この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

アナトール・ウゴルスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アナトール・ウゴルスキAnatol Ugorski, 1942年9月28日 - )はロシアアルタイ地方ルブツォフスク生まれのピアニスト。ロシア語名はアナトリー・ウゴルスキーАнатолий Угорский)。

1948年、6歳で積極性と音楽的才能を認められ、レニングラード音楽院に入学。15歳のときグレン・グールドのコンサートを聴き、大きな影響を受けた。卒業後はシェーンベルクブーレーズなど20世紀音楽のソビエト初演を行っていたが、これらに傾倒していたことで「破壊活動分子」とみなされ、初等教育の歌の伴奏が主な仕事であった。しかし、レニングラードでは人気を博し、1982年から1990年までレニングラード音楽院教授を務めた。のち、ペレストロイカによる芸術界の混乱や対ユダヤ人迫害が家族に及んだこともあり、1990年にドイツに亡命。翌1991年ドイツ・グラモフォンと専属録音契約を結び、演奏家としての再デビューを果たした。