アダム・ブクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アダム・ブクサ Football pictogram.svg
BuksaMidnightRidersScarf.jpg
名前
ラテン文字 Adam Buksa
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1996-07-12) 1996年7月12日(24歳)
出身地 クラクフ
身長 191cm
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・レボリューション
ポジション FW
背番号 9
ユース
ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ
ポーランドの旗 フトニク・クラクフ
2010-2013 ポーランドの旗 ガルバルニア・クラクフ
2013 ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ
2013-2014 イタリアの旗 ノヴァーラ・カルチョ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 ポーランドの旗 レヒア・グダニスク 16 (1)
2016-2018 ポーランドの旗 ザグウェンビェ・ルビン 30 (5)
2018 ポーランドの旗 ポゴニ・シュチェチン (loan) 12 (4)
2018-2020 ポーランドの旗 ポゴニ・シュチェチン 40 (18)
2020- アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・レボリューション 2 (1)
代表歴
2013  ポーランド U-17 2 (0)
2013-2014  ポーランド U-18 11 (2)
2014-2015  ポーランド U-18 9 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年10月10日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アダム・ブクサ(Adam Buksa、1996年7月12日 - )は、ポーランド出身のプロサッカー選手。ポジションはFWメジャーリーグサッカーニューイングランド・レボリューション所属。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ヴィスワ・クラクフノヴァーラ・カルチョのアカデミーを経て、2014年にレヒア・グダニスクとプロ契約を結んだ。7月25日のTSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ戦でプロデビューを果たした[1]

2016年からはザグウェンビェ・ルビンでプレーし、2018年1月からは半年間ポゴニ・シュチェチンにレンタルされた。2017-18シーズン終了後、ポゴニ・シュチェチンに完全移籍した。

2019年12月12日、メジャーリーグサッカーのニューイングランド・レボリューションに完全移籍。移籍金はクラブ史上2番目に高い450万ドルと報じられた[2][3]

代表[編集]

各年代でポーランド代表に選出されている。

2017年には母国で開催されるUEFA U-21欧州選手権参加メンバーの一人に選ばれたが、試合には出場しなかった。

2018年11月5日、チェコ代表との親善試合を前にフル代表の初召集を受けた[4]が、出場機会は無かった。

人物[編集]

実弟のアレクサンデルもサッカー選手で、2020年現在ヴィスワ・クラクフに所属している[5].

脚注[編集]

  1. ^ piter (2014年7月25日). “Mają kaca przez Zajaca” (ポーランド語). 2020年3月8日閲覧。
  2. ^ New England Revolution sign Polish striker Adam Buksa as Designated Player” (2020年12月20日). 2020年3月30日閲覧。
  3. ^ Charles Boehm (2019年12月12日). “New England Revolution complete transfer of Polish striker Adam Buksa”. 2020年3月30日閲覧。
  4. ^ (ポーランド語) Powołania na mecze z Czechami i Portugalią, (2018-11-05), https://www.laczynaspilka.pl/reprezentacja/reprezentacja-a/powolania-na-mecze-z-czechami-i-portugalia1 2019年11月9日閲覧。 
  5. ^ Mateusz Miga (2019-08-31) (ポーランド語), Ścigając marzenia i brata. ″Bramki liczcie nam wspólnie″, http://sport.tvp.pl/44177444/bracia-wspolnie-strzelaja-w-ekstraklasie-aleksander-buksa-dogonil-brata-adama 2019年11月9日閲覧。