アッコとマチャミの新型テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アッコとマチャミの新型テレビ
ジャンル トークバラエティ番組
演出 つきざわけんじ(MEN'S)
出演者 和田アキ子
久本雅美
三村マサカズ
島田秀平
西田夏
くまきりあさ美
ポカスカジャン
ナレーター makkie(槇大輔
エンディング 当該節参照
製作
プロデューサー 藤井隆行(福岡放送)
三浦一郎(福岡放送)
曽川修二(ホリプロ)
制作 福岡放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
アッコとマチャミのテレビ
放送期間 2000年10月2日 - 2001年3月25日
放送時間 月曜 24:12 - 24:45
放送枠 ZZZ
放送分 33分
アッコとマチャミの新型テレビ
放送期間 2001年4月2日 - 2005年3月30日
放送時間 当該節参照
テンプレートを表示

アッコとマチャミの新型テレビ』(アッコとマチャミのしんがたテレビ)は、福岡放送(FBS)製作のトークバラエティ番組和田アキ子久本雅美冠番組

2000年10月2日から2001年3月25日まで放送された『アッコとマチャミのテレビ』のリニューアル番組で、本項では同番組についても併記する。

日本テレビ深夜放送枠『ZZZ』の内包番組として放送開始。『ZZZ』終了後も引き続き水曜深夜にて、2005年3月30日まで放送された。

番組名については、単に「テレビ[1][2]、「新型テレビ[2]と表記されることもあった。

概要[編集]

キャッチフレーズは「業界視聴率100%番組」。収録東京都内の芝公園スタジオで行われていた(初期は渋谷ビデオスタジオで収録)。

毎回1人(もしくは1組)の芸能人をゲストに迎え、ゲストの悩みを和田と久本がお笑い人生相談のように訊ねながらトークを繰り広げる「アッコとマチャミのテレビ人生相談」のコーナーを軸にしていた。なお、放送第1回目のゲストは中森明菜で、『新型テレビ』としてリニューアル後初のゲストはビートたけし

トークの途中で三村マサカズらが扮する、テレビの被り物をした「テレビマン」や「テレビちゃん」がアップで登場し、ゲストの裏話を小声で言うミニコーナーがあったが、後期はゲストの担当マネージャーが「テレビマン」「テレビちゃん」に扮することが多かった。

番組のラストでは、ゲストがスタジオセットのねずみ色のにサインを書いて帰るのが恒例になっていた。

番組は当番組以前の「ZZZ」枠でのFBS製作番組と同様、ホリプロが制作を担当していたが、放送枠が火曜の24:20~24:50に移動した際、裏番組に同じホリプロ制作の『さまぁ〜ずと優香の怪しい××貸しちゃうのかよ!!』(テレビ朝日)が放送されていた為、「テレビマン」として出演していた三村が降板し、スタッフロールからホリプロのクレジットが非表示とされていた。放送枠が水曜に移った際に元通りクレジット表記された。

『テレビ』『新型テレビ』併せて4年半放送されたが、『ZZZ』以来の日本テレビ系列地方局製作枠が無くなったことで終了。番組終了後は、同じく和田と久本を司会に起用したFBS製作の特別番組が、毎年1月と8月に日本テレビ系全国ネットで放送されていた。

コーナー[編集]

アッコ・マチャミの「初体験します」
和田と久本が、テレビマンから紹介される発売されたばかりの珍しい菓子などを試食するコーナー。テレビマンが2人にヒントを出すのが恒例になっていた。派生版として、和田と久本が街へ繰り出し、一般市民の生活を体験する企画を行ったこともある。
アッコとマチャミのテレビ人生相談
ゲストが自分の3つの悩みをフリップに書き出して紹介した後、それらを基にトークをするコーナー。このコーナーで使われたフリップは「世界に1枚」という事をウリに、毎週1名の視聴者にプレゼントされていた。
ポカスカジャン脱線音楽
ポカスカジャンのメンバーが各回のゲストをネタにしたシュールな替え歌を披露するコーナーで、原曲のサビ部分を主に使用。番組の冒頭あるいは途中で、何の前振りも無しに行われていた。
つけとどけ
ゲストが持参してきた土産物を試食するコーナー。「テレビちゃん」がスタジオに登場し、和田・久本・ゲストに土産を配る。

放送時間[編集]

いずれもJST

アッコとマチャミのテレビ[編集]

  • 月曜 24:12 - 24:45 (『ZZZ』月曜第2部、2000年10月 - 2001年3月)

アッコとマチャミの新型テレビ[編集]

