アフマド・アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アフマド・アリー・ハーン
Ahmad Ali Khan
ベンガル太守
Ahmad Ali Khan.jpg
アフマド・アリー・ハーン
在位 1821年 - 1824年
戴冠 1821年8月30日
別号 ナワーブ
出生 1795年
ムルシダーバード、ムルシダーバード城
死去 1824年10月30日
ムルシダーバード、ムルシダーバード城
埋葬 ジャアファルガンジ・セメタリー
子女 ムバーラク・アリー・ハーン2世
王朝 ナジャフィー朝
父親 バーバル・アリー・ハーン
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

アフマド・アリー・ハーン(Ahmad Ali Khan, 1795年 - 1824年10月30日)は、東インドベンガル太守 (在位:1821年 - 1824年)。イフティシャーム・ウッダウラ(Ihtisham ud-Daula)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1795年ベンガル太守バーバル・アリー・ハーンの次男として生まれた[1]

1821年8月6日、兄である太守ザイヌッディーン・アリー・ハーンが死亡し、アフマド・アリー・ハーンが太守位を継承した。同年8月10日、この継承はイギリスに追認された[1]

1824年10月30日、アフマド・アリー・ハーンは死亡し、息子のムバーラク・アリー・ハーン2世が太守位を継承した[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]