アスコピロンタウトメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
アスコピロンタウトメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.3.15
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

アスコピロンタウトメラーゼ(Ascopyrone tautomerase、EC 5.3.3.15)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

1,5-アンヒドロ-4-デオキシ-D-グリセロ-ヘキサ-3-エン-2-ウロース\rightleftharpoons1,5-アンヒドロ-4-デオキシ-D-グリセロ-ヘキサ-1-エン-3-ウロース

従って、この酵素の1つの基質は1,5-アンヒドロ-4-デオキシ-D-グリセロ-ヘキサ-3-エン-2-ウロース、1つの生成物は1,5-アンヒドロ-4-デオキシ-D-グリセロ-ヘキサ-1-エン-3-ウロースである。

この酵素は、アンヒドロフルクトース経路に関与している[1]

この酵素は異性化酵素、特にC=C結合の転位に関与する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、1,5-アンヒドロ-4-デオキシ-D-グリセロ-ヘキサ-3-エン-2-ウロース Δ3-Δ1-イソメラーゼ(トランス二重結合形成)である。その他よく用いられる名前にascopyrone isomerase、ascopyrone intramolecular oxidoreductase、1,5-anhydro-D-glycero-hex-3-en-2-ulose tautomerase、APM tautomerase、ascopyrone P tautomerase、APTM等がある。

出典[編集]

  • Yu S, Refdahl C, Lundt I (2004). “Enzymatic description of the anhydrofructose pathway of glycogen degradation; I. Identification and purification of anhydrofructose dehydratase, ascopyrone tautomerase and alpha-1,4-glucan lyase in the fungus Anthracobia melaloma”. Biochim. Biophys. Acta. 1672 (2): 120–9. doi:10.1016/j.bbagen.2004.03.004. PMID 15110094. 
  • Yu S, Fiskesund R (2006). “The anhydrofructose pathway and its possible role in stress response and signaling”. Biochim. Biophys. Acta. 1760 (9): 1314–22. doi:10.1016/j.bbagen.2006.05.007. PMID 16822618.