シアグリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クローヴィスのもとに送還されたシアグリウス

シアグリウスラテン語: Afranius Syagrius430年 - 486年 あるいは 487年)は、西ローマ帝国衰亡後のガリア北部に残ったローマ人支配地域・ソワソン管区ドゥクス(領主)。シャグリウスとも表記される[1]

生涯[編集]

ガリアにおける軍司令官(マギステル・ミリトゥム)であったアエギディウスの子。アエギディウスは、西ローマ帝国が混乱してガリアに対する支配がゆるんだ時期に帝国の代官を追放して西ローマ帝国から独立し、ソワソン管区と呼ばれるソワソンを中心とした独自の支配地域を確立した[2][3]

465年に父アエギディウスが死ぬと、シアグリウスはソワソン管区の新たな支配者となった。彼はゲルマン人からは「ローマ人たちの王(rex)」と呼ばれた。彼に対する記述からは、彼がローマ的というよりはゲルマン人と同じような形でソワソン管区を支配していたであろうと推測されている[4]

初めシアグリウスはフランク族の王キルデリク1世の庇護を得ていたが、キルデリク1世がイタリア領主オドアケルとの講和に応じると、西ゴート族の王エウリックを頼るようになった。

486年、シアグリウスはメロヴィング朝フランク王のクロヴィスソワソンの戦いで敗れて首都を失い、トゥールーズにあった西ゴートアラリック2世の宮廷に逃れ庇護を求めたが、捕らえられてクロヴィスに引き渡された。そして487年に密かに刺殺された[5]

参考文献[編集]

  • トマス・クローウェル 『図説 蛮族の歴史 〜世界史を変えた侵略者たち』 蔵持不三也訳、原書房、2009年。ISBN 978-4562042975。
  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史 1』 山川出版社、1995年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柴田 他、p. 137
  2. ^ エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』5巻、岩波書店、村山勇三(訳)、1954年、p.340。
  3. ^ 『アシェット版 図説ヨーロッパ歴史百科 系譜から見たヨーロッパ文明の歴史』原書房、p.100
  4. ^ H.R.ロイン「シアグリウス」『西洋中世史事典』、東洋書林、1999年。
  5. ^ トゥールのグレゴリウスによる。