アナ・パウラ・コネリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はロドリゲス第二姓(父方の)はコネリーです。
アナ・パウラ・コネリー
Ana Paula Connelly
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Anapaula2.jpg
ファンと共にポーズをとるアナ・パウラ(写真左)
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1972-02-13) 1972年2月13日(46歳)[1]
出身地 ミナスジェライス州ラブラス[1]
ラテン文字 Ana Paula Connelly
身長 183cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
スパイク 309cm
ブロック 284cm
 
獲得メダル
Flag of Brazil.svg ブラジル
オリンピック
1996 アトランタ
世界選手権
1994 サンパウロ
ワールドカップ
1995 日本
テンプレートを表示

アナ・パウラ・ロドリゲス・コネリー(Ana Paula Rodrigues Connelly、現姓・ヘンケル(Henkel)[1]、女性、1972年2月13日 - )は、ブラジル出身の元バレーボール選手、ビーチバレー選手である[2]。アナ・パウラは1994年に元バスケットボール選手のジェフティ・コネリーと結婚したが、後にバレーボール指導者のマルカス・ミランダと結婚、更に離婚後の2010年には元ビーチバレーボール選手のカール・ヘンケルと結婚した[3][4]

来歴[編集]

ミナスジェライス州ラブラス出身。幼年期にアナ・パウラはバレエ陸上競技に打ち込んだ。ラブラスのクラブでバレーボールを始めるとすぐに頭角を現し、州都のベロオリゾンテに移り、ミナステニスクラブ(ポルトガル語版)などで練習に打ち込んだ。

1989年にブラジルユース代表に招集され南米ユース選手権を制するや否や、1991年にはシニア代表に招集された。1992年のバルセロナオリンピックに出場し、これまでのブラジル女子代表の最高位となる4位入賞を果たした。

1996年のアトランタオリンピックでは、ブラジル代表は予選ラウンドを全勝で勝ち抜けて旋風を巻き起こした。準決勝ではキューバにフルセット負けで惜敗したが、3位決定戦では鬱憤を晴らすかのようにロシアに勝ち、史上初めて銅メダルに輝いた。大会期間中、アナ・パウラらチームメンバーはマスコミに「バレーのミューズ(女神)」なる賛辞を奉られた。

1999年にビーチバレーに専念し、2年後にはブラジルバンクサーキットのベストプレーヤーに選出された。2001年シーズンを産休した後の2003年にはサンドラ・ピレスとペアを組み、ワールドツアー年間王者に輝いた[2]

自身オリンピック二つ目のメダル獲得を目指して臨んだ2004年のアテネオリンピックで、アナパウラ・ピレス組は準々決勝で同胞のベアール・ベデ組に苦杯を喫し、表彰台の夢は潰えた。4年後の北京オリンピックでは、ジャッキー・シルバとのペアで挑もうとしたが、開幕直前にシルバが膝の故障によりリタイア。急遽ラリッサ・フランカをパートナーとするも、結局前回同様に5位タイに終わった。

球歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Ana Paula Biography and Olympic Results”. Sports-Reference.com. 4 de julho de 2012閲覧。
  2. ^ a b Beach Volleyball Database. “Ana Paula Rodrigues Henkel”. 2016年3月22日閲覧。
  3. ^ Ana Paula, a musa do vôlei casou-se no fiim (sic) de semana com advogado dos EUA”. Lavras 24 horas (8 de fevereiro de 2010). 4 de julho de 2012閲覧。
  4. ^ Troca de alianças ao pôr do sol de Ana Paula e Carl”. Caras (11 de fevereiro de 2010). 4 de julho de 2012閲覧。