アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Golf pictogram.svgアジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権
Asia-Pacific Amateur Championship
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2009年
開催コース 持ち回り
基準打数 持ち回り
ヤーデージ 持ち回り
主催 アジア太平洋ゴルフ連盟(APGC)
競技方法 72ホールストロークプレー
開催月 10月
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
中華人民共和国の旗 林ギョクキン(2019年)
テンプレートを表示

アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権(Asia-Pacific Amateur Championship)はアジア太平洋の男子アマチュアゴルファーNo.1を決めるトーナメント。主催はアジア太平洋ゴルフ連盟。

歴史[編集]

AACは2009年に第1回大会を中国・ミッションヒルズCCで初めて開催。アジア太平洋を持ち回りで開催されている。優勝者には翌年のマスターズ全英オープンダイヤモンドカップゴルフの出場権が与えられる。ただしプロ転向の場合は出場資格が失われる。

歴代優勝者[編集]

Year 選手 出身国 スコア 2位との差 2位(タイ) 会場
Asia-Pacific Amateur
2019 林ギョクキン 中華人民共和国の旗 中国 278 (−10) プレーオフ 日本の旗 金谷拓実 余山国際GC
2018 金谷拓実[1] 日本の旗 日本 267 (−13) 2 strokes 日本の旗 中島啓太
インドの旗 Rayhan Thomas
Sentosa Golf Club, Singapore
2017 リン・ユーシン 中華人民共和国の旗 中国 270 (−14) 3 strokes 中華人民共和国の旗 Andy Zhang Royal Wellington Golf Club, ニュージーランド
2016 カーティス・ラック オーストラリアの旗 オーストラリア 276 (−12) ジャック・ニクラスGCコリア,韓国
2015 金誠 中華人民共和国の旗 中国 199 (−11)* クリアウォーター・ベイG&CC, 香港
2014 アントニオ・マーダカ オーストラリアの旗 オーストラリア 275 (−13) ロイヤル・メルボルンGC、オーストラリア
2013 イ・チャンウ 大韓民国の旗 韓国 281 (−3) 南山国際GC、中国
2012 関天朗 中華人民共和国の旗 中国 273 (−15) アマタスプリングCC、タイ
Asian Amateur
2011 松山英樹 (2/2) 日本の旗 日本 270 (−18) シンガポール・アイランドCC, シンガポール
2010 松山英樹 (1/2) 日本の旗 日本 269 (−15) 霞ヶ関CC、日本川越
2009 ハン・チャンウォン 大韓民国の旗 韓国 276 (−12) ミッションヒルズGCワールドカップC、中国深セン

* 悪天候により54ホールに短縮

今後の開催予定地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金谷拓実が松山以来の7年ぶりV 「マスターズ」出場権/アジアアマ ゴルフダイジェスト・オンライン 2018年10月7日閲覧

関連項目[編集]