アスファルト (2015年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アスファルト
Asphalte
監督 サミュエル・ベンシェトリフランス語版
脚本 サミュエル・ベンシェトリ
ガボル・ラソフ
製作 イヴァン・タイエブ
マリー・サヴァレ
ジュリアン・マドン
出演者 イザベル・ユペール
ギュスタヴ・ケルヴェンフランス語版
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
タサディット・マンディフランス語版
ジュール・ベンシェトリフランス語版
マイケル・ピット
音楽 ラファエル
撮影 ピエール・エイムフランス語版
編集 トマ・フェルナンデーズ
製作会社 La Caméra Deluxe
Maje Productions
Single Man Productions 他
配給 フランスの旗 Paradis Films
日本の旗 ミモザフィルムズ
公開 フランスの旗 2015年10月7日
日本の旗 2016年9月3日
上映時間 100分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
アラビア語
テンプレートを表示

アスファルト』(Asphalte、国際版英題: Macadam Stories)は2015年フランスコメディ映画。 監督はサミュエル・ベンシェトリフランス語版、出演はイザベル・ユペールヴァレリア・ブルーニ・テデスキマイケル・ピットなど。 郊外の古い団地を舞台に3組の男女の交流を描いた群像劇第68回カンヌ国際映画祭特別招待作品。

ストーリー[編集]

団地のエレベーターが故障し、住民が費用を出し合って修理をすることになるが、2階に住む冴えない中年男性スタンコヴィッチ(ギュスタヴ・ケルヴェンフランス語版)は費用負担を拒否する。結局、スタンコヴィッチはエレベーターを使用しないという条件で支払いを免除されるが、その直後に怪我で車椅子生活となってしまう。すると、彼は誰にも見られないようにこっそりとエレベーターを使い、深夜に食料を調達するために出かけるものの、その時間では店はすべて閉まっており、病院に設置された菓子の自販機を使うしかない。ところが、そこで夜勤の看護師(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)に見つかった彼は、とっさに自分はロケハン中の写真家であると嘘をついてしまう。彼女に惹かれた彼は、彼女に会うために毎晩、彼女の休憩時間に合わせて車椅子で病院に行くようになる。二人の仲がせばまると、スタンコヴィッチは彼女の写真を撮りたいと提案し、彼女はそれを受け入れる。約束の夜、彼は意を決して病院に向かうが、団地のエレベーターが故障して出られなくなってしまう。必死の彼は何とかエレベーターから脱出し、不自由な足を引きずりながら歩いて病院に向かう。約束の時間はとうに過ぎていたが、彼女が夜勤を終えて帰ろうとしていたところにようやくたどり着いた彼は、自分が写真家ではないことを正直に告白する。

10代の少年シャルリ(ジュール・ベンシェトリフランス語版)は母親と二人暮らしだが、母親は留守がちでいつも一人で過ごしている。そんなある日、隣の部屋に中年女性ジャンヌ・メイヤー(イザベル・ユペール)が越してくる。かつては女優として活躍していた彼女だったが、今は役がつくこともなく、すっかり落ちぶれている。一人でまともに生活できないほどに間が抜けている彼女を見かねたシャルリは、彼女の世話を焼くうちに徐々に親しくなると、彼女が役を得られるように協力するようになる。

宇宙飛行士のジョン・マッケンジー(マイケル・ピット)が乗った帰還用のカプセルが手違いで団地の屋上に不時着する。この非常事態を隠蔽したいNASAは、彼を迎えに行くまでの2日間、その団地の最上階に住むアルジェリア系移民の女性マダム・ハミダ(タサディット・マンディフランス語版)に彼をかくまって欲しいと依頼する。気のいい彼女は彼を得意料理のクスクスで歓待し、今は刑務所にいる息子の部屋や服を貸す。ジョンはフランス語がわからず、マダムは英語がわからないため、二人の会話はちぐはぐなものとなるが、それでも二人は親子のように親しくなって行く。

作品の評価[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 映画『アスファルト』公式サイト”. 2017年11月16日閲覧。