アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アトランティック・アベニュー
-バークレイズ・センター駅
Atlantic Avenue–Barclays Center
NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-5.svg NYCS-bull-trans-B.svg NYCS-bull-trans-D.svg NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-Q.svg NYCS-bull-trans-R.svg NYCS-bull-trans-W.svg
ニューヨーク市地下鉄乗換駅
Barclays Center entrance vc.jpg
バークレイズ・センター側入口
駅情報
住所 Atlantic Avenue, Pacific Street,
Flatbush Avenue & Fourth Avenue
Brooklyn, NY 11217
ブルックリン区
地区 ダウンタウン・ブルックリン
座標 北緯40度41分04秒 西経73度58分44秒 / 北緯40.684462度 西経73.978758度 / 40.684462; -73.978758座標: 北緯40度41分04秒 西経73度58分44秒 / 北緯40.684462度 西経73.978758度 / 40.684462; -73.978758
ディビジョン AディビジョンIRT)、BディビジョンBMT
路線 BMT4番街線
BMTブライトン線
IRTイースタン・パークウェイ線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      3 Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      4 Stops all times (終日)
      5 Stops weekdays only (平日20時45分まで)
      B Stops weekdays only (平日23時まで)
      D Stops all times (終日)
      N Stops all times (終日)
      Q Stops all times (終日)
      R Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      W Stops rush hours only (ラッシュ時)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: B37, B41, B45, B63, B67
バスによる輸送 MTAバス: B103
Railway transportation ロングアイランド鉄道: シティターミナルゾーンアトランティック・ターミナル駅で乗換)
駅階数 3層
その他の情報
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2014)複合駅全体で13,617,153[1]増加 3.8%
順位 21位(421駅中)

Atlantic Avenue Control House
座標 北緯40度41分04秒 西経73度58分44秒 / 北緯40.6845度 西経73.9788度 / 40.6845; -73.9788
複合資産 Interborough Rapid Transit Subway Control Houses TR
NRHP登録番号 80002643[2]
NRHP指定日 1980年5月6日
Atlantic Avenue Subway Station (IRT and BMT)
座標 北緯40度41分04秒 西経73度58分44秒 / 北緯40.6845度 西経73.9788度 / 40.6845; -73.9788
複合資産 New York City Subway System MPS
NRHP登録番号 04001023[2]
NRHP指定日 2004年9月17日

アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅(Atlantics Avenue–Barclays Center)はブルックリン区中心部にあるニューヨーク市地下鉄の駅であり、アトランティック・アベニュー、フラットバッシュ・アベニュー、4番街、パシフィック・ストリートの4本の通りに囲まれている。BMTブライトン線BMT4番街線IRTイースタン・パークウェイ線の乗り換え駅で、次の10系統が乗り入れている。

13系統が乗り入れるタイムズ・スクエア-42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅 に次いで大きな乗り換え駅である。

2015年には1361万7153人が利用し、ブルックリン区内で最も繁忙な駅であり、ニューヨーク市地下鉄全体でも21位の利用者数である[1] 。指令所は1980年[3]、複合駅全体としても2004年[3]アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されており、障害を持つアメリカ人法に準拠した障害者対応駅でもある。

歴史[編集]

1970年代末に構造や外観の修繕が行われた。壁タイルは修復され、古い看板や白熱灯は現代的なものに取り換えられた。また、階段やホームの角も修繕された[要出典]パシフィック・ストリート駅部分は1999年から2000年にかけて大がかりな修繕が行われた。この際に装飾が修復され、障害を持つアメリカ人法(ADA)への対応が図られた。MTAは階段の修繕や壁および床タイルの張り直し、照明および放送システムの更新を行った。また、プラットホーム端には ADA 対応の黄色い安全帯が施され、緩行線および急行線の枕木(駅に進入する部分)も新しいものに交換された。2004年末には、車椅子利用者に対応するため、ホームと地上を結ぶエレベーターがホーム両端に設けられた。

