アシュラーフ・アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アシュラーフ・アリー・ハーン
Ashraf Ali Khan
ベンガル太守
在位 1770年
戴冠 1770年3月21日
別号 ナワーブ
出生 1759年以前
死去 1770年3月24日
ムルシダーバード、ムルシダーバード城
埋葬 ジャアファルガンジ・セメタリー
王朝 ナジャフィー朝
父親 ミール・ジャアファル
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

アシュラーフ・アリー・ハーン(Ashraf Ali Khan, 1759年以前 - 1770年 3月24日)は、東インドベンガル太守 (在位:1770年)

生涯[編集]

1759年以前、ベンガル太守ミール・ジャアファルの四男として生まれた[1]

1770年3月10日、兄の太守ナジャーバト・アリー・ハーン天然痘で死亡したことにより、アシュラーフ・アリー・ハーンが太守位を継承した[1]

だが、同年3月24日にアシュラーフ・アリー・ハーンも天然痘で死亡し、太守位は弟のムバーラク・アリー・ハーンが継承した[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]