アセロラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アセロラ
アセロラの果実
アセロラの果実

アセロラの果実

分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 core eudicots
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ上群 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : rosid I / Fabidae
: キントラノオ目 Malpighiales
: キントラノオ科 Malpighiaceae
: ヒイラギトラノオ属 Malpighia
: アセロラ Malpighia sp.
学名
Malpighia emarginata DC. あるいは Malpighia glabra L.
シノニム
  • Malpighia emarginata の:
  • Malpighia glabra の:
    • Bunchosia parvifolia S.Watson[1][2]
    • Malpighia biflora Poir.[1][2]
    • Malpighia fallax Salisb.[1][2]
    • Malpighia glabra var. acuminata A. Juss.[1][2]
    • Malpighia glabra var. antillana Urb. & Nied.[1][2]
    • Malpighia glabra var. guatemalensis Nied.[1][2]
    • Malpighia glabra var. lancifolia Nied.[1][2]
    • Malpighia glabra var. undulata (A. Juss.) Nied.[1][2]
    • Malpighia neumanniana A. Juss.[1][2]
    • Malpighia oxycocca var. biflora (Poir.) Nied.[2]
    • Malpighia punicifolia L.
    • Malpighia semeruco A.Juss.[1][2]
    • Malpighia undulata A.Juss.[1][2]
    • Malpighia uniflora Tussac[1][2]
和名
バルバドスザクラ[3]、バルバドスサクラ、バルバドスチェリー[4]
英名
acerola, Barbados cherry
アセロラ (west indian cherry), 生
100 gあたりの栄養価
エネルギー 134 kJ (32 kcal)
7.69 g
食物繊維 1.1 g
0.3 g
飽和脂肪酸 0.068 g
一価不飽和 0.082 g
多価不飽和 0.09 g
0.4 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(5%)
38 μg
チアミン (B1)
(2%)
0.02 mg
リボフラビン (B2)
(5%)
0.06 mg
ナイアシン (B3)
(3%)
0.4 mg
パントテン酸 (B5)
(6%)
0.309 mg
ビタミンB6
(1%)
0.009 mg
葉酸 (B9)
(4%)
14 μg
ビタミンB12
(0%)
0 μg
ビタミンC
(2021%)
1677.6 mg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
7 mg
カリウム
(3%)
146 mg
カルシウム
(1%)
12 mg
マグネシウム
(5%)
18 mg
リン
(2%)
11 mg
鉄分
(2%)
0.2 mg
亜鉛
(1%)
0.1 mg
セレン
(1%)
0.6 μg
他の成分
水分 91.41 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

アセロラ[5]スペイン語: acerola)は、キントラノオ科ヒイラギトラノオ属(Malpighia)の植物のうちの特定の数種またはその果実である。

アセロラ(acerola)という語は中南米スペイン語を経て英語に取り入れられたが、本来はバラ科サンザシ属Crataegus azarolus を指していた[6]

分類[編集]

アセロラの学名とされるのは Malpighia emarginataMalpighia glabra で、Lim (2012) のように両者をシノニムの関係にあるとする文献も存在するが、Hassler (2019) や World Flora Online は両者を別種として扱っている[2]坂﨑 (1998) はアセロラの学名を Malpighia punicifolia とする一方 M. glabraバルバドスチェリーと呼んで区別し、現在栽培されているアセロラの多くが M. glabraM. punicifolia の交雑種とされ、両者の相違点はバルバドスチェリーの10本の雄蕊(おしべ)と3本の花柱の長さが同じであるのに対し M. punicifolia の雄蕊や花柱の長さは不揃いである点としているが、Hassler (2019) や Lim (2012)、World Flora Online は M. punicifoliaM. glabra のシノニムとしている[2]

特徴[編集]

西インド諸島南アメリカ北部から中央アメリカが原産とされる常緑低木で、鮮やかな赤色の果皮のサクランボに似た果実を食用とする。葉は全縁(鋸葉がない)で、長さ10センチメートル程度。果実の形からバルバドスザクラ英語: Barbados cherry バルバドスチェリー)の別名を持つが、アセロラはAPG IVの分類ではキントラノオ目キントラノオ科であり、バラ目バラ科サクラとは分類学的に離れた位置付けとなっている。果実はビタミンCを豊富に含み、清涼飲料水ジャムゼリーなどに加工される。ただし、熟した果実は傷みやすいために一般にはほとんど市販されておらず、加工用には未熟果が用いられる。また、果実は種類によって酸味が強い酸味種と甘みが強い甘味種に分けられる。

日本では1958年沖縄県に導入されて以降、同県で栽培されている。現在、加工品としてはサントリーフーズよりニチレイアセロラドリンクとして販売され、一般に普及している。なお、ブラジルでも飲料にされることも多く、アセロラ自体の風味を強く感じることができる。しかし、日本の関連飲料などはかなり希釈されているため、アセロラ自体の味はあまりしない。

プエルトリコではアセロラは重宝されており、国外に持ち出す場合には特別な手続きが必要である。

諸言語における呼称[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Hassler (2019).
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t World Flora Online, http://www.worldfloraonline.org/, 19 May 2019
  3. ^ a b c d e 熱帯植物研究会 (1996).
  4. ^ 米倉・梶田 (2003-).
  5. ^ 坂﨑 (1998).
  6. ^ 小学館ランダムハウス英和大辞典 第2版 編集委員会 (1994).
  7. ^ a b c d Lim (2012).

参考文献[編集]

英語:

  • Hassler, M. (2019). World Plants: Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World (version Nov 2018). In: Species 2000 & ITIS Catalogue of Life, 2019 Annual Checklist (Roskov Y., Ower G., Orrell T., Nicolson D., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., DeWalt R.E., Decock W., Nieukerken E. van, Zarucchi J., Penev L., eds.). Digital resource at http://www.catalogueoflife.org/annual-checklist/2019 Species 2000: Naturalis, Leiden, the Netherlands. ISSN 2405-884X.
  • Lim, T. K. (2012). Edible Medicinal And Non-Medicinal Plants: Volume 3, Fruits. Springer. pp. 153–9. doi:10.1007/978-94-007-2534-8_20. ISBN 978-94-007-2533-1. NCID BB08085019. https://books.google.co.jp/books?id=uRHwlkQVS2QC&pg=PA153&dq=Malpighia+emarginata+acerola&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjI-JL67KfiAhW3x4sBHYfmCNo4ChDoAQgnMAA#v=onepage&q=Malpighia%20emarginata%20acerola&f=false. 

日本語:

  • 坂﨑, 信之『日本で育つ 熱帯花木植栽事典』アボック社、1998年、884-5頁。
  • 「acerola」 小学館ランダムハウス英和大辞典 第2版 編集委員会 編 (1994).『小学館ランダムハウス英和大辞典 第二版』19頁。4-09-510101-6
  • 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、養賢堂、1996年、第4版、259頁。ISBN 4-924395-03-X。
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2019年5月19日).