アドルフ・ズコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アドルフ・ズコール
Adolph Zukor by Apeda 1922.jpg
生誕 (1873-01-07) 1873年1月7日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 リスキ
死没1976年6月10日(1976-06-10)(103歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カルフォルニア州ロサンゼルス
職業映画プロデューサー
活動期間1903–1959
著名な実績パラマウント映画 創設者の三人の内の一人
配偶者ルートリー・カフマン(1897–1956)
子供2

アドルフ・ズコール(Adolph Zukor、1873年1月7日1976年6月10日)[1]は、 オーストリア=ハンガリー帝国で生まれたアメリカの映画プロデューサーである。 パラマウント映画を創設した三人の内の一人である。アドルフ・ズーカーの名前でも知られている。[2] ズコールは1913年アメリカ初の長編映画『ゼンダ城の虜 』を製作した。[3] 

生涯[編集]

左から二人目がズコール 1916

ズコールは貧しいハンガリーのユダヤ系家族に生まれた。1889年、16歳の時、アドルフは米国に移住し、当初、掃除や職人仕事でなんとか食いつないでいた。1892年に彼はシカゴで毛皮の取引を開始し、2年後には25人の従業員を持つ事業にまで成長した。

ズコールが映画ビジネスとの接点を持つようになった時、彼はすでに認められ、十分に給料を支払った起業家であり、映画プロデューサーのルイス・B・メイヤーの決まり文句とは対照的に、エレガントで教育を受けたフレンドリーな人柄だった。1903年、従兄弟の一人が彼にゲームセンターを開業したいので資金を出してほしいと懇願してきた。従兄弟は、そこでトーマス・エジソンの最新の発明である動画を見世物にしたいと考えていた。ズコールは従兄弟にお金を出すだけでなく、彼と一緒に「映画館」を開き、すぐに最初のニコロデオン(セント劇場)に投資したのである。 1912年、ズコールは、ダニエル・フロマン(en:Daniel Frohman)とともに、ズコールは映画の配給会社フェイマス・プレイヤーズ(後にパラマウント映画に改称)を設立し、有名なサラ・ベルナールを主役にした映画「Les amours de la reineÉlisabeth」(エリザベス女王)を配給した。この映画は上映時間がわずか40分であるが、これまでに米国で上映された最初の長編映画と見なされている。最も有名なアメリカの演劇俳優をスクリーンに登場させることを目的としたフロマンと一緒に、彼は1914年に最初のアメリカの長編映画「ゼンダの虜」を制作した。 壮観な演出と多額の資金を投入した映画は大成功を収め、これにズコールが製作を手掛けた「モンテ・クリスト伯」、「ダーバイル家のテス」、「シーク(映画)|シーク」、「幌馬車」といった映画が続いた。 ズコールは、観客の好みを読み(彼の最も有名なセリフは「観客は決して間違えない」である)、俳優を見出し、スターに育て上げることについては達人の域に達していた。メアリー・ピックフォードルドルフ・バレンチノクララ・ボウしかりである。 ズコールは、映画の製作、配給、上映を1つの会社で手掛けることにより、映画ビジネスに革命をもたらした。

パラマウントが1933年に財政破綻で破産を宣告された時、彼は一時的に会社を辞任したが、1936年にバーニー・バラバンが新しい代表に就任した時、彼を取締役会長に復帰した。二人は、1964年、「ローマ帝国の滅亡」の不評でバラバンがその地位を失うまで、28年間に渡り一緒に仕事をした。ズコールは103歳で死ぬまでパラマウントの理事会に留まった。

1949年、ズコーは「アメリカの長編映画の父」としてアカデミー名誉賞を受賞している。ハリウッドのウォーク・オブ・フェームには彼の名を刻んだスターが残されている。彼は、フリーメイソン(Centennial Lodge No. 763、ニューヨーク)の一員だった[4]

映画作品 (抜粋)[編集]

製作[編集]

年度 タイトル 監督
1924 ピーターパン ハーバート・ブレノン
1926 ボー・ジェスト ハーバート・ブレノン
1927 つばさ ウィリアム・A・ウェルマン
1928 紐育の波止場 ジョゼフ・フォン・スタインバーグ
結婚行進曲 エリッヒ・フォン・シュトロハイム

俳優[編集]

Year Title Role Notes
1929 アメリカ娘に栄光あれ 彼自身の役 クレジットなし

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bernstein, Matthew (February 2000). Zukor, Adolph. Oxford University Press 
  2. ^ Obituary Variety (June 16, 1976), p. 76.
  3. ^ Adolph Zukor Is Dead at 103; Built Paramount Movie Empire, https://www.nytimes.com/1976/06/11/archives/adolph-zukor-is-dead-at-103-built-paramount-movie-empire-adolph.html 
  4. ^ Royal Arch Mason Magazine,(1981), S. 271

参考文献[編集]

  • Adolph Zukor (zusammen mit Dale Kramer): The Public Is Never Wrong. My Fifty Years in Motion Pictures. New York 1953