  • 月曜 24:12 - 24:45 (『ZZZ』月曜第2部、2001年4月 - 2002年3月)
  • 月曜 24:25 - 24:55 (『ZZZ』月曜第2部、2002年4月 - 2002年9月)
  • 火曜 24:20 - 24:50 (『ZZZ』火曜第1部、2002年10月 - 2003年3月)
  • 水曜 24:28 - 24:58 (2003年4月 - 2003年9月)
  • 水曜 24:23 - 24:53 (2003年10月 - 2004年3月)
  • 水曜 24:10 - 24:40 (2004年4月 - 2004年9月)
  • 水曜 24:20 - 24:50 (2004年10月 - 2005年3月)

出演者[編集]

司会[編集]

テレビマン[編集]

テレビちゃん[編集]

  • 西田夏
  • くまきりあさ美
  • くまきりの降板後は、ゲスト出演者のマネージャーがテレビちゃんの格好で登場するようになった。

ポカスカジャン脱線音楽[編集]

準レギュラー[編集]

番組企画[編集]

和田と久本はこの番組で音楽ユニット「ババロア@」を結成し、CD『たまたまねぎねぎ〜たまねぎが教えてくれたこと〜』をリリースした。

エンディングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

  • イラスト:安斎肇2003年4月以降)
  • 美声(ナレーション):makkie(初期は槇大輔と表記)
  • 構成(初期のみ):福原フトシ川野将一
  • TD:松嶋賢一(初期)→ 坂牧昭夫(中期以降)
  • カメラ:安藝孝仁・小松忠信(初期)→ 石田和良・藤本茂樹・風間誠(中期以降)/黒崎修一(ロケ企画のみ)
  • VE(映像調整):高垣俊宏・松田年世(初期)→ 山本豪雄(中期以降)/小野寺和則(ロケ企画のみ)
  • VTR(初期のみ):山本米勝・橋本公男
  • MIX(音声):竹山裕隆・渡辺利実(初期)→ 大熊一幸(中期以降)/佐藤直樹、大村賢之(ロケ企画のみ)
  • LD(照明):出口勉・萩原文彦(初期)→ 井町成宏(中期以降)
  • 編集:島田一浩(PIPE DOG・初回~最終回)・八木幹治(初期~中期)
  • MA:石井勇人(初期~中期)・丸山秀樹(中期以降)
  • 音効:たかしましんたろう(初期は高島慎太郎と表記)
  • デザイン:ねもとまさ乙
  • 美術制作:福島禎之
  • メイク:平本由起子
  • 技術協力:テクノマックス(中期以降)、渋谷ビデオスタジオ(初期)、アットマーク(初期はプライムシステムと表記)、メディアハウス(初期)、ワークビジョン(ロケ企画のみ)
  • 美術協力:CAVIN
  • 広報:浦田奈緒美・小松裕子 → 八尋敏光、伊藤昭彦(全員FBS)
  • AP:槙哲也(ホリプロ・初期)、堤智志(ホリプロ・中期以降)、今泉暢子(MEN'S)
  • ディレクター:川上敏哉(FBS)
  • プロデューサー:藤井隆行(FBS)、三浦一郎(FBS・初期はAP)、曽川修二(ホリプロ)
  • 制作:井上正之(FBS)
  • 演出:つきざわけんじ(MEN'S)
  • 演出協力:MEN'S
  • 制作協力:HORiPRO
  • 製作著作:FBS福岡放送

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2001年2月当時のFBSホームページ内番組情報リスト - インターネットアーカイブ2001年2月10日付保存キャッシュより。『ZZZ 「テレビ」』と明記(ZZZ…『アッコとマチャミのテレビ』を放送していた番組枠)。
  2. ^ a b 放送当時、新聞各紙に掲載された番組表(参考;『ザ・テレビ欄 II』P157掲載2000年10月9日付番組表・P166掲載2001年4月9日付番組表)。

参考資料[編集]

  • ザ・テレビ欄II 1991〜2005(2009年、TOブックス)ISBN 4904376080
福岡放送 月曜24:12枠(『ZZZ』月曜第2部)
前番組 番組名 次番組
あけすけ
(24:12 - 24:47)
アッコとマチャミのテレビ
(2000年10月 - 2001年3月)
アッコとマチャミの新型テレビ
(24:12 - 24:45)
福岡放送 月曜24:12枠 → 月曜24:25枠(『ZZZ』月曜第2部)
アッコとマチャミのテレビ
(24:12 - 24:45)
アッコとマチャミの新型テレビ
(2001年4月 - 2002年9月)
爆笑問題のススメ
(24:20 - 24:50)
福岡放送 火曜24:20枠(『ZZZ』火曜第1部)
アッコとマチャミの新型テレビ
(2002年10月 - 2003年3月)
ルートf
(24:28 - 24:58)
福岡放送 水曜24:28枠 → 水曜24:20枠
松本紳助
(24:20 - 24:50)
アッコとマチャミの新型テレビ
(2003年4月 - 2005年3月)
(秘)ひらめ筋
(24:20 - 24:50)