アニコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アニコム(Anicom)は、日本の東京都新宿区に本拠をおく、日本初のペット動物向け専門保険会社。

目次

概要

成り立ち

2000年東京海上出身の小森伸昭が中心となり、ペットのための健康保障共済「アニコムどうぶつ健保」として活動を開始する。その後、ペットブームに乗り加入者を増やし、2007年12月現在、加入頭数が294,000頭以上、提携動物病院が4,000を超える日本最大級のペット動物向け健康保障共済制度となった。給付金の支払件数も100万件を突破した[1]

日本初のペット専門損保

これまでは、運営会社である「アニコム ホールディングス」による、「アニコムクラブ」の会員に向けた共済事業として運営されていたが、日本初のペット動物専門保険会社となるべく、金融庁への申請を行うと同時に、資本金を増額した他、東京海上からの出向者や、東京海上やアリアンツなどの外資系保険会社出身の経理の専門家を役員や監査役、顧問として受け入れ、経営体制の更なる強化を図っていた。

その結果、2007年12月26日に「アニコム ホールディングス」の子会社の「アニコム損害保険株式会社」が、金融庁から損害保険業免許を取得し、日本初のペット動物専門損害保険会社となった[2]

関連事業

「動物との共生を促進するとの観点」から、動物愛護の啓蒙活動も行う。ペット関連雑誌や情報交換サイト、動物病院検索サイトなどの運営も行っている。

脚注

  1. ^ アニコム「どうぶつ健保」ご利用累計件数が100万件突破
  2. ^ アニコム損害保険株式会社の損害保険業免許取得に伴うお客様への重要なお知らせ

関連項目

今日は何の日(7月21日

もっと見る

「アニコム」のQ&A