アシュリー・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アシュリー・バーンズ Football pictogram.svg
Ashley Barnes Brighton.jpg
ブライトンのバーンズ
名前
本名 アシュリー・ルーク・バーンズ
ラテン文字 Ashley Luke Barnes
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
 オーストリア
生年月日 (1989-10-30) 1989年10月30日(30歳)
出身地 イングランドの旗 バース
身長 186cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 バーンリーFC
ポジション FW
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
0000-2007 イングランドの旗 ポールトン
2007-2010 イングランドの旗 プリマス 22 (2)
2007 イングランドの旗 オックスフォード・U (loan) 3 (1)
2008 イングランドの旗 ソールズベリー (loan) 5 (0)
2008-2009 イングランドの旗 イーストボーン (loan) 8 (5)
2010 イングランドの旗 トーキー (loan) 6 (0)
2010 イングランドの旗 ブライトン (loan) 8 (4)
2010-2014 イングランドの旗 ブライトン 141 (42)
2014- イングランドの旗 バーンリー 165 (35)
代表歴
2008 オーストリアの旗 オーストリアU-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月9日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アシュリー・バーンズ(Ashley Barnes,1989年10月30日 - )は、イングランド出身のサッカー選手バーンリーFC所属。ポジションはフォワードオーストリアとの二重国籍保持者であり、彼の祖母はオーストリア出身。

経歴[編集]

プリマス[編集]

子どもの頃はスコット・シンクレアと同じチームでプレーしており、地元のサザンフットボールリーグに所属するポールトン・ローヴァーズFCに加入した。2007年3月にプリマス・アーガイルFCのトライアル試験を受け合格。18ヶ月契約を結び、リザーブチームでは7得点を挙げた。2007年11月にオックスフォード・ユナイテッドFCに期限付き移籍し5試合に出場する。その後2クラブに期限付き移籍し、2009年1月にプリマスに復帰した。

ブライトン[編集]

しかしプリマスでは安定した出場機会を得られず、2010年3月にフットボールリーグ1に所属する古豪ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに期限付き移籍した。

7月8日、ブライトンに2年契約で完全移籍。2011年4月11日のダゲナム・アンド・レッドブリッジFC戦ではチームのフットボールリーグ・チャンピオンシップ昇格を決定づける得点を決めた。同シーズンはグレン・マレーに次ぐチーム2番目の20得点を挙げた。

2011-12シーズンはチームのエースとして14得点を挙げた。

2012-13シーズンもストライカーの地位を確保するも、3月9日のボルトン・ワンダラーズFC戦で審判を倒したことで7試合の出場停止処分を受ける。当時チームのFWである2選手が負傷していたため、この行為にサポーター及びクラブから批判を受けた。

バーンリー[編集]

2014年1月10日、バーンリーFCと3年半契約を結んだ。2015年2月のチェルシーFC戦でネマニャ・マティッチへ激しいタックルを仕掛け、マティッチの報復行為を誘発し退場させた。このことをチェルシー監督のジョゼ・モウリーニョは公的にバーンズを批判している[1]。2015年5月24日のアストン・ヴィラ戦で膝を負傷。すでにバーンリーの降格は決定していたが、これによりバーンズは翌シーズンを全欠場した。

2017-18シーズンはバーンリーの前線をクリス・ウッドとともに担当。バーンリーの7位躍進に貢献した。

2019年11月7日、2022年6月まで契約を更新した[2]

脚注[編集]

  1. ^ モウリーニョ、バーンズのマティッチに対するタックルは「犯罪」”. フットボールチャンネル (2015年2月23日). 2019年11月26日閲覧。
  2. ^ Barnes Signs New Deal” (英語). Burnleyfootballclub (2019年11月7日). 2019年11月26日閲覧。