アスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社アスコ
Logo
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
441-8021
愛知県豊橋市白河町100番地
設立 1953年昭和28年)2月11日
業種 卸売業
法人番号 3180301006221
事業内容 動物用医薬品、器具器材、機械設備の販売
代表者 相原 夏実(代表取締役社長
資本金 9,000万円
売上高 251億7,400万円 (2017年11月30日時点)
純利益 4億1,950万8,000円(2018年11月30日時点)[1]
総資産 84億1,996万9,000円(2018年11月30日時点)[1]
従業員数 340名 (2018年2月28日時点)
外部リンク http://www.asco.sala.jp/
テンプレートを表示

株式会社アスコ愛知県豊橋市白河町に本社を置く、動物用医薬品、器具器材、機械設備の販売を行うアニマルヘルスケア企業である。

沿革[編集]

  • 1949年昭和24年)1月 - アスコの起源となる畜産興農社創設 - 愛知県尾張一宮市において会社を創設し、動物用医薬品の販売業務を開始。
  • 1953年(昭和28年)2月 - 豊橋市八町通に株式会社畜産興農社設立 - 地元の畜産、養鶏業者向けの動物用医薬品、飼料添加物などの販売を行い、その後、名古屋浜松沼津静岡などにも営業拠点を広げ、水産向けの医薬品販売も開始した。その後も長野県に配送センター、豊橋市雲谷町に研究所を開設。
  • 1970年(昭和45年)4月 - 株式会社畜産興農社が大和医薬品工業株式会社の経営権を取得 - 動物用飼料添加物などの製造を開始。また、1970年代にはペットフードの取り扱いを開始。
  • 1987年(昭和62年)4月 - ガステックサービス株式会社が畜産興農社および大和医薬品工業に経営参加
  • 2000年平成12年)1月 - 株式会社畜産興農社が株式会社シーケーケー、東幸産業株式会社と合併し、株式会社アスコとなる
  • 2009年(平成21年)11月 - 本社を豊橋市白河町100番地に移転(サーラプラザ豊橋)

概要[編集]

動物用医薬品の提供を通じて社会の一端を担い、産業動物の生産農場や小動物のケアで求められる製品と情報をいち早く届ける全国規模のネットワークを持つ。
”動物たちの健康を通じ、日々の生活にうるおいや喜びをもたらす環境創造に貢献”をモットーとする。

産業動物分野 Live Stock[編集]

食の安全・安心を追求し、選ばれる畜産生産物づくりをバックアップ

良質な畜産生産物づくりには、良質な飼料や医薬品の安全性が欠かせない。
動物用医薬品の適正使用、生産現場の衛生管理など、畜産農家の方々を多角的にバックアップ。食の安全と安心を追求している。
畜産農家にとって望ましい生産環境の構築のサポートを行う。機械、機材など畜舎設備の相談、最新商品情報の質問にも応える。

小動物分野 Companion Animal[編集]

コンパニオンアニマルとオーナーの快適な生活環境づくりをサポート

家族の一員として、共に長い歳月を歩むコンパニオンアニマル。人間と同様、健康管理や高齢化対策などのニーズは年々高まっている。
医薬品、高品質フード(療法食)、ケア用品などの提供を通して、小動物病院の先生・スタッフと共に、コンパニオンアニマルとオーナーの快適な生活環境づくりを支援している。
小動物病院の獣医師には、医療機器、検査機器などの提供を通じて、快適な診療環境を整えるサポートを実施。スタッフ向けには、ペットの栄養に関する情報や新商品の紹介など、院内セミナーも実施している。
急速な進歩を続ける動物医療の動向をリアルタイムにキャッチ、広域多店舗展開のネットワークを生かし、病院のニーズに迅速に応える。

取扱品目[編集]

小動物病院向け

  • 小動物用ワクチン(犬用・猫用)
  • フード(食事療法食・総合栄養食)
  • フィラリア症製剤
  • 栄養補助食品/サプリメント
  • ノミ・ダニ駆虫剤
  • 検査キット/培地
  • 各種小動物医薬品
  • 各種ペットケア製品
  • その他

畜産農家、産業動物獣医師向け

  • 牛・豚・鶏用医薬品
  • 飼料添加物
  • 代謝性用薬
  • 消毒剤
  • 病原性微生物及び寄生虫用薬
  • 検査キット/培地
  • 馬用製品
  • その他

産業動物用 大型機材・機器

  • 環境衛生機材
  • 酪農搾乳システム、ミルキングパーラー
  • 自動給餌機
  • その他 畜産に付随する各種機材・機器

医療用機器・医療用具

  • 高性能診断機器類(血液化学検査装置、超音波診断装置、レントゲン機器 他)
  • 診療施設に付随する各種製品(入院用ゲージ、手術台、体重計 他)
  • 器具・備品類(鉗子、注射器、カテーテル、聴診器 他)
  • 消耗品類・その他(脱脂綿、手術着、カルテ 他)

専門図書・ソフト

  • 獣医師様向け学術専門図書
  • コンパニオンアニマル関連図書・雑誌
  • 産業動物関連図書・雑誌
  • 各種ソフト

カタログ販売

  • 一部製品取扱

脚注[編集]

[ヘルプ]