アドマイヤジュピタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アドマイヤジュピタ
Admire jupiter.jpg
2008年3月23日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2003年3月1日(13歳)
フレンチデピュティ
ジェイズジュエリー
母の父 リアルシャダイ
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 近藤利一
調教師 友道康夫栗東
厩務員 津田朝明
競走成績
生涯成績 14戦7勝
獲得賞金 3億2657万9000円
テンプレートを表示

アドマイヤジュピタとは、日本の元競走馬・元種牡馬である。2008年天皇賞(春)などに優勝した。馬名は冠名の「アドマイヤ」と木星を意味する「Jupiter」が由来となっている。従兄アドマイヤメインがいる。

経歴[編集]

2歳 - 4歳(2005年 - 2007年)[編集]

2005年11月に競走馬としてデビュー、3戦目で初勝利を挙げる。年明けに出走したオープン特別戦若駒ステークスで2着、続くすみれステークスで3着となった後、自己条件に戻ったゆきやなぎ賞を2馬身差で勝利し、オープンクラスに昇級する。しかし競走翌日に右後脚飛節の骨折が判明、長期の休養に入った。その後は秋の菊花賞を目指すべく患部にボルトを入れて補強する手術が行われたが、強い調教を行うことができず断念[1]。復帰は翌年夏の新潟開催までずれ込んだ。

休養中に500万下条件まで降級していたが、復帰戦では前走から40kg増という馬体重ながら勝利を収める。次走は調整段階で順調さを欠き[1]クビ差の2着と惜敗したが、続く条件戦で2着に5馬身差を付けて4勝目を挙げた。この後は格上挑戦でJpnII競走アルゼンチン共和国杯に出走。条件馬の身ながら当日は2番人気に支持されると、先行策から最後の直線で抜け出し、重賞優勝馬のトウカイトリックらを抑え勝利、重賞初制覇を果たした。

5歳(2008年)[編集]

この後は翌年の天皇賞(春)向けて万全を期して年末の有馬記念を回避、年頭の日経新春杯に向かった。しかしここではデビュー以来最高馬体重となる512kgと身体を絞り切れず、1番人気に推されながら4着と敗れる。続く阪神大賞典ではマイナス10kgと減量、レースでは内埒沿いから抜け出し、前年の優勝馬アイポッパーポップロックの追走を振り切って優勝した。次走はかねて目標としていた天皇賞(春)に出走となり、当日は前年の菊花賞優勝馬アサクサキングス、一昨年のクラシック二冠馬メイショウサムソンに続く3番人気に支持された。レースではスタートで出遅れて後方からの位置取りとなる。しかし徐々に位置を上げていき、最終コーナーで先行馬群に取り付くと、最後の直線でメイショウサムソンとの激しい競り合いを制して優勝。GI初出走初勝利を飾った。この勝利は馬主の近藤利一、騎手の岩田康誠、調教師の友道康夫にとっていずれも初の天皇賞制覇、友道にとっては初めてのGI競走勝利ともなった。また、この勝利により国際競走馬格付け委員会より芝長距離区分で118ポンドの評価を得、この時点の世界第44位タイ[2]、日本国内における上半期第3位タイに位置付けられた。

この後は春のグランプリ宝塚記念を待たず休養に入る[3]。この期間中の7月2日、10万ユーロ(約1680万円)の追加登録料を支払ってのフランス凱旋門賞へ登録される。報道では出走が決定したかのように報道されるが、実際には選択肢の1つとして登録しただけで、その後の調教中に挫石[4]を発症し、当初の予定通り秋は日本国内で出走する事になる[5]。天皇賞の前哨戦・京都大賞典から復帰した。しかし春の天皇賞から14kg減と馬体が細化しており、レースでも地方競馬から遠征してきたテキサスイーグルに先着したのみの9着と惨敗。その翌週、右前浅屈腱炎を発症していたことが判明し、これを最後に競走馬を引退した。

