アフシン・ゴトビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アフシン・ゴトビ Football pictogram.svg
名前
本名 アフシーン・ゴトビー
ラテン文字 Afshin GHOTBI
ペルシア語 افشین قطبی
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1964-02-08) 1964年2月8日(55歳)
出身地 イランの旗 イランシーラーズ
監督歴
チーム
2007-2008 イランの旗 ピルズィ・テヘラン
2009-2011 イランの旗 イラン代表
2011-2014 日本の旗 清水エスパルス
2016 タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド
2017- 中華人民共和国の旗 石家荘永昌
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アフシン・ゴトビペルシア語: افشین قطبی‎、英語: Afshin Ghotbi1964年2月8日 - )は、イラン出身、アメリカ合衆国国籍のサッカー指導者。

来歴[編集]

テヘランに生まれる。13歳の時、イラン革命が起こり、父親の仕事の関係で、父親とともにアメリカ合衆国移住した。イランに残してきてしまった母親とは生き別れとなり、以後消息が分からない状態となった。UCLA理学部電気工学科卒業。在籍当時よりサッカー部のコーチを務めた。

大学卒業後、アメリカン・グローバル・サッカースクールにてアメリカ合衆国やカナダで主に少年サッカーの指導に携わった。

1997年にミルティノビッチの推薦によりアメリカ合衆国代表にスカウティング担当として参加。ワールドカップフランス大会に向け活動するが、対戦相手の一つは母国のイラン代表であった。大会終了後、技術コンサルタントとしてアヤックス・アムステルダムロサンゼルス・ギャラクシーなどのチーム強化にあたった。

2001年、韓国代表監督にフース・ヒディンクが就任。この時、ピム・ファーベークの推薦により韓国代表コーチに就任。ピムと共に主にスカウティングを担当し2002 FIFAワールドカップでのベスト4入りに貢献した。大会終了後は水原三星ブルーウィングスコーチ、ロサンゼルス・ギャラクシーコーチを歴任。2004年より再び韓国代表コーチに就任し、ジョー・ボンフレール、ディック・アドフォカート両監督の元でチーム強化を行い、2006 FIFAワールドカップの本大会出場に貢献した。本大会終了後、同じコーチであったピムが代表監督に昇格するとそのまま代表コーチに留まり、代表強化に務めたものの、AFCアジアカップ2007終了後、ピムが監督を辞任すると共に代表コーチを辞任。

2007年、ピルズィ・テヘラン監督に就任要請があったことから27年ぶりにイランに入国が許可され帰国。消息不明だった母親と27年ぶりの再会を果たした。低迷していたチームを10年ぶりに優勝させ、最優秀監督賞を受賞した。2009年4月、イラン代表監督に就任。2010 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終戦で引き分けて、本大会出場はならなかったが、監督を続投。2011年1月のAFCアジアカップ2011でも指揮を取り、ベスト8の成績を修めた。

同大会終了後に、イラン代表監督を退任[1] して、清水エスパルスの監督に就任した[2]。1年目のシーズンは主力の抜けたチームを率いてシーズン前半終了時には7位となった(最高位は6位)。しかし、夏場と終盤の3連敗が響き、最終的には10位でシーズンを終えた。シーズン終盤に、韓国代表監督を解任された趙広来の後任として韓国メディアで名前が上がったが、クラブは来季も続投させることを発表した[3]

2012年シーズンは、ナビスコカップで準優勝を果たしたものの、リーグ戦では34試合のシュート総数が、コンサドーレ札幌の268本(1試合平均7.88本)に次ぐワースト2位の300本(1試合平均8.82本)であった[4]。シーズン終了後カナダ代表から監督就任のオファーの噂もあったが[5]、2013年シーズンも引き続き清水の指揮を執ることとなった[6]。その後2014年7月まで指揮を執ったが成績不振により解任された[7]

2016年5月24日、タイのブリーラム・ユナイテッドFCと契約。第14節から指揮を執った。

2016年8月20日、ブリーラム・ユナイテッドFCが解任を発表した。ゴトビは就任時に3位だったチームを首位にすることが出来ず、前年度王者のブリーラムはリーグタイトルを逃すことになってしまった。

2017年より、石家荘永昌足球倶楽部の監督に就任した。

エピソード[編集]

  • 相手チームの分析内容の周知やチームのモチベーション高揚のために、プレゼンソフトやビデオカメラなどの電子機器を多用する[8]
  • 2016年8月、解任された清水に対して残る契約期間の給与を支払わないのは不当として、静岡地方裁判所提訴[9]。清水側も当初は争う姿勢を見せていたが[10][11]、2017年10月に和解が成立したと発表された[12]

指導歴[編集]

監督歴[編集]

成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2011 J1 清水 10位 34 45 11 12 11 2回戦敗退 ベスト8
2012 9位 34 49 14 7 13 準優勝 4回戦敗退
2013 9位 34 50 15 5 14 グループリーグ敗退 4回戦敗退

著書[編集]

  • ゴトビ革命 (共著・田邊雅之、扶桑社 、2013年3月28日)

脚注[編集]

  1. ^ Players couldn't cope with pressure: Ghotbi AFCアジアカップ2011公式HP 2011年1月22日
  2. ^ アフシン ゴトビ監督就任会見について 清水エスパルスニュースリリース 2011年1月25日
  3. ^ http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/15580/
  4. ^ Jリーグ公式記録”. Jリーグ (2012年12月1日). 2013年5月27日閲覧。
  5. ^ 清水・ゴトビ監督にカナダ代表からオファー、続投が基本線も…”. スポーツニッポン (2012年12月2日). 2013年5月27日閲覧。
  6. ^ アフシン ゴトビ監督 来季続投のお知らせ”. 清水エスパルス (2012年12月7日). 2013年5月27日閲覧。
  7. ^ アフシン・ゴトビ監督 解任のお知らせ”. 清水エスパルス (2014年7月30日). 2014年7月30日閲覧。
  8. ^ 日本サッカー界に新たな黒船到来か?清水のゴトビ新監督が起こす革命。(1/3) - Number Web : ナンバー
  9. ^ ゴトビ元監督がJ2清水を提訴 未払い報酬9300万円求め”. 産経ニュース (2016年9月21日). 2017年10月20日閲覧。
  10. ^ アフシン ゴトビ氏との訴訟について”. 清水エスパルス (2016年10月12日). 2017年10月20日閲覧。
  11. ^ 清水、ゴトビ元監督と徹底抗戦へ「正当性明らかに」”. 日刊スポーツ (2016年10月14日). 2017年10月20日閲覧。
  12. ^ アフシン ゴトビ氏との訴訟について”. 清水エスパルス (2017年10月20日). 2017年10月20日閲覧。