アドゥワ誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アドゥワ 誠
Makoto Aduwa
広島東洋カープ #48
アドゥワ誠2019.07.23.jpg
2019年7月23日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市中央区
生年月日 (1998-10-02) 1998年10月2日(22歳)
身長
体重
196 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2018年4月4日
年俸 1,650万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アドゥワ 誠(アドゥワ まこと、Makoto Aduwa、1998年10月2日 - )は、熊本県熊本市中央区出身のプロ野球選手投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

兄はBCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ所属のアドゥワ大[2][3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から熊本中央リトルで野球を始め、熊本市立出水中学校時代は熊本中央リトルに所属[4]

松山聖陵高等学校では、1・2年の時は全国的には無名だったものの、3年夏の第98回全国高等学校野球選手権大会にエースとして出場した。同大会では準優勝した北海高等学校と初戦で対戦し、サヨナラ負けで敗退した[5]

2016年10月20日に行われたドラフト会議広島東洋カープから5位指名を受け、11月17日に仮契約を結んだ[6]

広島時代[編集]

2018年(2年目)は開幕を一軍で迎え、その後一度も二軍に落ちることなく中継ぎとして活躍した。4月26日の横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初ホールドを記録し、19歳6ヶ月でのホールドは球団最年少記録となった[7]

2019年、4月10日に一軍昇格[8]。4月23日の中日ドラゴンズ戦でプロ初先発を果たした[9]。3度目の先発となった5月12日のDeNA戦で、プロ初完投でシーズン初勝利を挙げた[10]

2020年は二軍では先発で10試合に登板し、5勝3敗、防御率2.19の成績を残したが、9月26日の二軍公式戦登板を最後に実戦から離れる。球速を追い求めた結果、上半身に頼って投球のバランスを崩し、肘に負担がかかって故障し[11]、10月22日には群馬県館林市の病院で右肘関節鏡視下骨軟骨掻破・骨棘切除の手術を受けた。3年振りに一軍登板無しでシーズンを終えた[12]

選手としての特徴[編集]

アドゥワの投球フォーム

長身から投げ下ろす、最速150km/hのナチュラルに動く速球を持ち味とする。変化球はチェンジアップ、カーブ、スライダーを投げる。また、フィールディングを得意とする[5]

人物[編集]

ナイジェリア出身の父と日本人の母を持ち、母は元バレーボール選手[6]ダイエー・オレンジアタッカーズで7年間プレーした酒本純子[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 広島 53 0 0 0 0 6 2 0 5 .750 293 67.1 62 4 36 1 2 30 2 0 29 28 3.74 1.46
2019 19 14 1 0 1 3 5 0 0 .375 404 91.2 101 14 27 0 4 52 2 0 52 44 4.32 1.40
通算:2年 72 14 1 0 1 9 7 0 5 .563 697 159.0 163 18 63 1 6 82 4 0 81 72 4.08 1.42
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 広島 53 6 20 1 0 .963
2019 19 6 19 1 0 .962
通算 72 12 39 2 0 .962
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2018年7月22日、対読売ジャイアンツ16回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、5回裏無死一塁で今村信貴からスリーバント失敗
  • 初安打:2018年8月26日、対中日ドラゴンズ21回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回裏二死一塁で藤嶋健人から中前安打[14]
  • 初打点 : 2019年5月12日、対横浜DeNAベイスターズ9回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回裏に京山将弥から右前適時打

登場曲[編集]

背番号[編集]

  • 48(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年1月20日閲覧。
  2. ^ “阪口“北海のアドゥワ”でなりきり打撃投手100球”. 日刊スポーツ. (2016年8月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1690271.html 2018年10月10日閲覧。 
  3. ^ 涌井幹雄 (2020年12月4日). “広島アドゥワ兄・大がBC新潟入団 NPB入り挑戦”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012040000665.html 2020年12月13日閲覧。 
  4. ^ “広島5位アドゥワ、自身の名前と同じ“江夏グラブ””. 日刊スポーツ. (2017年1月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1762866.html 2018年5月3日閲覧。 
  5. ^ a b まだ潜在能力の3割。広島・アドゥワ誠は「体重100kgに増やす」”. Sportiva (2017年1月27日). 2017年5月19日閲覧。
  6. ^ a b “ドラ5アドゥワが仮契約 目標は広島のダルビッシュ”. 日刊スポーツ. (2016年11月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1739289.html 2018年5月3日閲覧。 
  7. ^ “広島アドゥワ 好救援!19歳6カ月球団最年少ホールド”. スポーツニッポン. (2018年4月27日). オリジナルの2018年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/g3Zpy 2018年5月3日閲覧。 
  8. ^ 広島アドゥワ誠が今季初1軍、リリーフ待機見込み 日刊スポーツ(2019年4月10日)
  9. ^ アドゥワ窮地救った初先発「大したものや」監督称賛日刊スポーツ(2019年4月23日)
  10. ^ 広島アドゥワ初完投で先発初勝利、DeNA借金11日刊スポーツ(2019年5月12日)
  11. ^ “広島・アドゥワ誠 手術した右肘は「痛みはなく順調」キャンプでブルペン投球再開へ”. 日刊スポーツ. (2021年1月15日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/01/15/0014008617.shtml 2021年2月14日閲覧。 
  12. ^ “広島アドゥワ誠が右肘を手術 今季1軍登板なし”. 日刊スポーツ. (2020年10月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010220000886.html 2021年2月14日閲覧。 
  13. ^ “第23回 松山聖陵・アドゥワ誠投手「ポケモンGO!」の原理で聖地・甲子園での爆発的成長へ!”. 高校野球ドットコム 【群馬版】. (2016年7月28日). https://www.hb-nippon.com/column/1573-suko/10913-20160729no23suko?pref=gunma 2020年12月13日閲覧。 
  14. ^ “アドゥワ、プロ初安打も…押し出し四球を悔やむ”. デイリースポーツ. (2018年8月27日). オリジナルの2018年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/uMPPi 2018年9月2日閲覧。 

関連項目[編集]