アヒルのペックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あひるのペックル
Ahiru No Pekkle
名称 あひるのペックル
英語名称 Ahiru No Pekkle
モチーフ アヒル
発売年 1989年
キャラクター大賞順位 5位(第7回)[1]
愛称 ペックル
関連キャラクター ピッチ
ルビー
出演 『アヒルのペックルのアラジンと魔法のランプ』
誕生日 7月27日[2]
公式サイト あひるのペックルプロフィール

あひるのペックルラテン文字表記:Ahiru No Pekkle[3])はサンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。過去の資料や映像作品のタイトルではカタカナでアヒルのペックルと称する場合もある[4]

1989年にキャラクター開発[3]

キャラクター[編集]

  • ペックル
オーストラリアケアンズで生まれたアヒルの男のコ[5][4]。誕生日は7月27日[4]。性格は好奇心が高くお人好しで心優しい。アヒルなのに泳ぐことが苦手で、空を飛ぶのに憧れている。タップダンスが得意[5][2]。宝物はピッチと共通であり、青と赤とグレーの三色のバケツで太鼓やピッチのプールにもなる[4]。おしゃれで柄が異なるさまざまなTシャツを持っており、状況に応じて使い分けている。普段は魚の模様を愛用している[4]。またアニメサンリオピューロランドショーでは口癖として「なのなの〜。」と言う場面がある。
  • ルビー
ペックルのガールフレンド。しっかり者で涙もろい[2]
  • ピックル
ペックルの弟。
  • ピッチ
ケアンズで生まれたペックルの友達のお魚。ひょうきんでいたずら好き。泳ぎの先生で一番の仲良し[2]。ピッチにしか見分けられない「チャップ」と「ラン」という、ピッチにそっくりな兄弟がいる。誕生日は3月17日[4]

ペックルの声優[編集]

  • ペックルの声優は、ほとんどのアニメおよびサンリオミュージカルでは山田ふしぎが演じている。
ただし以下の作品では違う声優が演じている。
ハローキティと学ぼう はじめての○○シリーズ

サンリオDVDクラシックアニメシリーズの一つ、『サンリオ世界名作劇場』に収録されている『アヒルのペックルのシンドバッドの冒険』(『けろけろけろっぴの三銃士』とのカップリング 品番:PCBE-52032)のDVDケースに、ペックルの声優は松尾佳子と書いてあるが、本編では山田(旧名の山田恭子名義で)が演じている。

映像化[編集]

オリジナルビデオ[編集]

『サンリオ世界名作劇場』シリーズ
  • 『アヒルのペックルのアラジンと魔法のランプ』(SAVV-153 ISBN 4-387-93085-3 )
  • 『アヒルのペックルのシンドバッドの冒険』(SAVV-158 ISBN 4-387-93086-1 )
『オリジナルストーリーアニメ』シリーズ
  • 『アヒルのペックルの水泳大会は大騒ぎ』(SAVV-137 ISBN 4-387-92216-8 )
  • 『アヒルのペックルの秘宝を探せ!!』(SAVV-143 ISBN 4-387-92217-6 )

イメージソング[編集]

「ボクはペックル」
作詞:わくしまじゅんこ 作曲:関根寛 編曲:佐藤俊彦 歌:わくしまじゅんこ[6]
1992年8月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「みんなでうたおう!キャラクターソング」(SACV-2030)の2曲目に収録[6]。3分18秒。
「ペックルのさあさあ夏休み」
作詞:宮崎ナツミ 作曲/編曲:池毅 歌:山田恭子[7]
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「こどもパラダイス」(SACV-2039)の2曲目に収録[7]。1分45秒。
「水遊び準備体操1・2・3」
作詞:鈴木みゆき 作曲/編曲:池毅 歌:岡崎裕美・山田恭子[8]
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「こどもパラダイス」(SACV-2039)の8曲目に収録[8]。2分53秒。
「ペックルおやつのうた」
作詞:伊藤カズ 作曲:池毅 編曲:淡海悟郎 歌:山田恭子[9]
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「楽しい毎日のために ぼくたちの一日ソング」(SACV-2033)の3曲目に収録[9]。2分52秒。
「僕らの夢風船」
作詞:尾形香代子 作曲/編曲:八幡茂 歌:かないみか、山田恭子[10]
1993年11月21日にサンリオより発売された絵本付CDアルバム『みんなでうたおう! サンリオピューロランド』(全8曲、SACV-3401)の2曲目(長さ1分38秒)に収録されている。歌手(声の演出)はペックルは山田恭子、ポチャッコはかないみかである。当楽曲はサンリオピューロランドのアトラクションであるフェアリーランドシアターで1992年3月20日より上演された「ポチャッコとペックルの冒険」で使用された曲である[10]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  2. ^ a b c d 森彩子 (2010, pp. 76-77)
  3. ^ a b SANRIO MEMORIES146-147頁。
  4. ^ a b c d e f サンリオキャラクター ミニ図鑑』64-67頁。
  5. ^ a b 『サンリオピューロランド・ガイドブック '98-'99』 サンリオ、1998年5月20日、25頁。ISBN 4-387-98001-X。
  6. ^ a b (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, pp. 3-4 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  7. ^ a b (1992年7月21日) 『こどもパラダイス』のアルバム・ノーツ, pp. 3-4 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2039).
  8. ^ a b (1992年7月21日) 『こどもパラダイス』のアルバム・ノーツ, pp. 15-16 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2039).
  9. ^ a b (1992年7月21日) 『楽しい毎日のために ぼくたちの一日ソング』のアルバム・ノーツ, pp. 6-7 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2033).
  10. ^ a b (1993年11月21日) 『みんなでうたおう サンリオピューロランド』のアルバム・ノーツ, pp. 5-6 [ブックレット]. 日本: サンリオ (SACV-3401).
  11. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 145-157)

参考文献[編集]

  • 竹村真奈 『サンリオデイズ いちご新聞篇 -「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい -』 ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『SANRIO MEMORIES』 サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 森彩子 『サンリオキャラクター大図鑑』 ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5。
  • 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』 サンリオ、1992年8月31日。ISBN 4-387-92157-9。

関連項目[編集]