編集]

    Us[編集]

    Bright Lights[編集]

    • Guitars:白井良明
    • Drums:ケニー・モズレー
    • Bass:tatsu
    • Fender Rhodes & Acoustic Piano:草間信一
    • Synthesizer & Backing Vocals:沼井雅之
    • Percussions & Backing Vocals:後藤まさる
    • Backing Vocals:真城めぐみ、松谷麗王