アトムキャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アトムキャット』は、1986年(昭和61年)7月から1987年(昭和62年)2月に「ニコニココミック」(世界文化社)において連載された手塚治虫漫画作品。

実際のタイトルは「ア・トムキャット」(アとトの間に中黒が入っている)。

概要[編集]

「『鉄腕アトム』のリメイク」との意気込みで、晩年の手塚がとりくんだ児童向けギャグ漫画。

連載期間が半年と短いが、これは作者の執筆当時の体調のためでなく、掲載誌が休刊に追い込まれたことによる。

デジタルマガジン社は2012年に英語版出版のため、本作と『海のトリトン』『ユニコ』を合わせ1500ページの作品としてクラウドファンディングで資金調達を行ったが、751人のサポーターが付き、目標額の241%となる49411ドルの調達に成功した[1]

あらすじ[編集]

仔猫のアトムは、いじめられっ子のつぎお君に拾われるが、粗相を繰り返して、また捨てられそうになる。その道中でつぎお君とともに交通事故に遭い、危うく死にかけるが、事故を起こしたのは、宇宙人の夫婦「チャールズ」と「ダイアナ」だった。そして良心をさいなまれた宇宙人の勘違い(つぎお君の記憶していた漫画と猫のアトムを一緒にしてしまった)から、猫のアトムは、作中世界に存在する往年の人気漫画『鉄腕アトム』の主人公・アトムとしてサイボーグ手術をほどこされ、光子力がエネルギー源のスーパーキャットとしてよみがえるのだった。

掲載リスト[編集]

  1. アトムキャット誕生
  2. アトムの初恋
  3. 悪霊ネコ・メフィスト
  4. 親のいないアトム
  5. 海賊の宝物
  6. 絵をかくアトム
  7. ネコのミイラ

単行本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 板越ジョージ 「クラウドファンディングに未来を見る」『結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか?』 ディスカヴァー・トゥエンティワン2013年