アノンシスト賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アノンシスト賞(アノンシストしょう)とは、TBSを始めとするJNNJRN系列各局のアナウンサーの中で毎年優秀なアナウンサーに対し与えられる賞である。ちなみに「アノンシスト」とはエスペラント語で「アナウンサー」を意味するアノンツィスト (anoncisto)に由来する。

JNN・JRN系列各局のアナウンサーの資質向上を目的に1976年にスタート。現在は以下に挙げる7部門毎にそれぞれ最優秀賞、優秀賞を決めた上で、各部門の最優秀賞の中からグランダ・プレミオ(大賞)を選出する。

部門[編集]

  • テレビ「読み・ナレーション」部門
  • テレビ「フリートーク」部門
  • テレビ「スポーツ実況」部門
  • ラジオ「読み・ナレーション」部門
  • ラジオ「フリートーク」部門
  • ラジオ「スポーツ実況」部門
  • 「CM」部門

他に特別賞として、活動部門賞、新人奨励賞がある。

過去の受賞者[編集]

(現在調査中、最優秀賞受賞者は太字、グランダ・プレミオ受賞者は☆も)

回数 テレビ ラジオ CM 活動
読み・ナレーション フリートーク スポーツ実況 読み・ナレーション フリートーク スポーツ実況
第24回
1998年度)
大塚富夫
IBC岩手放送
野路毅彦
橋本奈都江
静岡放送
第25回
1999年度)
本田史郎
熊本放送
小川真由美
ラジオ福島
第26回
2000年度)
山原玲子
中国放送
第27回
2001年度)
海原みどり
大分放送
垣花章
琉球放送
本田史郎
(熊本放送)
山内要一
北海道放送
伊藤史隆
朝日放送[1]
谷口篤史
宇田川修一
山根伸志
木野村尚子
山陰放送
ラジオ福島アナウンサー一同
第28回
2002年度)
國本良博
(静岡放送)
加藤由香
中部日本放送[2]
初田啓介
東京放送[3]
井上凱文
本田祐美
山陽放送
小堀勝啓
(中部日本放送[2]
第29回
2003年度)
國本良博
(静岡放送)
山原玲子
(中国放送)
石井亮次
(中部日本放送[2]
荒井由岐子
(山陰放送)
毎日放送アナウンサー一同
第30回
2004年度)
田畑竜介
RKB毎日放送
石田好伸
山陽放送
若狭敬一
(中部日本放送[2]
佐伯りさ
南海放送
鏡田辰也
(ラジオ福島)
大井健郎
東北放送
第31回
2005年度)
三島さやか
信越放送
横山雄二
(中国放送)
荒井由岐子
(山陰放送)
八木早希
(毎日放送)
赤木誠
(毎日放送)
門田和弘
山形放送
第32回
2006年度)
長峰由紀
(東京放送[3]
森合康行
(中部日本放送[2]
土井敏之
(東京放送[3]
本田史郎
(熊本放送)
宮部和裕
(中部日本放送[2]
安住紳一郎
(東京放送[3]
岩本和弘
福井放送
森本栄浩
(毎日放送)
小堀勝啓
丸山蘭那
(中部日本放送[2]
木村和也
(熊本放送)
第33回
2007年度)
本名正憲
(中国放送)
上泉雄一
(毎日放送)
國本良博
(静岡放送)
沢朋宏
(中部日本放送[2]
第34回
2008年度)
林正浩
(東京放送[3]
神山浩樹
IBC岩手放送
高田寛之
(中部日本放送[2]
清水春樹
奥富良子
石田好伸
山陽放送
第35回
2009年度)
林田繁和
長崎放送
浦川泰幸
(朝日放送[1]
戒田節子
南海放送
戒田節子
(南海放送)
第36回
2010年度)
国司憲一郎
山陽放送「審査員賞」)
土井敏之
TBSテレビ[4]
照井健
IBC岩手放送
高橋知幸
新潟放送
小林章子
山陽放送
第37回
2011年度)
植田美千代
南日本放送
土井敏之
(TBSテレビ)
福島暢啓

(毎日放送)

林田繁和☆
村山仁志
(長崎放送)
仙田和吉
(毎日放送)
IBC岩手放送アナウンス部員有志
南日本放送アナウンス部
第38回
2012年度)
山崎英樹
(北海道放送)
照井健
IBC岩手放送
田畑竜介
(RKB毎日放送)
国司憲一郎
山陽放送
第39回
2013年度)
川瀬裕子
北陸放送
鮫島大史
青森放送
小林章子
山陽放送
茅野正昌
(RKB毎日放送)
佐伯りさ
(南海放送)
第40回
2014年度)
関知子
宮崎放送
遠藤寛子
山陽放送
第41回
2015年度)
石田好伸
山陽放送
初田啓介☆
(TBSテレビ)
佐藤旬子
四国放送
神山浩樹
IBC岩手放送
CBCテレビアナウンス部
毎日放送アナウンサー室
本田史郎
(熊本放送)
第42回
2016年度)
石田好伸
山陽放送
丸山隆之
(信越放送)
水野晶子
(毎日放送)
上泉雄一
田丸一男
松本麻衣子
武川智美
(毎日放送)
第43回
2017年度)
美坂理恵
(南日本放送)
大吉洋平
(毎日放送)
赤木誠
(毎日放送)
田中みずき
(RKB毎日放送)
石田好伸
山陽放送
櫻井浩二
(RKB毎日放送)
北村真平
(朝日放送[1]

ちなみに、第1回のグランダ・プレミオは渡辺謙太郎(受賞当時は東京放送のスポーツアナウンサー)。第2回では、プロ野球・高校野球の実況で知られる植草貞夫(当時は朝日放送アナウンサー、現在はフリーアナウンサー)がグランダ・プレミオを受賞した[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 2018年4月に朝日放送は放送持株会社朝日放送グループホールディングス』となり、朝日放送所属アナウンサーは朝日放送グループホールディングス子会社である『朝日放送テレビ』に転籍した。
  2. ^ a b c d e f g h i 2014年4月に中部日本放送は放送持株会社となり、中部日本放送所属アナウンサーは中部日本放送子会社である『CBCテレビ』に転籍した。
  3. ^ a b c d e 2009年4月に東京放送は放送持株会社東京放送ホールディングス(略称TBSHD)』となり、東京放送所属アナウンサーはTBSHD子会社である『TBSテレビ』に転籍した。
  4. ^ TBSラジオは自社でアナウンサーを雇用しておらず、基本的にTBSテレビから派遣を受けている。
  5. ^ 株式会社オフィスSALAH代表 植草貞夫プロフィール