アシュカン・デジャガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アシュカン・デジャガ Football pictogram.svg
Iran training before 2018 FIFA World Cup qualification match against Qatar, Sanat Naft Training Complex 06.jpg
2016年のデジャガ
名前
本名 セイイェド・アシュカン・デジャガ
Seyed Ashkan Dejagah
ラテン文字 Ashkan Dejagah
ペルシア語 اشكان دژآگه
基本情報
国籍 イランの旗 イラン
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1986-07-05) 1986年7月5日(32歳)
出身地 テヘラン
身長 181cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム イランの旗 トラークトゥール
ポジション MF
利き足 右足
ユース
ドイツの旗 ライニッケンドルフ・フュックセ
1999-2000 ドイツの旗 テニス・ボルシア・ベルリン
2000-2004 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリンⅡ 56 (21)
2004-2007 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 26 (1)
2007-2012 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 131 (18)
2012-2014 イングランドの旗 フラム 43 (5)
2014-2017 カタールの旗 アル・アラビ 37 (6)
2017 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 4 (0)
2018 イングランドの旗 ノッティンガム 1 (0)
2018- イランの旗 トラークトゥール
代表歴2
2002-2003 ドイツの旗 ドイツ U-17 10 (4)
2003-2004 ドイツの旗 ドイツ U-18 4 (2)
2004 ドイツの旗 ドイツ U-19 11 (3)
2004-2005 ドイツの旗 ドイツ U-20 5 (2)
2005-2009 ドイツの旗 ドイツ U-21 20 (4)
2012- イランの旗 イラン 46 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月31日現在。
2. 2018年6月8日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アシュカン・デジャガペルシア語: اشكان دژآگه‎, Ashkan Dejagah, 1986年7月5日 - )は、イランテヘラン州出身の同国代表サッカー選手トラークトゥール・サーズィーFC所属。ポジションはミッドフィールダーデヤガーデジャーガなどと表記されることもある。ドイツのパスポートを所有している。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2004-05シーズン開幕戦のVfLボーフム戦、2-2で引き分けた試合の残り5分から出場してデビューを飾った。これは1982年にヘルタ・ベルリンが創設されてからの最年少デビュー記録となった。それから3シーズンはトップチームとリザーブチームを往復し、2005-06シーズンには23試合12得点でリザーブチームのチームトップスコアラーになった。ファルコ・ゲッツ監督はデジャガの出場時間を徐々に増やし、2006-07シーズンは22試合に出場してプロ初得点を決めた。

2007年、VfLヴォルフスブルクに移籍した。2007-08シーズンはチームのフォワード最多の31試合に出場して8得点を挙げた。2008-09シーズンはグラフィッチエディン・ジェコの大ブレークの影に隠れ、得点数は3に減少した。

2012年8月、フラムFCへ完全移籍[1]

2014年7月29日、アル・アラビ・ドーハに移籍した[2]

代表[編集]

2004年、U-17ドイツ代表に引き続いてU-19ドイツ代表に選出された。15試合で7得点したが、その中には2005年にオランダ戦で決めた2得点も含まれる。2005年に選出されたU-21ドイツ代表では背番号10を背負った。イラン代表としてプレーすることも可能であったが、21歳になるときにドイツ代表としてプレーし続けることを選択したためにイラン代表としてプレーする資格を一度は失った。ところが、2009年6月にFIFAが重国籍者(複数国籍保持者)の代表変更の年齢制限(21歳の誕生日までに変更)を撤廃した為、再びドイツ代表とイラン代表のどちらかを選択することが出来るようになった。現在、年代別代表選出前までに重国籍者となった選手は、たとえ年代別代表公式戦出場歴があっても、国際Aマッチ出場歴が無ければ、既に保持している他の国籍の代表を一度だけ選択することが出来る。

2007年10月、デジャガは「非常に個人的な理由」からU-21ドイツ代表のイスラエルとの試合に出場することを拒否した。この際には「私の半分がイラン人であることはみな知っている」とも述べた。ユダヤ人中央評議会のシャルロッテ・クノブロッホ議長やドイツキリスト教民主同盟のロナルド・ポファラはデジャガをドイツ代表から除外することを求めた[3]。デジャガは雑誌シュテルンのインタビューで「招集拒否は家族間の問題であり、政治的・反ユダヤ的・人種的な理由ではない」と述べた[4]ドイツサッカー連盟のテオ・ツバンツィガー会長やマティアス・ザマーテクニカルディレクターとの話し合いの末、ドイツ代表から除外しないという結論が出された。

2012年2月29日のワールドカップ・予選のカタール戦でイラン代表デビューを果たし、デビュー戦で2点を記録[5]。これにより、デジャガの代表資格はイラン代表のみとなった。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

VfLヴォルフスブルク

代表[編集]

U-21ドイツ代表

脚注[編集]

  1. ^ Goal.com (2012年9月1日). “フラムがイラン代表FWを獲得”. 2012年9月1日閲覧。
  2. ^ Goal (2014年7月30日). “フラム、デジャガのカタール移籍を発表”. 2014年7月30日閲覧。
  3. ^ FUSSBALL (2007年10月9日). “Der Fall Ashkan Dejagah wird zu einem Politikum”. 2009年9月4日閲覧。
  4. ^ stern (2007年10月14日). “"Das habe ich für meine Familie getan"”. 2009年9月4日閲覧。
  5. ^ サッカーW杯アジア3次予選、イランはカタールと引き分け”. Iran Japanese Radio (2012年3月1日). 2012年3月2日閲覧。[リンク切れ]