2009年6月に、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)はこの駅の命名権をフォレスト・シティ・ラトナー・カンパニーズに20年間・毎年20万ドルで売却した。バークレイズ・センターはフォレスト・シティ・ラトナー・カンパニーズのアトランティック・ヤード再開発プロジェクトの一部として2012年9月に開業予定で、命名権はバークレイズが購入していた。このため、駅名は2012年5月にアトランティック・アベニュー / パシフィック・ストリート駅からアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅に改称された。また、これに合わせて複合スポーツ施設の近くに新しいメザニンと料金管理エリアが設けられた[4][5]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
改札、駅員詰所、メトロカード自動券売機、LIRR乗車券売り場
バリアフリー・アクセス (以下にエレベータあり
バークレイズ・センター
アトランティック・ターミナル・ショッピングセンターへの連絡通路
B1
イースタン・パークウェイ線ホーム
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
北行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg ウェイクフィールド-241丁目駅行きネヴィンズ・ストリート駅
NYCS-bull-trans-3.svg ハーレム-148丁目駅行き(ネヴィンズ・ストリート駅)
NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯:ウッドローン駅行き(ネヴィンズ・ストリート駅)
北行急行線 NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯以外:ウッドローン駅行き(ネヴィンズ・ストリート駅)
NYCS-bull-trans-5.svg 平日:イーストチェスター-ダイアー・アベニュー駅行き(ネヴィンズ・ストリート駅)
NYCS-bull-trans-5.svg 夕ラッシュ時:ネレイド・アベニュー駅行き(ネヴィンズ・ストリート駅)
島式ホーム、左側ドアが開く バリアフリー・アクセス
南行急行線 NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯以外:クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅行きフランクリン・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-5.svg 平日:フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行き(フランクリン・アベニュー駅)
南行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きバーゲン・ストリート駅
NYCS-bull-trans-3.svg ニューロッツ・アベニュー駅行き(バーゲン・ストリート駅)
NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯:ニューロッツ・アベニュー駅行き(バーゲン・ストリート駅)
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
B1
LIRRホーム
1番線 アトランティック支線 ロングアイランド方面行き(ノストランド・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く(ホームA)バリアフリー・アクセス
2番線 アトランティック支線 ロングアイランド方面行き(ノストランド・アベニュー駅)
3番線 アトランティック支線 ロングアイランド方面行き(ノストランド・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く(ホームB)バリアフリー・アクセス
4番線 アトランティック支線 ロングアイランド方面行き(ノストランド・アベニュー駅)
5番線 アトランティック支線 ロングアイランド方面行き(ノストランド・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く(ホームC)バリアフリー・アクセス
6番線 アトランティック支線 ロングアイランド方面行き(ノストランド・アベニュー駅)
B2 中間階 ホーム間連絡通路
B3
ブライトン線ホーム
北行線 NYCS-bull-trans-B.svg ラッシュ時:ベッドフォード・パーク・ブールバード駅行きディカルブ・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-B.svg 平日:145丁目駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-Q.svg 96丁目駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
島式ホーム、左側ドアが開く バリアフリー・アクセス
南行線 NYCS-bull-trans-B.svg ブライトン・ビーチ駅行き7番街駅
NYCS-bull-trans-Q.svg ブライトン線経由スティルウェル・アベニュー駅行き(7番街駅)
B3
4番街線ホーム
北行緩行線 NYCS-bull-trans-D.svg 深夜帯:ノーウッド-205丁目駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-N.svg 深夜帯:アストリア-ディトマース・ブールバード駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-R.svg フォレスト・ヒルズ-71番街駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-R.svg 深夜帯:ホワイトホール・ストリート駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-W.svg ラッシュ時:アストリア-ディトマース・ブールバード駅行き(ディカルブ・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く バリアフリー・アクセス
北行急行線 NYCS-bull-trans-D.svg 深夜帯以外:ノーウッド-205丁目駅行きグランド・ストリート駅
NYCS-bull-trans-N.svg 深夜帯以外:アストリア-ディトマース・ブールバード駅行きキャナル・ストリート駅
南行急行線 NYCS-bull-trans-D.svg 深夜帯以外:ウェスト・エンド線経由スティルウェル・アベニュー駅行き36丁目駅
NYCS-bull-trans-N.svg 深夜帯以外:シー・ビーチ線経由スティルウェル・アベニュー駅行き(36丁目駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く バリアフリー・アクセス
南行緩行線 NYCS-bull-trans-D.svg 深夜帯:ウェスト・エンド線経由スティルウェル・アベニュー駅行きユニオン・ストリート駅
NYCS-bull-trans-N.svg 深夜帯:シー・ビーチ線経由スティルウェル・アベニュー駅行き(ユニオン・ストリート駅)
NYCS-bull-trans-R.svg ベイ・リッジ-95丁目駅行き(ユニオン・ストリート駅)
NYCS-bull-trans-W.svg ラッシュ時:グレーブセンド-86丁目駅行き(ユニオン・ストリート駅)

