アジア・アトランティック・エアラインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アジア・アトランティック・エアラインズ
Asia Atlantic Airlines
Asia Atlantic Airlines Logo.svg
IATA
HB
ICAO
AAQ
コールサイン
ASIA ATLANTIC
設立 2012年12月
運航開始 2013年8月20日
拠点空港 スワンナプーム国際空港
保有機材数 2機
就航地 2都市
親会社 H.I.S.
本拠地 タイバンコク
代表者 Bobby A Haque
外部リンク http://www.asiaatlanticairlines.com/
テンプレートを表示

アジア・アトランティック・エアラインズ (タイ語: เอเชีย แอตแลนติก แอร์ไลน์ส, 英語: Asia Atlantic Airlines) は、タイの国際チャーター便専門の航空会社である。略称はAAAであり、ロゴマークも3つのAをモチーフにしたものになっている。

2018年8月末ですべての便の運航を休止し、清算手続き中である。

概要[編集]

2012年12月日本旅行会社エイチ・アイ・エス (H.I.S.)」が49%、H.I.S.のタイ現地法人「H.I.S. TOURS CO., LTD.」が39%、残り12%はパンラート・バイヨーク(バイヨーク・グループ オーナー兼会長)が出資し[1]設立されることが公表された[2]。当初、社名はAsia Pacific Airlines Co., Ltd.(アジア・パシフィック・エアラインズ株式会社)を予定していたが、既に同名の航空会社があった。

2015年3月国際民間航空機関(ICAO)がタイに対して「重要な安全性の懸念(SSC)」があると認定。これを受けた国土交通省 航空局(JCAB)などがタイへの路線の新規開設や増便などを制限したことで、当初計画していたビーチリゾートなどへのチャーターが実施できなくなった。ICAOは2017年10月にSSCを解除しているが、SSCの期間が長期に渡った影響などで経営が悪化[3]

2017年5月、H.I.S.での取締役会で、航空機リースや運営コンサルタントなどを行なう香港のSky Cruiser Holdingと、タイの航空関連コンサルタントを行なうAerolanceの2社を引受先とする第三者割当増資の実施を決議。H.I.S.グループの持ち株比率は8割台から3割以下に低下し、営業権もSky社に譲渡していた。その後、AAAは財務基盤と経営基盤の強化を図ると同時に、引き続きH.I.S.の事業とのシナジーを追求していく方針を表明していたものの、2018年6月の2018年10月期第2四半期決算でも、債権放棄損16億円を計上するに至った。さらに同年10月26日に開催された取締役会では、同社に対する債権回収が不可能との判断に伴い、特別損失約18億円を計上することを決議した[4]

運航路線[編集]

  • バンコク - 東京/成田(チャーター便、2013年8月20日〜2014年9月30日)
  • 2015年に新規計画ではバンコクから日本15都市へ、日本15都市からシンガポールなど東南アジアへの双方向チャーター便を運航する。日本発路線では定期直行便の就航していない路線を中心に設定。2015年1月から4月まで設定するもので、のべ21区間、42往復運航する。6月に就航を発表していた成田-シェムリアップ(カンボジア)線は4往復設定した。2015年2月28日と3月13日に中部国際空港シェムリアップ国際空港(カンボジア)国際空港間の往復直行チャーター便を運航し、3月7日と3月30日には広島空港からバリ島のデンパサール国際空港までの往復直行チャーター便を運航するなど日本各地の拠点空港から直行便が存在しないルートでの往復直行チャーター便を設定している。


保有機材[編集]

アジア・アトランティック・エアラインズのボーイング767
アジア・アトランティック・エアラインズの運航機材一覧
機体記号 型式 製造番号/ライン番号 受領日 備考
HS-AAC ボーイング767-300ER 25287/449 2013年07月12日 1号機。1992年製造。
ユナイテッド航空アビアンカ航空などで使用された後、2013年に同社が中古機として導入。
機材情報
HS-AAB ボーイング767-300ER 24846/309 2013年08月21日 2号機。1990年製造。
スカンジナビア航空アイスランド航空などで使用された後、2013年に同社が中古機として導入。
機材情報

サービス[編集]

  • チャーター便扱いのため運賃は燃油サーチャージ込みであり、別途支払いは不要。
  • H.I.S.販売のパッケージツアー、航空券に限り、スワンナプーム国際空港における専用レーンでの入国サービスを実施する[6][7]
  • 機内食、受託手荷物なども格安航空会社 (LCC)とは違い追加購入ではなく、最低限度は込みの料金提示として従来のフルサービスキャリア並みのサービスを提供。なお2014年9月3日から新設される、プレミアムエコノミークラスではアルコールを無料で提供される予定。
  • 音楽や映画、ビデオなどの機内エンターテインメントは未提供であったが、2014年9月3日からビジネス・プレミアムエコノミーともにタブレット端末の貸出し、映画・ゲーム・雑誌などのコンテンツを提供する予定である[8][9]

脚注[編集]

関連項目[編集]