アヌン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アヌン語
阿儂語
アノン語
a31nuŋ31[1]
話される国 ミャンマーの旗 ミャンマー
中華人民共和国の旗 中国
話者数 ミャンマーに400人(2010年)、中国に50人(2007年)[2]
言語系統
シナ・チベット語族
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 nun
消滅危険度評価
中国 極めて深刻
ミャンマー 重大な危険 (UNESCO)
テンプレートを表示

アヌン語(アヌンご、Anung)、あるいは阿儂語アノン語(アノンご、Anong、中国語: 阿侬语)とはミャンマー中華人民共和国に暮らすヌー族の固有言語の一つである。母語話者の多くがリス語へと第一言語取り換えつつある[2][3]。この言語と系統が近いのはトールン族トールン語英語版ラワン族英語版ラワン語英語版である[4]

音韻論[編集]

文法[編集]

形態論[編集]

統語論[編集]

語順[編集]

語順SOV型である[5][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chen (2015:109).
  2. ^ a b c Lewis et al. (2015).
  3. ^ オースティン(2009)。
  4. ^ Hammarström et al. (2016).
  5. ^ Dryer (2013).

参考文献[編集]