アデル・エグザルホプロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アデル・エグザルホプロス
Adèle Exarchopoulos
Adèle Exarchopoulos
2014年度「リュミエール賞」にて
生年月日 (1993-11-22) 1993年11月22日(26歳)
出身地 フランスの旗 フランスパリ
民族 ギリシャ系[1]
職業 女優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 2005年 -
テンプレートを表示

アデル・エグザルホプロス (Adèle Exarchopoulos、1993年11月22日 - ) は、フランス女優。19歳でパルム・ドールを受賞した。エグザルコプロスとも表記。

来歴[編集]

パリ19区でギター教師の父と看護師の母の間に生まれる。9歳から演技教室に通い、中編『Martha』に出演した2005年まで続いた。2006年、エージェントに目を留められフランスのドラマ『R.I.S Police scientifique』でテレビに初出演。2007年にはジェーン・バーキンが監督した『Boxes』で初めて長編映画に出演した[2]

その後も映画への出演を続け、2013年の第66回カンヌ国際映画祭ではジュリー・マロによるグラフィック・ノベル『ブルーは熱い色フランス語版』を原作とする映画『アデル、ブルーは熱い色』(日本ではR18+にて公開)で監督のアブデラティフ・ケシシュ、共演のレア・セドゥとともに同映画祭の最高賞であるパルム・ドールを受賞した[3]

ミュウミュウの2014年クルーズコレクションのCMビジュアルに起用されている。

フィルモグラフィ[編集]

作品名 役名 備考
2007
Boxes
Lilli ジェーン・バーキン監督作品
2008
Les enfants de Timpelbach
Marianne
2010 黄色い星の子供たち
La rafle.
Anna Traube

Tete de turc
Nina
2011
Chez Gino
Maria Roma
カレ・ブラン
Carre blanc
Marie (young)
2013 エレルのすべて
Des morceaux de moi
エレル TV5MONDEで放映

I Used to Be Darker
Camille
アデル、ブルーは熱い色
La vie d'Adele : Chapitres 1 et 2
アデル
2014
Qui vive
Jenny
2015 アナーキスト 愛と革命の時代
Les Anarchistes
ジュディット [4]
2016 愛の監獄
Eperdument
アンナ・アマリ 日本劇場未公開
ラスト・フェイス
The Last Face
エレン 日本劇場未公開
2017 ビヨンド・ザ・スピード
Le Fidele
ビビ(ベネディクト)・デラニー WOWOWで放映
2018 ホワイト・クロウ 伝説のダンサー
The White Crow
クララ・サン
2019 愛欲のセラピー
Sibyl
マルゴ 日本劇場未公開

参考文献[編集]