アナトール・フィストゥラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アナトール・フィストゥラーリ(Anatole Fistoulari, 1907年8月20日 - 1995年8月21日)は、ウクライナ出身のイギリス指揮者。ウクライナ語名アナトリー・フィストゥラーリ(Анатолій Фістуларі)。

略歴[編集]

ニコライ・リムスキー=コルサコフアントン・ルビンシテインに師事し、指揮者兼作曲家として高名なグレゴリー・フィストゥラーリを父にウクライナキエフに生まれる。アナトールは神童として知られ、7歳にしてチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」を指揮した。ロシア・オペラ・グループを組織し、シャリアピン・オペラ協会、モンテカルロ・ロシア・バレエ団の指揮者を歴任、1943年から1944年まで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者をつとめた。1948年、イギリス国籍取得。フィストゥラーリはとりわけバレエ音楽の指揮に長け、評論家の宇野功芳は今日でも1960年代初頭にアムステルダム・コンセルトヘボウと録音したチャイコフスキーの『白鳥の湖』を屈指の名盤と評価している。

1947年グスタフ・マーラーの次女、アンナ・マーラーと結婚したが、1956年に離婚し1957年カール・フレッシュの弟子でヴァイオリン奏者エリザベス・ロックハート(Elizabeth Lockhart,1921-1999)と再婚した。なお、エリザベスはかつて弟弟子のヨーゼフ・ハシッドに想いを寄せられ、失恋によって彼のキャリアを終わらせた女性でもある。

ポスト[編集]

先代:
トーマス・ビーチャム
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1943 - 1944
次代:
エドゥアルト・ファン・ベイヌム