アトランティック・サウスイースト航空529便不時着事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アトランティック・サウスイースト航空 529便
Embraer EMB-120RT Brasilia, ASA - Atlantic Southeast Airlines AN0215776.jpg
同型機のEMB 120
出来事の概要
日付 1995年8月21日
概要 プロペラの点検ミスによるエンジン破損
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州
乗客数 26
乗員数 3
負傷者数
(死者除く)
20
死者数 9
生存者数 20
機種 エンブラエル EMB 120
運用者 アメリカ合衆国の旗 アトランティック・サウスイースト航空
機体記号 N256AS
テンプレートを表示

アトランティック・サウスイースト航空529便不時着事故(アトランティック サウスイーストこうくう529びんふじちゃくじこ)とは、1995年8月21日アメリカ合衆国ジョージア州で発生した航空事故である。飛行中にプロペラ機の左エンジンが爆発、不時着後の火災により死傷者が出た。

事故概要[編集]

この日、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港ガルフポート・ビロキシ空港ミシシッピ州)行きASA529便(運航機材:エンブラエル EMB 120、機体番号:N256AS)は、乗員3人、乗客26人の計29人を乗せ離陸した。離陸から約20分後に高度18,000 フィート (5,500 m)まで上昇したところで衝撃と共に左エンジンが爆発した。機長らは近くの空港にダイバートしようとしたが、エンジンカウルの損傷による空気抵抗の増大により高度が下がり続け、空港にたどり着くことが出来ずに、ジョージア州西部の牧場に不時着した。

機体は木々に衝突しながら不時着し、着地時に左主翼が脱落して胴体部分は前後に分断した。不時着直後は、機長は頭を打って意識を失っていたものの、乗員乗客全員が生存していた。しかし直後の火災により機長と乗客4人が死亡した。事故発生から1か月の間に3人が死亡し、さらにその4か月後に1人が死亡し、最終的に9人が死亡して20人が重軽傷を負った。

事故原因[編集]

事故機はエンジン整備の際にプロペラ(Hamilton Standard製)内のウエイト交換を行っていたが、不適切な物が使用されたために、プロペラにひびが発生した。このひびは、飛行を繰り返すうちに金属疲労で拡大し、529便のフライト中に強度が限界に達しプロペラが折損、その破片によりエンジンも大破した。

通常、エンジンが停止した場合はプロペラをフェザリング(風とブレード面をほぼ平行にして固定すること)して空気抵抗を最小限にすることにより高度を維持できるが、プロペラ折損とともにエンジンカウルも大きく損傷したためフェザリングできず、高度を維持できなくなり不時着を余儀なくされた。

映像化[編集]