アジ化銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
アジ化銀
組成式 AgN3
式量 149.888 g/mol
形状 無色固体
CAS登録番号 [13863-88-2]
密度 4.42 g/cm3, 固体
水への溶解度 不溶 g/100 mL ( ℃)
融点 250 ℃(爆発)

アジ化銀(アジかぎん、Silver azide)は、化学式 AgN3 で表される銀の窒化物で、銀アジドともいう。窒化銀(ちっかぎん) Ag3N と組成式が似ているため、混同されることがある。いずれも衝撃などが加わると爆発する性質がある。
一時期はアジ化鉛公害問題で使用できなくなったことで代替品として用いられたが、コストが高いため、現在ではジアゾジニトロフェノール (DDNP) への移行が進みあまり使用されなくなっている。


合成法

アジ化ナトリウム硝酸銀から合成される。

\mathrm{NaN_3 + AgNO_3 \longrightarrow AgN_3 + NaNO_3}

関連項目


今日は何の日(10月24日

もっと見る

「アジ化銀」のQ&A