アジア柔道連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アジア柔道連盟(アジアじゅうどうれんめい、Judo Union of Asia)は、アジアの柔道を統括する国際柔道連盟の下部組織。略称はJUA。現在の会長はクウェートのオベイド・アル・アンジ。

沿革[編集]

  • 1956年 - チャイニーズ・タイペイ、カンボジア、インドネシア、日本、韓国、フィリピン及びタイの各国連盟が加盟国となって創立。
  • 1966年 - 第1回アジア柔道選手権大会開催。
  • 1970年 - この年までにスリランカ、マレーシア、インド、パキスタン、トルコ、ベトナム、北朝鮮、ビルマ、シンガポール、クウェート、サウジアラビア、バングラデシュ、イラン及びシリアの各国連盟が加盟。
  • 1980年代 - 中華人民共和国、マカオ、ネパール、パレスチナ、イエメン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスタンとトルクメニスタン、カンボジア、タジキスタン、アゼルバイジャン、アラブ首長国連邦、カタール、ラオス及びレバノンの各国連盟が加盟[1]
  • 1981年 - 第1回アジア女子柔道選手権大会開催。
  • 2005年 - アフガニスタン柔道連盟が加盟[2]

主催大会[編集]

加盟国・地域一覧[編集]

39ヶ国・地域五十音順

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 柔道チャンネル - アジア柔道連盟 - 東建コーポレーション
  2. ^ アジア柔道連盟総会報告及び東アジア柔道連盟総会報告 Archived 2011年6月23日, at the Wayback Machine. - 日本柔道連盟