アジア大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

アジア大陸(あじあたいりく)は、巨大な大陸であるユーラシア大陸の東側の大きな部分を占める亜大陸である。西のヨーロッパ大陸とはウラル山脈を介して一体となっており、南のアフリカ大陸とはスエズ地峡でつながっている。周囲は、太平洋インド洋大洋北極海ヨーロッパ地中海黒海紅海ペルシア湾などの地中海ベーリング海オホーツク海東シナ海黄海日本海アラビア海ベンガル湾などの縁海などに面している。

大陸・亜大陸の定義は任意であるため、アジアとヨーロッパの境界は非常にあいまいなものであるが、ダーダネルス海峡マルマラ海黒海カフカース山脈カスピ海ウラル川、ウラル山脈、ノヴァヤゼムリャを結んだ線上にあるとされている。

N60-90, E30-60 N60-90, E60-90 N60-90, E90-120 N60-90, E120-150 N60-90, E150-180 N60-90, W150-180
N30-60, E30-60 N30-60, E60-90 N30-60, E90-120 N30-60, E120-150 N30-60, E150-180 N30-60, W150-180
N0-60, E30-60 N0-60, E60-90 N0-60, E90-120 N0-60, E120-150
経度・緯度30度刻みの地形図によるアジア大陸の位置
アジア大陸

アジア大陸の構成[編集]

おもな半島[編集]

おもな山脈・高原・山[編集]

湖・内海[編集]

おもな河川[編集]

おもな砂漠[編集]