アジアリーグアイスホッケー2013-2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アジアリーグアイスホッケー2013-2014シーズンは、2013年9月7日から2014年3月29日にかけて開催された。日本製紙クレインズが5シーズンぶり4度目の優勝。

参加チーム[編集]

韓国軍のアイスホッケーチーム・「デミョンサンム」が参入し、全8チーム6回戦総当りで開催される。

チーム 本拠地
H.C.栃木日光アイスバックス 栃木県日光市
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子イーグルス 北海道苫小牧市
東北フリーブレイズ 福島県郡山市青森県八戸市
アニャンハルラ 京畿道安養市
High1アイスホッケーチーム 江原道春川市
デミョンサンム ソウル特別市木洞
チャイナドラゴン 上海市

レギュラーリーグ[編集]

2013年9月7日から2014年3月2日にかけて開催され、王子イーグルスが4年連続4回目のリーダーズフラッグを獲得。デミョンサンムが2位に入り、参入初年度でプレーオフに進出。前シーズン優勝の東北フリーブレイズは5位となり、プレーオフに進出できなかった。

チーム GP W OTW SOW SOL OTL L Goals Pts
1. 日本の旗 王子イーグルス 42 32 2 5 0 0 3 194:74 110
2. 大韓民国の旗 デミョンサンム 42 22 3 1 3 1 12 156:115 78
3. 日本の旗 日本製紙クレインズ 42 22 2 2 1 0 15 168:126 75
4. 大韓民国の旗 High1アイスホッケーチーム 42 18 1 1 5 4 13 152:134 67
5. 日本の旗 東北フリーブレイズ 42 18 2 1 2 2 17 134:110 64
6. 大韓民国の旗 アニャンハルラ 42 17 2 2 1 4 16 152:110 64
7. 日本の旗 H.C.栃木日光アイスバックス 42 14 0 1 1 1 25 125:130 46
8. 中華人民共和国の旗 チャイナドラゴン 42 0 0 0 0 0 42 58:340 0
  • GP:試合数、W:60分勝利、OTW:延長戦勝利、SOW:シュートアウト勝利、SOL:シュートアウト負け、OTL:延長戦負け、L:60分負け、Goals:総得点と総失点、Pts:勝点

プレーオフ[編集]

3月8日から開催された。セミファイナルはレギュラーリーグ1位の王子イーグルスがホームでリーグ4位のハイワンを3連勝で降し、リーグ3位の日本製紙クレインズも敵地でリーグ2位のデミョンサンムを3連勝で降してファイナルに進出。苫小牧で開幕したファイナル第1戦は王子が9-1で大勝したが、続く第2戦から日本製紙が3連勝し、地元釧路で5シーズンぶりのアジアリーグチャンピオンのタイトルを獲得した。

  セミファイナル ファイナル
                 
1  王子イーグルス 3  
4  ハイワン 0  
    1  王子イーグルス 1
  3  日本製紙クレインズ 3
2  デミョンサンム 0
3  日本製紙クレインズ 3  

表彰[編集]

最優秀選手[編集]

部門 受賞者 所属
レギュラーリーグ 齊藤毅 王子イーグルス
プレーオフ 髙木健太 日本製紙クレインズ

ベスト6[編集]

部門 受賞者 所属
フォワード マイク・ラジャ 日本製紙クレインズ
フォワード 齊藤毅 王子イーグルス 
フォワード パク・ウサン デミョン・サンム 
ディフェンス 芳賀陽介 王子イーグルス
ディフェンス イ・ドンク デミョン・サンム
ゴールキーパー 荻野順二 王子イーグルス 

個人タイトル[編集]

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 マイケル・スウィフト High1 37
最多アシスト アダム・ミラー 日本製紙クレインズ 48
最多ポイント アダム・ミラー 日本製紙クレインズ 73
最優秀セーブ率GK 荻野順二 王子イーグルス 93.85

その他[編集]

部門 受賞者 所属
ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー イ・ヨンジュン デミョンサンム 
最優秀監督 佐々木博明 日本製紙クレインズ 
レフリー特別功労賞 山田幸司 日本アイスホッケー連盟
ホッケータウン・イン・アジア 日光市

関連項目[編集]