アタメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アタメ
¡Átame!
監督 ペドロ・アルモドバル
脚本 ペドロ・アルモドバル
製作 エンリケ・ポスネル
製作総指揮 アグスティン・アルモドバル
出演者 ビクトリア・アブリル
アントニオ・バンデラス
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ
編集 ホセ・サルセド
製作会社 エル・デセオ・プロ
配給 日本の旗 松竹富士
公開 スペインの旗 1990年1月22日
日本の旗 1991年1月26日
上映時間 111分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $4,087,361[1]
テンプレートを表示

アタメ』(原題:¡Átame!)は、1990年制作のスペインロマンティック・コメディ映画ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス出演。

タイトルはスペイン語で「私を縛って」の意味で、日本でのビデオタイトルは『アタメ/私をしばって!』。

あらすじ[編集]

リッキーは3歳で孤児になり、暴力的な性格から精神病院で青春時代を送って来たが、23歳になって退院することになった。リッキーはこれを機にまっとうに生きることを決意する。そして彼は1人の女性に交際するためにアタックしようとする。かつて一夜を共にしたことのある元娼婦で、現在はB級ポルノ女優のマリーナがそれだ。

リッキーは事前に何の連絡もなく彼女の映画の撮影現場に押しかけ、いきなり求愛するが、当然相手にされなかった。するとリッキーは、彼女のアパートに押し入り、ベッドに縛りつけてしまった。

その後リッキーは、外出する時には相変わらず彼女を縛るものの、それ以外は優しく、性的関係も強要しなかった。マリーナはそんなリッキーに次第に奇妙な愛情を覚えていく。そしてある出来事をきっかけに、マリーナはついにその愛を受け入れる決意をする。

キャスト[編集]

受賞[編集]

その他[編集]

アメリカ合衆国での公開の際、MPAAからX指定を受けた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tie Me Up! Tie Me Down! - Box Office Mojo
  2. ^ Atame - El Deseo
  3. ^ Fotogramas de Plata 1991 Awards
  4. ^ Smith, Paul Julian. Desire Unlimited: The Cinema of Pedro Almodóvar, Verso, p.117