2009年シーズンからは社台スタリオンステーションで種牡馬として供用され、初年度の種付け料は50万円で94頭に種付けを行ったが、生まれたのは19頭と受胎率が振るわず、2010年以降のシンジケート継続を断念、わずか1シーズンで種牡馬を引退することとなった。その後はノーザンホースパークに移動し、功労馬として余生を送っている。なお、種牡馬引退時に去勢され、せん馬となっている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
上り3F
着差 勝ち馬/(2着馬)
2005 11. 13 京都 2歳新馬 15 3 4 4.6 (2人) 8着 武豊 55 ダ1400m(稍) 1:27.6(36.7) 2.0 セイウンワキタツ
12. 4 阪神 2歳未勝利 16 3 6 9.7 (5人) 3着 岩田康誠 55 芝1600m(良) 1:37.9(37.2) 0.2 ロータス
12. 25 阪神 2歳未勝利 16 3 5 6.6 (3人) 1着 岩田康誠 55 芝2000m(良) 2:03.3(36.0) -0.7 (タガノボーディング)
2006 1. 21 京都 若駒S OP 6 4 4 8.1 (3人) 2着 四位洋文 56 芝2000m(良) 2:03.3(34.3) 0.3 フサイチジャンク
2. 26 阪神 すみれS OP 9 8 9 1.8 (1人) 3着 安藤勝己 56 芝2200m(不) 2:19.1(35.0) 0.1 ナイアガラ
3. 11 阪神 ゆきやなぎ賞 11 8 11 2.0 (1人) 1着 岩田康誠 56 芝2200m(良) 2:16.0(35.7) -0.3 (ディープウイング)
2007 7. 29 新潟 3歳以上500万下 17 2 3 6.4 (2人) 1着 吉田隼人 57 芝1800m(良) 1:46.8(34.0) -0.2 (フルヴィクトリー)
9. 17 阪神 美作特別 15 4 7 2.2 (1人) 2着 岩田康誠 57 芝2000m(良) 2:00.8(35.0) 0.0 ビーオブザバン
10. 13 京都 鳴滝特別 9 1 1 1.2 (1人) 1着 岩田康誠 57 芝2200m(良) 2:15.0(33.6) -0.8 (マイネルアンセム)
11. 4 東京 ア共和国杯 JpnII 18 5 9 5.1 (2人) 1着 村田一誠 54 芝2500m(良) 2:30.9(35.1) -0.1 トウカイトリック
2008 1. 20 京都 日経新春杯 GII 16 1 1 2.6 (1人) 4着 岩田康誠 57 芝2400m(良) 2:27.8(37.5) 0.4 アドマイヤモナーク
3. 23 阪神 阪神大賞典 GII 13 1 1 7.5 (4人) 1着 岩田康誠 58 芝3000m(良) 3:08.7(34.7) -0.4 アイポッパー
5. 4 京都 天皇賞(春) GI 14 8 14 5.8 (3人) 1着 岩田康誠 58 芝3200m(良) 3:15.1(34.7) -0.0 メイショウサムソン
10. 12 京都 京都大賞典 GII 10 6 6 3.6 (2人) 9着 岩田康誠 59 芝2400m(良) 2:28.0(35.1) 1.1 トーホウアラン

血統表[編集]

アドマイヤジュピタ血統ヴァイスリージェント系ノーザンダンサー系)/Northern Dancer4×5=9.38%) (血統表の出典)

*フレンチデピュティ
French Deputy
1992 栗毛
Deputy Minister
1979 黒鹿毛
Vice Regent Northern Dancer
Victria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
Mitterand
1981 鹿毛
Hold Your Peace Speak John
Blue Moon
Laredo Lass Bold Ruler
Fortunate Isle

ジェイズジュエリー
1995 黒鹿毛
*リアルシャダイ
Real Shadai
1979 黒鹿毛
Robert Hail to Reason
Bramalea
Desert Vixen In Reality
Desert Trial
*アサーション
Assertion
1987 鹿毛
Assert Be My Guest
Irish Bird
Yes Please Mount Hagen
Thankfull F-No.1-o
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

父フレンチデピュティは芝・ダートを問わない万能種牡馬であるが、得意とする距離は中距離であるとされ、長距離馬であるアドマイヤジュピタのスタミナは、長距離に強いリアルシャダイやアサート等を持つ母系由来であるという見解がある[6]。母ジェイズジュエリーは競走馬時代に2勝。俳優陣内孝則の所有馬だった。

主な近親[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 優駿』(日本中央競馬会)2008年7月号 50頁。
  2. ^ その後50位圏外まで下降している。
  3. ^ 宝塚記念のファン投票では、3万8316票を獲得し第6位に選出されている。
  4. ^ ざせき。固い物を踏みつけ蹄や脚部を傷める怪我。
  5. ^ 『優駿』(日本中央競馬会)2008年11月号
  6. ^ 『優駿』(日本中央競馬会)2008年7月号 91頁。