アニエス・ヴァルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アニエス・ヴァルダ
Agnès Varda
Agnès Varda
2019年2月
本名 Arlette Varda (出生名)
生年月日 (1928-05-30) 1928年5月30日
没年月日 (2019-03-29) 2019年3月29日(90歳没)
出生地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督
活動期間 1955年 -
配偶者 ジャック・ドゥミ
著名な家族 マチュー・ドゥミ(息子)
ロザリー・ドゥミ(娘)
主な作品
5時から7時までのクレオ
幸福
顔たち、ところどころ
テンプレートを表示

アニエス・ヴァルダAgnès Varda, 1928年5月30日 - 2019年3月29日)は、ベルギーブリュッセル出身の映画監督である。「ヌーヴェルヴァーグの祖母」と呼ばれることもある[1]

来歴・人物[編集]

ベルギー生まれ。父親はギリシャ人、母親はフランス人。第二次世界大戦を逃れてフランスに渡る。映画監督になる前は写真家として活躍していた。

1965年の『幸福』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。1985年の『冬の旅』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞している。

映画監督のジャック・ドゥミと1962年に結婚し、彼が死去するまでともに「カイエ派」に対して「左岸派」と呼ばれた[2]。息子のマチュー・ドゥミは俳優、娘のロザリーは映画衣装デザイナーになった。

2017年にはドノスティア賞を受賞した。2017年の第90回アカデミー賞で、長年の功績を称え名誉賞が授与された。

2019年3月29日、乳癌のため死去[3][4]。(フランス現地時間)

カルティエ現代美術財団美術館の庭にあるアニエス・ヴァルダの飼い猫「木の上のニニ」の像、隣はインスタレーション作品「猫の家」

主な監督作品[編集]

受賞歴[編集]

部門 作品 結果
フランス映画批評家協会賞 1962年 作品賞 5時から7時までのクレオ 受賞
1985年 作品賞 冬の旅 受賞
2000年 作品賞 『落穂拾い』 受賞
2008年 作品賞 アニエスの浜辺 受賞
ルイ・デリュック賞 1964年 - 幸福 受賞
ベルリン国際映画祭 1965年 審査員グランプリ 『幸福』 受賞
インターフィルム賞 受賞
2019年 ベルリナーレ・カメラ - 受賞
セザール賞 1977年 短編ドキュメンタリー映画賞 Réponses de femmes ノミネート
1983年 短編ドキュメンタリー映画賞 Ulysse 受賞
1986年 作品賞 『冬の旅』 ノミネート
監督賞 ノミネート
2001年 名誉賞 - 受賞
2009年 ドキュメンタリー映画賞 『アニエスの浜辺』 受賞
2018年 ドキュメンタリー映画賞 顔たち、ところどころ ノミネート
ヴェネツィア国際映画祭 1985年 金獅子賞 『冬の旅』 受賞
国際映画批評家連盟賞 受賞
2008年 監督・ばんざい!賞 『アニエスの浜辺』 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 1986年 外国語映画賞 『冬の旅』 3位
2001年 ノンフィクション映画賞 『落穂拾い』 受賞
2017年 ノンフィクション映画賞 『顔たち、ところどころ』 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 1986年 外国語映画賞 『冬の旅』 受賞
2001年 ドキュメンタリー映画賞 『落穂拾い』 受賞
2009年 ドキュメンタリー映画賞 『アニエスの浜辺』 受賞
2017年 ドキュメンタリー映画賞 『顔たち、ところどころ』 受賞
ヨーロッパ映画賞 2000年 ドキュメンタリー賞 『落穂拾い』 受賞
2009年 ドキュメンタリー賞 『アニエスの浜辺』 ノミネート
2014年 生涯貢献賞 - 受賞
全米映画批評家協会賞 2001年 ノンフィクション作品賞 『落穂拾い』 受賞
2009年 ノンフィクション作品賞 『アニエスの浜辺』 受賞
2017年 外国語映画賞 『顔たち、ところどころ』 2位
ノンフィクション作品賞 受賞
ボストン映画批評家協会賞 2001年 ドキュメンタリー映画賞 『落穂拾い』 受賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2001年 ドキュメンタリー映画賞 『落穂拾い』 受賞
ルネ・クレール賞 2002年 - - 受賞
全米監督協会賞 2009年 ドキュメンタリー映画監督賞 『アニエスの浜辺』 ノミネート
カンヌ国際映画祭 2010年 金の馬車賞 - 受賞
2015年 パルム・ドール・ドヌール - 受賞
2017年 ルイユ・ドール 『顔たち、ところどころ』 受賞
国際フィルム・アーカイヴ連盟 2013年 FIAF賞 - 受賞
ロカルノ国際映画祭 2014年 名誉豹賞 - 受賞
アカデミー賞 2017年 長編ドキュメンタリー映画賞 『顔たち、ところどころ』 ノミネート
名誉賞 - 受賞
サン・セバスティアン国際映画祭 2017年 ドノスティア賞 - 受賞
トロント国際映画祭 2017年 観客賞 (ドキュメンタリー部門) 『顔たち、ところどころ』 受賞
バンクーバー国際映画祭 2017年 観客賞 (ドキュメンタリー部門) 『顔たち、ところどころ』 受賞
オンライン映画批評家協会賞 2017年 ドキュメンタリー映画賞 『顔たち、ところどころ』 受賞
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2017年 ドキュメンタリー映画賞 『顔たち、ところどころ』 受賞
インディペンデント・スピリット賞 2017年 ドキュメンタリー映画賞 『顔たち、ところどころ』 受賞
リュミエール賞 2018年 ドキュメンタリー映画賞 『顔たち、ところどころ』 受賞

[編集]

  1. ^ 英語版Wikipedia en:Agnès Varda および独語版Wikipedia de:Agnès Varda 参照。仏語版にはない。
  2. ^ 中条省平『フランス映画史の誘惑』(集英社新書 2003年pp.195-199)。
  3. ^ 仏監督アニエス・ヴァルダが90歳で死去、“ヌーベルヴァーグの祖母”の異名 映画ナタリー、2019年3月29日
  4. ^ “仏映画監督のアニエス・バルダさん死去、90歳”. 時事ドットコム. (2019年3月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032901296&g=int 2019年3月31日閲覧。