アジアのサッカーリーグに所属する日本人選手一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本項ではAFC/アジア加盟国内のサッカーリーグに所属歴のある日本人サッカー選手について紹介する。

1920年代から1930年代に太田一三がオランダ領東インドバタヴィア(後のインドネシアジャカルタ)を本拠地とするB.V.C.や、スマランを本拠地とするS.V.V.でプレー[1][2][3] して以来、各国のサッカーリーグに日本人選手が入団しプレーしてきている。

アラブ首長国連邦[編集]

現在所属する選手 [2017年8月29日編集]
過去所属した選手

イラン[編集]

現在所属する選手 [2019年2月26日編集]
過去所属した選手

インド[編集]

現在所属する選手 [2018年11月19日編集]
スーパーリーグ
Iリーグ

リーグ構成英語版参照

0

Iリーグ2部
地域リーグ
  • 吉岡拓

インドネシア[編集]

現在所属する選手 [2019年8月18日編集]
リーガ1

リーグ構成英語版参照

ウズベキスタン[編集]

現在所属する選手 [2017年10月11日編集]
ウズベク・リーグ
過去所属した選手
ウズベク・リーグ

オーストラリア[編集]

現在所属する選手 [2018年8月6日編集]
Aリーグ


NPL(2部相当)英語版
3部相当のリーグ以下
  • 小久保武蔵
  • 天野徹
  • 荒川晶平
  • 池田祐輔
  • 石倉大河
  • 宇賀貴亮
  • 梅木駿太朗
  • 大岩貴思
  • 小野凌
  • 小原輝樹
  • 柿本拓人
  • 筧基樹
  • 桂流太
  • 可児優一
  • 金城基樹
  • 久保山衆斗
  • 黒沢柊介
  • 黒瀧亮太
  • 小嶋喜大
  • 斉藤健
  • 佐藤忍
  • 清水一平
  • 菅谷翼
  • 惣津郁哉
  • 高橋健哉
  • 田口敦也
  • 武田翔吾
  • 田野裕也
  • 當間達也
  • 中䑓達也
  • 永田羽竜
  • 成田壮
  • 長谷川修平
  • 平山裕二
  • 藤谷匠
  • 藤浪智大
  • 藤本安之
  • 本澤拓也
  • 松田幸太
  • 水野雄太
  • 御船翔太
  • 薬丸隼人
  • 湯澤大佑
  • 吉岡廉
  • 吉杉清寿
  • 進藤圭介
  • 若宮正樹;不明
  • 岡田良瑞
  • 土肥賢太
  • 林雄祐
  • 宮澤龍二
  • 渡邉良
  • 瀧田翔太
  • 山田幹也
Wリーグほか
  • 尾田緩奈(地域リーグ)
  • 福丸智子(地域リーグ)

リーグ構成英語版参照

0

NPL英語版ほか
不明
  • 今村匠実
  • 尾形修斗
  • 倉内周
  • クリスチャン・ナム
  • 斉藤泰一郎
  • 関徹
  • 田中保成
  • 田所昇
  • 筑田元
  • 中村ひろし
  • マイケル・北村
  • 前川亮
Wリーグ

オマーン[編集]

現在所属する選手 [2018年9月18日編集]
過去所属した選手

カタール[編集]

現在所属する選手 [2019年2月5日編集]
カタール・スターズリーグ
過去所属した選手
カタール・スターズリーグ

韓国[編集]

カンボジア[編集]

現在所属する選手 [2019年7月27日編集]
カンボジア・リーグ
過去所属した選手
カンボジア・リーグ
不明
  • 片岡道則
  • 野方隼人

グアム[編集]

現在所属する選手 [2014年12月5日編集]

リーグ構成英語版参照

過去所属した選手
不明
  • 前出博文
  • 山田敦

シンガポール[編集]

現在所属する選手 [2019年7月27日編集]
Sリーグ
女子

リーグ構成英語版参照

過去所属した選手
Sリーグ
不明
  • 市川大翔
  • 岩鼻秀晃
  • 内島大輔
  • 小林啓太
  • 斉藤泰一郎
  • 提坂俊介
  • 佐藤駿
  • 佐藤雅哉
  • 菅澤考也
  • 長澤道久
  • 能勢飛鳥
  • 藤岡大輝
  • 松井啓佑
  • 松岡翔太
  • 松村好展
  • 山野陽嗣
  • 和田明也

スリランカ[編集]

現在所属する選手 [2016年8月6日編集]
スリランカ・チャンピオンズリーグ
  • 井上龍士

タイ[編集]

