アジアドリームタッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アジアドリームタッグ王座
詳細
現王者 SAKI&水森由菜
獲得日 2019年3月22日
管理団体 プロレスリング我闘雲舞
創立 2016年3月24日

アジアドリームタッグ王座は、プロレスリング我闘雲舞が管理するタッグタイトルである。

歴史[編集]

プロレスリング我闘雲舞にて新設された王座。シングル王座ではIWA三冠統一王座が存在するが、元々は活動停止したI.W.A.JAPANが制定した王座であったので、我闘雲舞制定としては初である。試合形式は、さくらえみの団体では初の無制限一本勝負。

「日本はもちろん、タイシンガポールマレーシアなどアジアの無名の選手たちが、このベルトを巻いてアジアから世界に発信していく」という目標から命名[1]。男女、体重などによる挑戦の制限はない。

初代王座決定戦は3月24日新木場大会で、SAKI&MIZUKI組対さくらえみ&マサ高梨組によって争われ、ブリバトが初代王者となる[2]

歴代王者[編集]

歴代 選手 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得場所(対戦相手・その他)
初代 SAKI&MIZUKI 1 1 2016年3月24日 新木場1stRingさくらえみ&マサ高梨
第2代 希月あおい&帯広さやか 1 2 2016年6月22日 後楽園ホール
第3代 里歩&「ことり」 1 1 2016年12月24日 板橋グリーンホール
第4代 さくらえみ&高梨将弘 1 5 2017年3月28日 新木場1stRing
第5代 沙紀&水森由菜 1 0 2018年8月21日 新木場1stRing
第6代 里歩&真琴 1 0 2018年12月11日 新木場1stRing
第7代 SAKI&水森由菜 2 2019年3月22日 新木場1stRing

脚注[編集]

[ヘルプ]