岡崎二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

岡崎 二郎(おかざき じろう、1957年3月9日 - )は、日本漫画家兵庫県西宮市出身。東京都国立市在住。1980年に多摩美術大学デザイン学科卒業後、広告代理店を経て、1986年に「仏陀降臨す」がビッグコミック賞佳作に入選してデビューし[1]、フリーの漫画家となる[2]

作風[編集]

科学や歴史等の幅広い知識を活かしたSF作品を主に、スローペースながら数多く描いている。特に代表作とも言える『アフター0』のような短編オムニバスを得意としている。

先端科学や超常現象、宗教等まで幅広い分野からアイデアを引き出すが、特に生命の生態系に関しては詳しく、人類による環境破壊に対する警鐘、絶滅生物や絶滅危惧生物を扱った話が多くみられる。

漫画版星新一と評されることが多い。また、フレドリック・ブラウンの名が挙げることもあるが、『アフター0』作中にその小説が似顔絵入りで描かれている[3]

しばしば藤子・F・不二雄の短編集と比較されるが、藤子の場合はブラック・ユーモア色が強いのに対して、岡崎の作品はハッピーエンドが多数を占める。

絵柄は、初期は1980年代のアニメ的な雰囲気があったが、年を追う毎にシンプルでオーソドックスなものになってきており、近年は手塚治虫藤子不二雄といった世代を思わせるものになっている。動植物に関しては写実的である。

ほとんどの作品の単行本の表紙絵は、作中よりさらにデフォルメされたキャラが描かれている。

作品リスト[編集]

映像化作品リスト[編集]

  • 未来の想い出(アフター0収録、フジテレビ世にも奇妙な物語」) - 映画化された藤子・F・不二雄の同題の作品「未来の想い出」とは、内容の関連はない。
  • 800年のメッセージ(アフター0収録、中京テレビの特番ドラマ) - 『白い月-ぼくの彼女は平安美人』というタイトルで日本テレビ系で放送。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西宮豊楽名義で投稿された。
  2. ^ 岡崎二郎 『トワイライトミュージアム』〈ビッグゴールドコミックス〉 小学館、1994年。
  3. ^ 岡崎二郎 『アフター0 3巻』〈ビッグコミックス〉「ショートショートに花束を」小学館、1992年。
  4. ^ 1999年 文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞 国立博物館物語