アビバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社アビバ
Aviva Co.,Ltd.
Shirakawa No.8 Building 20150801-02.jpg
本社が入居する白川第8ビル(2015年8月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-29
白川第8ビル6階
北緯35度10分28秒
東経136度53分41.8秒
座標: 北緯35度10分28秒 東経136度53分41.8秒
設立 1995年平成7年)12月15日
業種 サービス業
事業内容 パソコン教室「アビバ」の運営
代表者 代表取締役 田中良一
資本金 1億円
発行済株式総数 2,586株
売上高 61億50百万円(2012年3月期)
純資産 1億80百万円(2012年3月)
総資産 28億85百万円(2012年3月)
従業員数 1,100人
決算期 3月31日
主要株主 株式会社リンクアンドモチベーション 100%
外部リンク [1]
テンプレートを表示

株式会社アビバ(Aviva Co.,Ltd.)は、パソコン教室「アビバ」などを全国展開していた企業。現在は、大栄教育システム株式会社と統合して設立された株式会社リンクアカデミー(リンクアンドモチベーション100%出資の子会社)となっており、「アビバ」はパソコン教室のスクールブランドとして引き続き全国で運営されている。

概要[編集]

2013年(平成25年)株式会社アビバは大栄教育システム株式会社と統合し、株式会社リンクアカデミーとなり、「アビバ」はパソコン教室のスクールブランドとして引き続き全国で運営されている。

2011年平成23年)6月現在、直営店を全国に112校・フランチャイズを282拠点展開する業界大手。駅前を中心に展開している。リンクアンドモチベーション100%出資の子会社となる。

2005年以前の旧運営会社時代については、アビバジャパンを参照。

2005年(平成17年)4月1日に、産業再生機構の支援を受けて、経営破綻した株式会社アビバジャパンから、ベネッセコーポレーション(現・ベネッセ・ホールディングス)が95%以上出資する譲受会社の株式会社アビバへ、営業の全てを譲渡されアビバジャパンは清算、ベネッセグループ傘下となる。

ベネッセの完全子会社として、採算性を改善し黒字転換を果たしたが、業務の拡大やベネッセ他事業との相乗効果が見られなかったため、2010年(平成22年)3月に、株式会社ベネッセ・ホールディングスはアビバ全株式をスリープログループ株式会社に譲渡した[1]。2010年8月に、株式会社ホーム・コンピューティング・ネットワークが株式会社アビバを吸収合併し、商号を株式会社アビバに変更している。さらに2011年(平成23年)6月11日には、株式会社リンクアンドモチベーションに全株式が譲渡されている[2]

2012年9月10日、二重価格表示違反により、景品表示法違反として消費者庁に措置命令を受けている[3]

旧運営会社時代に放送されていたCMでは、加藤茶が老婆に扮装して牧瀬里穂とともに出ていた。

営業所[編集]

事業内容[編集]

  • パソコン教室 アビバ
  • アビバキッズ
  • アビバアットホーム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 連結子会社の株式譲渡に関する基本合意書締結のお知らせ ベネッセ・ホールディングス・2010年3月1日
  2. ^ 株式会社アビバの株式取得(子会社化)に関するお知らせ リンクアンドモチベーション・2011年6月12日
  3. ^ 景品表示法に基づく措置命令について

関連項目[編集]