アジュマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アジュマリン
Ajmaline.svg
IUPAC命名法による物質名
(17R,21β)-ajmalan- 17,21-diol
OR
(1R,9R,10S,13R,14R,16S,18S)- 13-ethyl- 8-methyl- 8,15-diazahexacyclo [14.2.1.01,9.02,7.010,15.012,17] nonadeca- 2(7),3,5-triene- 14,18-diol
臨床データ
AHFS/Drugs.com International Drug Names
識別
CAS番号 4360-12-7 チェック
ATCコード C01BA05
PubChem CID: 20367
DrugBank DB01426 チェック
ChemSpider 10469368 チェック
UNII 1PON08459R チェック
KEGG D00199 ×
ChEMBL CHEMBL1230919 ×
化学的データ
化学式 C20H26N2O2
分子量 326.433 g/mol

アジュマリン(Ajmaline)は、Ia群の抗不整脈薬である。ブルガダ症候群が疑われる患者のST値の上昇を発見するためにしばしば用いられる。

この化合物は1931年にSalimuzzaman Siddiquiによってインドジャボクの根から初めて単離された。彼はこの物質を、南アジアで最も傑出したユナニー医学の実践者の1人であったHakim Ajmal Khanに因んでアジュマリンと命名した[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ahmed Nasim Sandilvi (2003), Salimuzzaman Siddiqui: pioneer of scientific research in Pakistan. Daily Dawn. 12 April 2003. Retrieved on 19 July 2007.