アジアリーグリミテッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アジアリーグリミテッド
Asia League Limited
略称 アジアリーグ
設立 2017年
目的 バスケットボール大会の開催
本部 香港の旗 香港
ウェブサイト www.theasialeague.com
テンプレートを表示

アジアリーグリミテッド(Asia League Limited)は、アジアのプロバスケットボールクラブによる国際大会を運営する組織。主催する「サマースーパー8」と「テリフィック12」は国際バスケットボール連盟(FIBA)の公認を受けたプレシーズントーナメントである[1][2]

歴史[編集]

現在アジアリーグ代表を務めるマット・ベイヤーは東アジア及び東南アジアにおけるクラブによる国際大会が不足している現状からアジアリーグを提唱。NBAラスベガスサマーリーグの東アジア版として構想を進めた[1]

初の大会は2017年9月にマカオで「スーパー8」を開催[3][4]。日本の千葉ジェッツが優勝[5]

トーナメント[編集]

アジアリーグトーナメント
競技 バスケットボール
多数
前回優勝 スーパー8:広州証券龍獅
テリフィック12:遼寧衡業飛豹
最多優勝 千葉ジェッツ
広州証券龍獅
琉球ゴールデンキングス
遼寧衡業飛豹
公式サイト www.theasialeague.com

スーパー8[編集]

決勝 3位決定戦
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
2017 日本の旗 千葉ジェッツ 83–73 中華人民共和国の旗 浙江広厦猛獅 大韓民国の旗 高陽オリオンズ 88–71 日本の旗 琉球ゴールデンキングス
2018 中華人民共和国の旗 広州証券龍獅 78–72 大韓民国の旗 ソウル三星サンダース 大韓民国の旗 仁川電子ランドエレファンツ 67–62 フィリピンの旗 NLEXロードウォリアーズ

テリフィック12[編集]

決勝 3位決定戦
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
2018 日本の旗 琉球ゴールデンキングス 85–76 中華人民共和国の旗 広州証券龍獅 大韓民国の旗 ソウル三星サンダース 105–92 日本の旗 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
2019 中華人民共和国の旗 遼寧衡業飛豹 大韓民国の旗 ソウルSKナイツ 中華人民共和国の旗 浙江広厦猛獅 フィリピンの旗 サン・ミゲル・ビアメン

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]