アニエス・ギュモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Agnès Guillemot
アニエス・ギュモ
生年月日 1931年
没年月日 2005年12月17日
国籍 フランスの旗 フランス ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県ルーベー
民族 フランスの旗 フランス パリ
職業 編集技師
ジャンル 映画
活動期間 1960年 - 1999年
活動内容 1960年 編集技師デビュー

アニエス・ギュモAgnès Guillemot, 1931年 - 2005年12月17日)は、フランス編集技師である。ヌーヴェルヴァーグの映画作家と同世代であり、彼らを編集の面で支えた代表的技術者である[1]

人物・来歴[編集]

ノール県ルーベーに生まれる[1]

1960年、リュック・ムレのデビュー作『焼け過ぎのステーキ』、ジャン=リュック・ゴダールが主演し、エリック・ロメールが監督した短篇映画『紹介、またはシャルロットとステーキ』を編集して、編集技師として一本立ちした[1]。以降、『女は女である』(1961年)から『ウイークエンド』(1967年)までのゴダールには欠かせない編集技師となり[1]、バトンタッチするかのようにフランソワ・トリュフォー作品を翌年の『夜霧の恋人たち』(1968年)から『家庭』(1970年)まで手がけた[1]

1975年からまた復帰し、『さよならの微笑』(1975年)から『C階段』(1985年)までのジャン=シャルル・タケラ作品を手がけ[1]、以降、ジャック・デュロン、フランチェスカ・コメンチーニニコル・ガルシアグザヴィエ・ボーヴォワといった俳優出身の新人監督の作品を多く手がけた[1]

2005年12月17日パリで死去した[1]。満74歳没。

フィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h #外部リンク欄、Agnès Guillemot (英語), Internet Movie Database, 2009年10月19日閲覧。二重リンクを省く。