IRTイースタン・パークウェイ線[編集]

アトランティック・アベニュー
-バークレイズ・センター駅
Atlantic Avenue–Barclays Center
NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-5.svg
ニューヨーク市地下鉄
Atlantic Avenue (IRT Local platform).JPG
南行き各駅停車ホーム
駅情報
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTイースタン・パークウェイ線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      3 Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      4 Stops all times (終日)
      5 Stops weekdays only (平日20時45分まで)
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面(各駅停車用)
島式ホーム 1面(急行用)
線路数 4線
その他の情報
開業日 1908年5月1日(111年前) (1908-05-01
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
旧駅名/名称 アトランティック・アベニュー駅
Atlantic Avenue
次の停車駅
北側の隣駅 ネヴィンズ・ストリート駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights 4 Stops all times 5 Stops weekdays only
南側の隣駅 バーゲン・ストリート駅 (各駅停車): 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights 4 Stops late nights only
フランクリン・アベニュー駅 (急行): 4 Stops all times except late nights 5 Stops weekdays only


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス ボロー・ホール駅 (各駅停車): 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights
ボロー・ホール駅 (急行): 4 Stops all times 5 Stops weekdays only(北行きのみ)
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス チャーチ・アベニュー駅 (ノストランド・アベニュー線経由): 2 Stops all times 5 Stops weekdays only
クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅 (イースタン・パークウェイ線経由): 2 Stops rush hours only 3 Stops all times except late nights 4 Stops all times 5 Stops rush hours only

IRTイースタン・パークウェイ線アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅(開業時はアトランティック・アベニュー駅)は3面4線(島式ホーム 1面、相対式ホーム 2面)を有する急行停車駅である。中央のホームには、以前運行されていたラッシュ時以外の短区間列車のための古い次列車接近表示器が2つ残っている。ブルックリン・アカデミー・オブ・ニュージックへの古い様式の看板も残っている。また、波型の壁にほとんど遮られてはいるものの、ロングアイランド鉄道アトランティック支線への連絡線が北行き緩行線の北端に残されているのを見ることができる。ロングアイランド鉄道アトランティック・ターミナル駅のホームはイースタン・パークウェイ線よりもやや低いところにあり、こちらははっきり見ることができる。

この駅は、もともと1908年の開業時にはイースタン・パークウェイ線の終端駅であり、南端が繋がった3面2線の頭端式ホームであった。その後、北行き緩行線の路盤整備と線路の溶接の再施工など全面的な改装工事が行われて現在の構造になった。

ホームの下を通る連絡通路で南西のBMT4番街線および北東のBMTブライトン線に行くことができる。また、駅の南端にはブライトン線への連絡通路がもう1本あり、バークレイズ・センターのすぐそばに出ることができる。バークレイズ・センター出口にはアリーナでのイベント開催時のみ係員が置かれる窓口と、2本のエスカレーターが設けられている。

当駅は車椅子対応ではあるが、急行線ホームには車椅子で通るには狭すぎる部分もいくらか残っており、列車接近時には注意を促す放送が入るようになっている。また、ホーム上の階段は、車椅子が両脇を通れるよう、改装時に幅が狭められた。

この駅の北側には、南行き緩行線から分岐して4番街の下を通る計画路線(後にBMT4番街線として建設された)に向かう未使用の路盤がある。これはマンハッタン方面行き急行線と合流して、ネヴィンズ・ストリート駅構内の急行線の間にある車止めまで延びている。

この駅は、両サイドに各駅停車用の相対式ホーム、中央に急行用の島式ホームを配した構造になっているが、このような構造としたのは当駅がアトランティック・ターミナル駅との接続駅であるためで、各駅停車と急行の乗り換えを隣のネヴィンズ・アベニュー駅(対面乗り換えが可能な島式ホーム2面構造)に誘導することにより極端な混雑を抑制するのが狙いである。なお、同様の構造の急行停車駅は他に34丁目-ペン・ステーション駅(IND8番街線IRTブロードウェイ-7番街線の2駅とも)がある。

BMT4番街線[編集]

