アドベンチャーズ・イン・ボイス・アクティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アドベンチャーズ・イン・ボイス・アクティング
Adventures in Voice Acting
監督 エリック・P・シャーマン
製作 エリック・P・シャーマン
クリスティー・リード
製作総指揮 坂本佳栄子
音楽 クリス・メニー
撮影 クリスティー・リード
編集 ケイティ・エスポジト
製作会社 バングズーム! エンタテイメント
配給 バングズーム! エンタテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年7月3日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アドベンチャーズ・イン・ボイス・アクティング(Adventures in Voice Acting)は、アメリカ合衆国ドキュメンタリー映画オリジナルビデオ)。2008年7月3日に第1巻のDVDがリリース[1]。日本では未公開。

概要[編集]

約100人の声優、プロデューサー、キャスティング・ディレクターのインタビューで構成されており[2]、製作には3年の月日が費やされた[1]

主な内容は各人の来歴、声優の仕事の紹介、日本製アニメの吹き替えとアメリカ製アニメの声の収録の違いなどの技術関係、声優志望者に向けたアドバイスなど[1]

全3巻の予定で[3][4]、第1巻は主に日本製アニメ作品の英語吹き替えに関する内容となっており[1]、第2巻はゲーム作品、第3巻はアメリカ製アニメ作品を中心とした内容になる予定とされる[1]

出演者の1人、ボブ・パーペンブルックが第1巻発売前の2006年3月17日に死去[5]。第1巻のエンディングに追悼メッセージが表示された。

キャスト[編集]

ワークショップ[編集]

本作の製作会社であるバングズーム! エンタテイメントは本作と同名の声優ワークショップを2006年から運営している[6]。初心者ワークショップ、中級者ワークショップ、マスタークラス(2009年から開始[7])の3つが存在する[1]

主な講師[編集]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Frequently Asked Questions”. Adventures in Voice Acting公式サイト. 2013年4月15日閲覧。
  2. ^ Adventures in Voice Acting - 基本データ”. Facebook. 2013年3月28日閲覧。
  3. ^ Adventures in Voice Acting Volume One”. IGN. 2014年5月12日閲覧。
  4. ^ Adventures in Voice Acting – Volume One DVD”. Adventures in Voice Acting公式サイト. 2013年4月15日閲覧。
  5. ^ Bob Papenbrook”. Variety (2006年3月27日). 2013年4月15日閲覧。
  6. ^ AIVA Workshops”. トニー・オリバー公式サイト. 2011年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月1日閲覧。
  7. ^ Interview: Tony Oliver on Adventures in Voice Acting”. Anime News Network (2009年2月22日). 2013年4月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i Workshop”. Adventures in Voice Acting公式サイト. 2013年4月15日閲覧。
  9. ^ Resume”. Official Site of Christine Marie Cabanos, Voice Over Actress. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月12日閲覧。