アジウソン・キンドルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アジウソン・キンドルマン
Adilson Kindelmann
生誕 (1973-05-04) 1973年5月4日(45歳)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
レース経歴
初出場 2010年
機体 MXエアクラフト MXS
公式サイト
adilsonkindlemann.com

アジウソン・キンドルマン(Adilson Kindelmann、1973年5月4日 - )は、ブラジルパイロットである。かつてはレッドブル・エアレース・ワールドシリーズに出場していた。

略歴[編集]

キンドルマンは2007年以来、競技に参加できるように懸命に努力しており、5回のトレーニングセッションに参加し、2009年にWorld Aerobatic Championshipにも参加した。同年10月、スペインマドリッドのCassarubiosで行われたRed Bull Air Race Qualification Campに参加し、スーパーライセンスを獲得し、2010シーズンに参加することができた。 アジウソン・キンドルマンはレッドブル・エアレース・ワールドシリーズのパイロットでは南米初である。

航空会社のパイロットとして11,000時間以上の飛行時間の経験を持つ。曲芸飛行では約700時間の飛行時間の経験を持つ。 19年の曲芸飛行中、ブラジルで300回以上のショーを開催し、180万人を超える観客を魅了した。

サンパウロの田舎で生まれたアジウソンは、15歳で初飛行した。 3年連続で、彼は無制限レベルの競技でブラジルのチャンピオンであり、2001年から2003年のタイトルを獲得した。 もう一つの重要な成果は、ブラジル空軍名誉会員の肩書きであった。

Red Bull Air Race

アジウソンがパイロットでもオーナーでもあるKindlemann Air Racing Teamは、2010年3月27日アブダビレッドブル・エアレースで待望のデビューを果たした。

2010年の事故[編集]

2010年シーズンの第2ラウンド(オーストラリアパース)のトレーニングセッションで、キンデルメルマンの航空機がスワン川に墜落した[1]。 旋回中に機体が停止したことが判明した。 彼は水に触れる前に翼を水平にすることができたが、残念なことに最初の接触の後、航空機は反転した。 アジウソンは無傷で数分で救助された。

キンデルメルマンは、レッドブル・エアレースでクラッシュする最初のパイロットとなった[2]

事件以来、ブラジルのパイロットはスポーツに復帰するために積極的に取り組んできた。 当初、キンデルメルマンは2010年の最後の3レースで欧州の大会に復帰する予定だった。 しかし、レッドブル・エア・レースの委員会と共に、2011年にシリーズは安全確保のためで中断することに決めた。 2014年にシリーズが再開したときに彼は戻ってこなかった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Profile-Adilson Kindlemann Archived 2010年4月2日, at the Wayback Machine.", Red Bull Air Race, Retrieved April 15, 2010
  2. ^ Robinson, Chris (April 15, 2010) "Red Bull pilot Adilson Kindlemann survives Swan River crash " Perth Now, Retrieved May 19, 2010