アトランティック・アベニュー
-バークレイズ・センター駅
Atlantic Avenue–Barclays Center
NYCS-bull-trans-D.svg NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-R.svg NYCS-bull-trans-W.svg
ニューヨーク市地下鉄
Atlantic Ave-Barclays Center BMT Northbound Platform.jpg
マンハッタン方面ホーム
駅情報
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMT4番街線
運行系統       D Stops all times (終日)
      N Stops all times (終日)
      R Stops all times (終日)
      W Stops rush hours only (ラッシュ時)
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 2面
対面乗り換え
線路数 4線
その他の情報
開業日 1915年6月22日(103年前) (1915-06-22[6]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
旧駅名/名称 アトランティック・アベニュー-パシフィック・ストリート駅
Atlantic Avenue–Pacific Street
パシフィック・ストリート駅
Pacific Street
次の停車駅
北側の隣駅 ディカルブ・アベニュー駅 (各駅停車): D Stops late nights only N Stops late nights only R Stops all times W Stops rush hours only
キャナル・ストリート駅 (急行・ブロードウェイ線経由): N Stops all times except late nights
グランド・ストリート駅 (急行・6番街線経由): D Stops all times except late nights
南側の隣駅 ユニオン・ストリート駅 (各駅停車): D Stops late nights only N Stops late nights only R Stops all times W Stops rush hours only
36丁目駅 (急行): D Stops all times except late nights N Stops all times except late nights


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス ディカルブ・アベニュー駅 (各駅停車): D Stops late nights only N Stops late nights only R Stops all times W Stops rush hours only
14丁目-ユニオン・スクエア駅 (急行・ブロードウェイ線経由): N Stops all times except late nights
ブロードウェイ-ラファイエット・ストリート駅 (急行・6番街線経由): D Stops all times except late nights
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅 (シー・ビーチ線経由): N Stops all times
ベイ・パークウェイ駅 (ウェスト・エンド線経由): D Stops all times
終点: R Stops all times except late nights

BMT4番街線アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅(開業時はパシフィック・ストリート駅、その後アトランティック・アベニュー-パシフィック・ストリート駅に改称)は島式ホーム2面4線を有する急行停車駅で、1915年6月22日に開業した[6]

ホーム北端に階段2本とエレベーター1基が設けられている。改札口の先にはパシフィック・ストリートの北角に出る階段と4番街の北角に出る階段があり、北東角にはメザニンに降りるエレベーターが1基ある。また、連絡通路で複合駅内の各駅と繋がっている。2面のホームは壁で隔てられている。

BMTブライトン線[編集]

アトランティック・アベニュー
-バークレイズ・センター駅
Atlantic Avenue–Barclays Center
NYCS-bull-trans-B.svg NYCS-bull-trans-Q.svg
ニューヨーク市地下鉄
Atlantic Avenue - Barclays Center (B-Q Platform).JPG
入線するマンハッタン方面行き NYCS-bull-trans-B.svg系統のR68形電車
駅情報
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTブライトン線
運行系統       B Stops weekdays only (平日23時まで)
      Q Stops all times (終日)
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1920年8月1日(98年前) (1920-08-01
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
旧駅名/名称 アトランティック・アベニュー駅
Atlantic Avenue
次の停車駅
北側の隣駅 ディカルブ・アベニュー駅: B Stops weekdays only Q Stops all times
南側の隣駅 7番街駅: B Stops weekdays only Q Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス ディカルブ・アベニュー駅: B Stops weekdays only Q Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス プロスペクト・パーク駅: B Stops weekdays only Q Stops all times

BMTブライトン線アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅(開業時はアトランティック・アベニュー駅)は島式ホーム1面2線の駅である。階段が7か所あり、3か所はホームからメイン・メザニンに向かうもの、2か所はホーム北端からハンソン・プレイス出口(乗り換えができないメザニンに向かうエスカレーターが1本ある)、2本はホーム南端からバークレイズ・センター出口とIRTイースタン・パークウェイ線のメザニンに向かうものである。バークレイズ・センター出口にはアリーナでのイベント開催時のみ係員が置かれる窓口と、2本のエスカレーターが設けられている。

ハンソン・プレイスへの階段を上がるとウィリアムズバーグ貯蓄銀行に出る。以前はハンソン・プレイス出口にも窓口があり、下層階の通路からホームに行くことができたが、現在は窓口は撤去され通路も埋められており、「ハンソン・プレイスへ("To Hanson Place")」という案内板は覆いがかけられている。この部分は、MTA 職員用通路として使われている。

