アパメー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アパメー1世
Ἀπάμα Α'
セレウコス朝シリアの王妃

配偶者 シリアセレウコス1世
子女 アパメー
アンティオコス1世
アカエウス
父親 スピタメネス
テンプレートを表示

アパメー(Apama、古代ギリシア語:Ἀπάμα)は、セレウコス朝初代皇帝セレウコス1世の妻である。アパメー1世(Apame I)としても知られる[1]

生涯[編集]

アパメーは紀元前324年スーサでセレウコス1世と結婚した。当時の文献によると、アパメーは、ソグディアナの豪族スピタメネスの娘であるとされる(アッリアノス, VII, 4, 6)[2][3]

アパメーとセレウコス1世の間には、娘アパメーと、セレウコス朝を継いだアンティオコス1世とアカエウスの2人の息子をもうけた。アパメーの死後、セレウコス1世は、デメトリオス1世の娘ストラトニケと再婚し、娘のフィラ英語版が生まれた[4]アパメア等のいくつかの町がアパメーの名前にちなんで名づけられた。

出典[編集]

  1. ^ Apame I
  2. ^ Magill, Frank N. et al. (1998), The Ancient World: Dictionary of World Biography, Volume 1, Pasadena, Chicago, London,: Fitzroy Dearborn Publishers, Salem Press, p. 1010, 0-89356-313-7.
  3. ^ Holt, Frank L. (1989), Alexander the Great and Bactria: the Formation of a Greek Frontier in Central Asia, Leiden, New York, Copenhagen, Cologne: E. J. Brill, pp 64–65 (see footnote #63 for a discussion on Spitamenes and Apama), 90-04-08612-9.
  4. ^ The chronicle of Johannes Malalas.