現在所属する選手 [2019年8月6日編集]
T1
2部
3部
4部
不明

リーグ構成英語版参照

過去所属した選手
プレミアリーグ
Div1 (2部)
Div2 (3部)
不明
  • 井野美聡
  • 小森由貴
  • 舘洋介
  • 服部昇太郎
  • 若林エリ
引退

台湾[編集]

現在所属する選手 [2019年7月2日編集]
  • 一柳夢吾
  • 小川圭佑
  • 小森由貴
過去所属した選手

中国[編集]

現在所属する選手 [2017年6月2日編集]

リーグ構成英語版参照

超級リーグ
女子甲級リーグ

ネパール[編集]

現在所属する選手 [2017年4月7日編集]
過去所属した選手

バーレーン[編集]

現在所属する選手 [2017年10月18日編集]
過去所属した選手

バングラデシュ[編集]

現在所属する選手 [2018年6月2日編集]
過去所属した選手

東ティモール[編集]

現在所属する選手 [2018年9月25日編集]
  • 徳永祥太
  • hidetaka kamimura
過去所属した選手

フィリピン[編集]

現在所属する選手 [2019年3月8日編集]
過去所属した選手
フィリピン・フットボールリーグ
UFL Division 1
UFL Division 2
不明
  • 吉岡拓

ブータン[編集]

現在所属する選手 [2017年4月7日編集]
過去所属した選手

ブルネイ[編集]

現在所属する選手 [2017年4月7日編集]
過去所属した選手

ベトナム[編集]

現在所属する選手 [2018年6月2日編集]
過去所属した選手

香港[編集]

現在所属する選手 [2019年7月28日編集]

リーグ構成英語版参照


マカオ[編集]

現在所属する選手 [2017年10月18日編集]
過去所属した選手

マレーシア[編集]

ミャンマー[編集]

現在所属する選手 [2019年8月18日編集]

モルディブ[編集]

現在所属する選手 [2019年5月5日編集]
過去所属した選手

モンゴル[編集]

現在所属する選手 [2018年8月18日編集]

リーグ構成英語版参照

過去所属した選手

ラオス[編集]

現在所属する選手 [2017年4月7日編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本サッカー狂会『日本サッカー狂会』国書刊行会、2007年、46頁。ISBN 978-4336048486。
  2. ^ 渡邉芳夫 (1936年). “ジャバの蹴球 蹴球王国ジャバの太田選手と語る (PDF)”. 『蹴球』第4巻第3号. 大日本蹴球協会. p. 28-30. 2016年10月7日閲覧。
  3. ^ 渡邉芳夫 (1936年). “ジャバの蹴球 蹴球王国ジャバの太田選手と語る (PDF)”. 『蹴球』第4巻第4号. 大日本蹴球協会. p. 23-25. 2016年10月7日閲覧。
  4. ^ 日本人初!杉田祐希也、イランリーグのACL出場クラブと契約”. Qoly (2018年7月30日). 2018年8月3日閲覧。
  5. ^ Nikhil Jitendran Federation Cup: Bengaluru FC - Aizawl Preview: Steelmen gear up to burst Aizawl bubble (英語) Goal.com 2016.5.2付記事
  6. ^ 海外サッカーPRESS インドリーグの日本人サッカー選手、久保木優は「ACLでJと戦いたい」。 Number web 2018.11.11付記事
  7. ^ Shohei Matsunaga Ngambek, Tinggalkan PSM Makassar (インドネシア語) Super Skor 2016.4.11付記事
  8. ^ なぜ日本人が韓国3部へ移籍したのか 田島翔が明かす「加入へのいきさつ」”. Qoly (2018年8月29日). 2018年8月30日閲覧。
  9. ^ “吉備国際大学Charme岡山高梁 池尻茉由選手及び逸見桃子選手 韓国プロ女子サッカーリーグ(水原WFC)とのプロ契約について”. (2018年10月30日). http://www.charmefc.jp/09news/pdf/news_20181030.pdf 
  10. ^ “2019 Cambodian League” (英語). Wikipedia. (2019-07-12). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=2019_Cambodian_League&oldid=905930422. 
  11. ^ 植田路生 サッカー海外組第1号はなんとあの有名歌手の弟 www.footballchannel.jp 2014.1.2付記事
  12. ^ 横山翔弥選手(2014年在籍)FCウランバートル(モンゴル)移籍のお知らせ”. サウルコス福井 (2015年7月29日). 2015年8月1日閲覧。
  13. ^ 大宮ユース出身の鹿糠、パリFCへ移籍 仏2部から代表目指す”. スポニチ (2018年7月15日). 2018年7月16日閲覧。
  14. ^ 中村元樹ブログ 2014-10-01

関連項目[編集]