メイン・メザニンにはロングアイランド鉄道アトランティック・ターミナル駅への他社線連絡通路とIRTイースタン・パークウェイ線側に終日利用可能な改札がある。アトランティック・ターミナル・モールに向かう階段が2本あり、以前はその2本の間にもう1本階段があった。北側の階段は改修工事の際に増設され、他の2本は「階段の間に最低91センチメートル (36 in)のクリアランスを設ける」というADAのガイドラインに合わせて幅が詰められた

ホームが延長されたことは、ホームの南端を見れば明らかである。北行きホームの壁には駅名標と"A"をモチーフにした装飾のレプリカが飾られ、一方で南行きホームの壁ではそれらの周囲がタイル張りになっていた。南行きホームの延長部分の壁にも同様のレプリカが取り付けられている。1960年代に10両編成に対応するためにホームを拡張した部分は改装前にはただの緑一色の壁で、モザイクはなかった。

駅の北側にはベルマウス(トンネル内径が徐々に広がっている部分)があり、マンハッタン方面行きの列車から見ることができる[7]。このベルマウスは、既に廃止になったBMTフルトン・ストリート高架線と接続するために計画されていたアッシュランド・プレイス連絡線のためのものである。

BMT5番街線(廃止)[編集]

アトランティック・アベニュー駅(廃止)
Atlantic Avenue
ニューヨーク市地下鉄
NYCS IRT EasternPkwy AtlanticAve.jpg
5番街線の駅。現在の駅舎の右上方にあった。
駅情報
住所 Fifth Avenue and St. Marks Place
Brooklyn, New York
ブルックリン区
運行系統 BMT5番街線
BMTカルバー線
構造 高架駅
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1888年11月5日(130年前) (1888-11-05
廃駅日 1940年5月31日(78年前) (1940-05-31
次の停車駅
北側の隣駅 フルトン・ストリート駅
南側の隣駅 セント・マークス・アベニュー駅

BMT5番街線アトランティック・アベニュー駅島式ホーム1面2線の高架駅で、BMTカルバー線BMT5番街線が乗り入れていた。駅はフラットバッシュ・アベニュー-アトランティック・アベニュー交差点付近、現在の駅舎の右上方にあったが、既に取り壊されている。セント・ジョンズ・プレイス線英語版フラットバッシュ・アベニュー線英語版3番街線英語版7番街線英語版も乗り入れていた。

北隣はフルトン・ストリート駅、南隣はセント・マークス・アベニュー駅であった。1923年6月25日には65丁目ターミナル駅からの2両編成列車が脱線してフラットバッシュ・アベニューに転落する事故が起き、乗客8人が死亡、多数が負傷した[8][9]。その後、地下鉄の利用者が高架線の利用者を上回ったため、1940年5月31日に廃止された。

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2015年4月25日閲覧。
  2. ^ a b NPS Focus”. National Register of Historic Places. National Park Service. 2012年1月25日閲覧。
  3. ^ a b National Register of Historical Places - NEW YORK (NY), Kings County”. nationalregisterofhistoricplaces.com. 2015年4月7日閲覧。
  4. ^ McShane, Larry (2009年6月24日). “MTA signs off on sweet Atlantic Yards deal Bruce Ratner: Money down drops from $100M to $20M”. Daily News. http://www.nydailynews.com/news/2009/06/24/2009-06-24_mta_signs_off_on_sweet_atlantic_yards_deal_.html 2009年6月25日閲覧。 
  5. ^ Grynbaum, Michael M. (2009年6月23日). “M.T.A. Sells Naming Rights to Subway Station”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/06/24/nyregion/24naming.html?ref=todayspaper 2009年6月25日閲覧。 
  6. ^ a b Through Tube to Coney, 48 Minutes: First Train on Fourth Avenue Route Beats West End Line Eleven Minutes”. http://bklyn.newspapers.com. Brooklyn Daily Eagle (1915年6月22日). 2015年6月29日閲覧。
  7. ^ http://www.youtube.com/watch?v=JR6b5KhAtFA&feature=related The provision of the never-built connection north of Atlantic Avenue can be seen towards the right, at the 1:13 mark in the video.
  8. ^ Under the Sidewalks of New York The Story of the Greatest Subway System By Brian J. Cudahy
  9. ^ The Forgotten Brooklyn Elevated Train Crash Of 1923”. Stuff Nobody Cares About. Forgotten New York (2012年6月25日). 2015年3月28日閲覧。

関連書籍[編集]